2019年02月22日

視障協だより 平成31年2月20日 第165号

視障協だより 平成31年2月20日 第165号


発行責任者 寺中 久美子

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL 082−264−4966
FAX 082−567−4977
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp



【目次】


巻頭言……2ページ


事務局より、事務局のお休み 平成31年3月……3ページ


お知らせ……4ページ

文化部より、文化交流会カラオケ出演について……4ページ

「点字ブロックの日」チラシ配りへのご協力お願い……4ページ

女性部より、2019年度女性部定期総会……5ページ

青年部より、青年部定期総会……6ページ


報告事項……7ページ

青年部より、
(1)レクリエーション…7ページ
(2)第1回講演会……7ページ


※1月の会員異動はありません?



【巻頭言】(会長 寺中久美子)

 寒さの中にも春の足音が聞こえてくる頃となりました。今年の冬もインフルエンザの警報が発令され、予防注
射をした人でもインフルエンザにかかったという話を聞きました。外出から帰ってきたときは手洗い・うがいを
しましょう。紅茶でうがいをするとよいそうです。
 1月13日に広島市心身障害者福祉センター2階会議室にて、平成最後の新年祝賀会を開催しました。式典に
は広島市健康福祉局障害福祉部長・橋場聡子さま、顧問の広島市議会議長・永田雅紀さま、おなじく顧問の広島
市議会議員・山路英男さまの代理で山路響平さま、広島市社会福祉協議会常務理事・久保下雅史さま、広島市心
身障害者福祉センター所長・久保智敬さま、広島市身体障害者団体連合会会長・向井助三さまにご出席いただき
ました。来賓の年頭のあいさつでは、昨年起きた西日本豪雨災害の現在の状況と復興の取り組み、災害が起きた
ときの対策の必要性について、今年は新天皇即位と改元が行われるが、平穏な一年になることを願うなどのお言
葉がありました。続いて懇親会では新年の始まりを祝いながら楽しく交流しました。ご参加いただきました皆様
、ありがとうございました。
 翌14日には「広島市視覚障害者情報センターまつり2019 〜知りたい! 使いたい! 楽しみたい!〜」
を開催しました。広島市総合福祉センター5階にて、福祉機器・便利グッズの展示、講演会、相談コーナー、IC
Tコーナー(音声PC・iPhone・AIスピーカー)、音声IH調理機器体験を行いました。
 講演会では理事の高松豊さんが「めざせ!快適スマホ生活 アプリを使いこなそう」という演題で日頃の実践
を話されました。立ち見が出る程の盛況ぶりで、みなさんの興味の高さに驚かされました。
 料理教室では三菱電機のご協力により、音声が出るビルドイン型IHクッキングヒーター・レンジグリル・炊飯
器を体験いただきました。料理教室メンバーの助言のもと、参加者自身がIHクッキングヒーターで鮭チャーハン
とホットケーキの調理を体験しました。試食では「自分で作った鮭チャーハンとホットケーキは美味しかった」
という感想もありました。また併せてキッチングッズも体験いただき、興味を持っていただきました。多くの方
が視覚障害者にとって音声電磁調理器が必要不可欠だと感じているようです。電磁調理器は日常生活用具の給付
対象ですが、音声が出るビルドイン型IHクッキングヒーターは高額で負担額が多く、購入は難しいと残念そうに
料理教室を後にされていました。
 またホールではメーカーのご協力により、普段展示していない福祉機器や便利グッズを多くの皆様にご体験い
ただくことができました。補装具・日常生活用具の相談も多数ありました。ICTコーナーも多くの方にご利用い
ただきました。
 全体で延べ666名の方にご参加いただき、大盛況のうちに無事終えることができました。参加者からの感想
もおおむね好評で、主催者として大変嬉しく思います。ご参加いただいた皆様とご協力いただいた企業・団体及
びボランティアの方々に心より感謝申し上げます。
 最後に視障協のことでお気づきの点がありましたら理事までお伝えください。



【事務局より】

☆事務局のお休み 平成31年3月

平成31年3月の事務局のお休みは以下のとおりです。
3月 2日(土)、 6日(水)、 9日(土)、13日(水)、16日(土)、20日(水)、22日(金)
、23日(土)、27日(水)、30日(土)



【お知らせ】

文化部(部長 森川能光)

☆文化交流会のご案内とカラオケ出演者募集
文化部では、文化交流会を下記のとおり開催いたします。
日時:3月10日(日)10:00〜13:00
場所:広島市心身障害者福祉センター2階会議室1・2
 観覧は申込不要ですので、どなたでもご自由にお越しください。
 またカラオケ歌謡教室が出演予定ですが、教室生徒でない方も当日カラオケ出演できます。時間の関係で応募
多数の場合は出演をお断りする場合がありますので、出演希望の方はお早めに、森川(090−4143−98
62)までご連絡いただき、当日はカラオケのテープやCDをご持参ください。


「点字ブロックの日」チラシ配りへのご協力お願い

日時:3月18日(月)10時半〜11時半(予定)
場所:広島駅南口にて
集合:朝10時10分に、広島駅南口噴水の前へ
申込:3月12日(火)までに、視障協事務局へ


女性部(部長 浦上由美子)

☆2019年度女性部定期総会
 皆様、こんにちは。お元気でお過ごしでしょうか?
 下記の通り総会を開催いたしますので、多数のご参加をお待ちしております。
日時:4月14日(日)10時(受付9時40分)〜12時(終了予定)
場所:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1
   (東区光町二丁目1−5、電話 261−2333)
議題:
(1)平成30年度事業報告並びに決算報告
(2)2019年度事業計画(案)
(3)第68回中国ブロック大会女性部会提出議題
(4)2020年度の事業について
(5)会員からの提出議題
(6)役員改選
申込:以下の内容について、3月21日(木)正午までに視障協事務局へ
(1)出欠連絡及び委任
  委任の通知のない方は、議長に委任されたものとします。
(2)会員からの提出議題
  議題と提案理由を文章にして事務局へ送付してください。
(3)昼食について
 会員の方には総会終了後に弁当を準備いたします。
 介助者の弁当は700円で販売しますので、お申込みください。ただし4月7日(日)以降のキャンセルや総
会当日の欠席については700円お支払いいただきます。


青年部(部長 臼井利明)

☆青年部定期総会
 青年部定期総会を下記の日程で開催します。ご多忙の時季ではありますが、多くの部員の皆様の出席をお待ち
しています。
日時:4月14日(日) 13時〜15時(終了予定)
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階 会議室1
   (東区光町二丁目1−5、電話 261−2333)
議題:
(1)平成30年度行事報告並びに決算の承認
(2)平成31年度活動案並びに予算案の承認
(3)提出議題の審議
(4)正副部長・監査役・会計役改選
出欠席の連絡:
 3月31日(日)までに視障協事務局へご連絡ください。また止むを得ず欠席される方は、委任者の氏名を合
わせてお伝えください。出欠席の連絡のない場合、総会における議決権を、部長に委任されたものとして、ご対
応させていただきます。
 本総会において議題提出を行われる方は、3月24日(日)までに、議題名とその主旨を臼井へご連絡くださ
い。
※総会終了後、懇親を兼ねたお茶会を予定しています。




【報告事項】

青年部

(1)青年部レクリエーション(藤谷順子)
 12月23日(日)に心身障害者福祉センター3階調理室にて、たこ焼き器を4台持ち寄り3チームに分かれ
、材料を3つに分けてたこ焼きを焼いて食べました。材料はタコ・竹輪・チーズ・キャベツ・天かす・ねぎ・た
こ焼き粉・かつお節・卵などでした。たこ焼き器の調子で焼ける時間が長くかかるところや、早く焼けていたと
ころなどがありました。焼けたたこ焼きには、ソースとマヨネーズをかけて食べました。しばらくたこ焼きは勘
弁して下さいって言うくらい、たらふく食べました。
 その後みんなで、近況報告を順番に話してもらい、平成を振り返ってみました。皆さん、色々と出来事があり
今に至っているんだなぁと思いました。その後鳥羽一郎さんの曲のタイトルを使った、ビンゴゲームをしました
。皆さん、楽しまれたようで、たこ焼きも楽しかったです。
 また青年部ではレクリエーションを毎年企画しますので、宜しくお願いします。

(2)第1回講演会(高松 豊)
 1月20日に、「被災障害者の支援の実際」と題し、特定非営利活動法人 障害者生活支援センター てごーす
の、松尾 晴彦さん、畑 俊彦さんのお二人をお招きして第1回講演会を開催しました。
 最初に畑さんから、東日本大震災を振り返って、実際に被災地を回られた経験から、他人に迷惑をかけること
を心配し、避難所に行かなかった障害者が多かったこと、日ごろからの地域社会とのつながりがとても大切なこ
と、地域とのつながりを作るためには、普段から障害の有無に関わらずともに生活できる環境が必要なことを話
されました。
 昨今、自己責任論がはびこり、人に頼ることを否定する社会の風潮がありますが、迷惑をかけることと助け合
うことは全く違う、人は依存しあって当たり前なのだということをもっと主張していかなければいけないと考え
ます。
また、平常時から積極的に外に出て、近所の人と話したり、近くのお店で買い物をしたりして顔見知りになるこ
とが、災害にあったときにとても役に立つのだということを痛感しました。
 松尾さんからは、7月の豪雨災害の時の対応について、実例を交えて話していただきました。あるご高齢のご
一家のお話で、ご主人が視覚障害者で車いす使用者、奥様もご高齢、1匹の猫という家族構成で、災害当日は、
近所の方の助けを借りて非難され、自宅アパートは全壊だったのですが、怪我もなかったそうです。
その後広島市では、仮設住宅を建設する代わりに、現存する公営住宅や民間アパートなどを活用し、家賃は公費
負担するという、いわゆるみなし仮設という形で、被災者の住宅を確保することになりました。ここで、このご
一家にとって大きな問題が起こります。みなし仮設は、住む家を自分たちで探さなければならないのですが、高
齢や障害を理由に入居をあちらこちらで断られるという事態になりました。避難所が閉鎖される直前になっても
ご一家の入居先がなかなか決まらず、支援者もご一家も不安な時を過ごされ、ぎりぎりになって、やっとのこと
で見つけたアパートに引っ越しをすることができたそうです。
 障害者や高齢者は、平常時でも入居を断られる事例が相次いでいます。みなし仮設方式では、どこでもこうし
た事態は起こっていて、抜本的な対策が講じられていないのが大きな問題です。被災者の相談を受け付ける窓口
は、地域支えあいセンターという部門を作って対応している自治体が多い中、県内では、広島市と福山市だけは
こうした窓口がなく、相談がたらい回しにされている事例も多いとのことです。こうした事態に対しては、県の
弁護士会などが、被災者無料相談などの取り組みを行っているようです。
 最後に、特定非営利活動法人 ゆめ風基金という被災障害者を支援する団体が行っている、中学生プロジェク
トの紹介がありました。これは、昼間に大きな災害があった時、その地域にいて、ある程度理解力や力があるの
は中学生なので、その力を借りて障害者も一緒に避難訓練をしようという取り組みで、まずそれぞれの障害当事
者がその障害の特性を理解してもらうために実際に生徒の前で話をした後で、障害者と一緒に避難訓練を行うと
いうものです。このように普段からつながりを作ることで、いざというとき障害の有無にかかわらず助け合って
避難することができれば、少しでも安心して日々の生活を送れるのではないかと考えました。
 我々も、普段からの備えはもちろんですが、自分が住んでいる周りの人たちとの関係をできるだけ築いておく
ことが大切だということを、今回の講演会を通して感じました。
posted by J-SYSTEM at 09:03| 視障協だより

2019年01月18日

視障協だより 平成31年1月20日 第164号

視障協だより 平成31年1月20日 第164号


発行責任者 寺中 久美子

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL 082−264−4966
FAX 082−567−4977
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp




【目次】

巻頭言

事務局より、事務局のお休み 平成31年2月

お知らせ……3ページ
 日帰り貸切バス社会見学「イチゴ狩りとミステリーツアー」
 青年部より、第2回講演会
 女性部より、第3回研修会
 文化部より、文化交流会出演者募集
 体育部より、会員ふれあいボウリング大会

報告事項
 体育部より、会員ふれあいグランドソフトボール大会





【巻頭言】(会長 寺中久美子)

 新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げま
す。昨年7月の西日本豪雨災害から半年が経過し、広島県内の公共交通機関はほぼ回
復しましたが、住宅等の復旧にはまだまだ時間がかかるようで、新年を仮設住宅で迎
えた方もおられるそうです。一日も早く自宅で生活ができるようお祈りいたします。
 さて、今年一年を無事に過ごせるよう願いつつ、皆さまへの注意喚起の意味を込め
て、昨年12月に我々の仲間に起きた痛ましい事故についてお知らせします。
 12月7日午前4時30分頃、東京都豊島区駒込の都道で、白杖を持ち通勤途中の
視覚障害の男性(64歳、光覚)が横断歩道を横断中に、走ってきたワゴン車にはね
られ死亡しました。事故現場はJR山手線「駒込駅」北ロ改札口を出て左側の都道
(通称本郷通り)の片側2車線計4車線の路上で、男性は山手線始発電車に乗車する
ため、横断歩道を渡っていたそうです。この交差点には音響式信号機が設置されてい
ましたが、夜間(19時から翌8時まで)で音が消された状態でした。なお、歩道に
点字ブロックは敷設されていましたが、横断歩道にエスコートゾーンはなく、事故発
生時刻は人通りがほとんどなく、車の往来も少なく、駅の案内チャイムが大きく響い
ている状況でした。
 聞くところによると、この男性は人通りの多い通勤時間を避けてこの時間に通勤し
ていたそうです。小型送信機に反応して時間外稼働する音響式信号機だったら、もし
かしたらこの事故は防げていたかもしれません。
 広島市内でも音響式信号機設置場所は徐々に増えていますが、夜間の休止時間帯に
横断に困る視覚障害者も多く、今後視障協でも既存の音響式信号機の時間外稼働を要
望してまいります。稼働には設定変更等が必要で、要望に応じて順次対応していくそ
うなので、お困りの箇所があれば福祉環境部または視障協事務局へご連絡下さい。そ
して私たちも自分の身を守るため小型送信機を持参しましょう。小型送信機「シグナ
ルエイド」の給付申請については視障協事務局へご相談ください。
 また昨年12月3日に開催された視覚障害者グループ連絡会にて、昨年に続き今年
も3月18日点字ブロックの日のイベントを行うことが決まりました。詳しくは来月
号に掲載しますので、ご協力よろしくお願いします。
最後に視障協のことについてお気づきの点がありましたら、理事までお願いします。




【事務局より】
☆事務局のお休み 平成31年2月
平成31年2月の事務局のお休みは以下のとおりです。
2月 2日(土)、 6日(水)、 9日(土)、12日(火)、13日(水)、1
6日(土)、20日(水)、23日(土)、27日(水)




【お知らせ】

日帰り貸切バス社会見学「大三島イチゴ狩りとミステリーツアー」

日時:2月3日(日)9時〜17時(予定)
集合:午前8時50分までに、広島駅新幹線口2階ペデストリアンデッキ中央広場へ
費用:4,500円(食事代、入園料、保険料含む)
行程:
9時      広島駅新幹線口出発
9時20分   広島東IC 〜山陽道 小谷SAにて休憩〜
10時30分  福山西IC 〜しまなみ海道経由〜
11時10分  大三島IC
11時20分〜12時20分 井上農園にてイチゴ狩り
〜イチゴ狩りの後は「ミステリーツアー」、参加してからのお楽しみ!!〜
17時30分  広島駅新幹線口到着、解散(予定)
申込:1月20日(日)午前9時から、
視障協事務局の電話で申込みを受け付けます。先着45名。
定員になり次第締め切ります。
受付開始時間前の電話による申込、留守番電話への伝言による申込、
メールなど電話以外の方法での申込は無効とします。
申込時には介助者も含めて氏名・生年月日・連絡先(携帯)をお知らせ下さい。



青年部(山中真澄)

☆第2回講演会

 皆さん、こんにちは。今年度最後の青年部主催行事の講演会を下記のとおり行いま
す。
日時:2月10日(日)10時〜12時終了予定
場所:市総合福祉センター(南区松原町5-1)5階会議室1
講師:株式会社エス・イー・ティ 顧問 清水康弘氏
テーマ:キャッシュレス化社会を目指す日本の決済システムの実情と動向
   「紙幣や硬貨を使わない電子マネー決済の利便性と課題を考える」
内容:
 2020年東京オリンピック、2025年には大阪万博が開催されます。それに伴い、世界
各地から多くの方が来日され、買い物をされることでしょう。
 近年、世界的に電子マネーやQR決済など、現金ではない支払い方法が普及していま
す。日本は、まだまだ現金で支払う人が多い国ですが、2020年に向けて世界基準の支
払い方法に移行しつつあります。
 電子マネーの使い方や、電子マネーとはなんなのか、またこれから日本の決済方法
がどのようになっていくのかを学んでみませんか?
対象:市内在住の視覚障害者(付添者1名可)
申込:2月3日(日)正午までに視障協事務局へ。定員30名、先着順。



女性部 (部長 浦上由美子)

☆第3回研修会

「iPhoneってどんなもの? 〜触ってみようiPhoneを!〜」
日時:2月24日(日)10時〜12時
場所:広島市総合福祉センター 6階 ボランティア研修室(南区松原町5−1)
講師:山中美穂氏
対象:視障協会員又は市内在住の視覚障害者(介助者1名まで)
定員:先着10名
参加費:無料
申込:2月14日(木)正午までに、視障協事務局へ。



文化部(部長 森川能光)

☆文化交流会出演者募集

文化部では、会員の皆様が普段から取り組まれているものを持ち寄り、発表できる場
として、文化交流会を今年も下記のとおり企画しております。
日時:3月10日(日)10:00〜13:00
場所:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1・2
出演者として皆様の前で発表される方は、2月8日(金)までに、視障協事務局か、森
川までご応募ください。
発表のご鑑賞は申込不要です。お知り合いの方を含め、たくさんのご来場をお待ちし
ております。



体育部(部長 土居 京子)

☆会員ふれあいボウリング大会

 とうとう新しい元号になる年になりましたね。次の元号ではどんな時代になるので
しょうか?
 さて、今年度も広島スプラッシュのご協力のもと、ふれあいボウリング大会を実施
いたします。
 長年体育部を受け持っておりますが、このふれあいでしか、年1回しかボウリング
を行わない私ですが、まあスコアも伸びませんが、楽しく皆さんとプレイしていま
す。
 ボランティアさんにも参加して頂きますので、未経験の方でも大丈夫です。全盲の
方でもガイドレールがありますので、自分一人で投げることができます。是非お誘い
あわせの上、ご参加ください。
 今年は、ボウル国際が無くなりましたので、広電ボウルに場所が変更になっており
ます。お気を付け下さい。
日時:平成31年3月17日(日)13時50分〜16時20分
場所:広電ボウル(中区平野町10-16、082-243-5000)
日程:
13時00分 集合@ 八丁堀ヤマダ電機正面入り口向かって右
13時40分 集合A 広電ボウルフロント前
 ※広電ボウルに直接来ることができる方は、フロント前集合。自力が無理な方は、
ヤマダ電機正面入り口向かって右で待ち合わせていきましょう。
 ※はじめの集合では、ミーティングルームが借りれませんので、靴をレンタルした
後は、すぐにレーンに移動します。
13時50分 レーン前で打ち合わせと開会
14時00分 ゲーム開始
※3ゲーム行います。片づけ後、ミーティングルームへ移動。
 15時40分〜16時20分 閉会行事・表彰式・解散
定員:最小14名〜最大24名(ガイドレールの使用人数によります)
参加費:1,000円(ゲーム代・飲料代)、その他貸靴代300円各自負担。
申込:2月28日(木)までに視障協事務局へ。氏名、視力の状況(全盲・弱視)、
ガイドレールの使用有無と利き手、ボウリング経験の有無、当日連絡が取れる携帯電
話番号、付添者の有無とプレイの有無、集合場所@Aをお知らせください。
 ※ガイドレール使用者の人数で定員が変動しますので、使用する方はお早めにお申
し込みください。




【報告事項】

体育部(部長 土居京子)

☆会員ふれあいグランドソフトボール大会

 今年の体育部主催の会員ふれあいグランドソフトボール大会は、11月11日日曜
日の9時50分から14時まで開催しました。この日は例年になく暖かな一日でし
た。三塁打やホームランを打とうものなら、ランナーも、ボールを追っかける守備者
も汗をかくぐらいの気候でした。
 参加は会員8名、付添・ガイド3名と体育部でした。グランドソフトボール広島
チーム10名のサポートを受けて、2チームに分かれゲーム形式で午前1試合、昼食
をはさんで午後1試合を行いました。
 初心者も経験者もみんなが楽しめる特別ルールを作って試合を行い、得点もたくさ
ん入り、2試合とも逆転に次ぐ逆転の接戦となりました。汗をかきながら、楽しい
ゲームが行えました。
 表彰式ではMVP以外にも各賞を発表し、皆さんで栄誉を称えあいました。なお当
日は、午後の後半で別行事に参加される方もおり、クールダウンで予定していたピラ
ティスは取り止めました。
 ご参加された皆さん、ありがとうございました。
posted by J-SYSTEM at 07:56| 視障協だより

2018年12月25日

視障協だより 平成30年12月20日 第163号

視障協だより 平成30年12月20日 第163号


発行責任者 寺中 久美子

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL 082−264−4966
FAX 082−567−4977
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp




【目次】


巻頭言……2ページ


事務局より、事務局のお休み 平成31年1月……2ページ


お知らせ……3ページ

文化部より、
(1)平和大学……3ページ

(2)文化交流会(予告)……3ページ

新年祝賀会……3ページ

青年部より、
(1)第1回講演会……4ページ

(2)第2回講演会(予告)……5ページ

女性部より、第3回研修会(予告)……5ページ

全国盲人福祉大会(札幌大会)研修旅行……5ページ

情報システム部より、
会員向けメールマガジン・メーリングリスト……6ページ

広島市心身障害者福祉センターより、寄席……8ページ


報告事項……8ページ

情報システム部より、パソコン講座……8ページ

あはき部より、
平成30年度日盲連・日マ会中国ブロック三療研修会…9ページ

老人部より、第2回講演会……9ページ

女性部より、第2回研修会……10ページ






【巻頭言】(会長 寺中久美子)

 今年を振り返ると、6月の大阪府北部地震、7月の豪雨災害、8月の台風21号、9月の北海道胆振東部地震
など自然災害が相次いだ一年でした。早いもので残り十日余り、みなさま、新しい年神さまをお迎えする準備は
進んでいますか?
 去る11月23日、佐伯区湯来町の愛命園「園まつり」に会員・介助者など26名で行き、舞台の出し物見学
や模擬店など、楽しい時間を過ごしました。
 愛命園は広島県視覚障害者団体連合会が運営する障害者支援施設で、盲重複障害者をはじめとする障害者59
名が入所されています。最高齢は83歳、平均年齢65歳と入所者の高齢化が進んでいます。
 以前愛命園を訪問した時にお会いした方に再会することができました。そのころ若くて元気だった方が、いま
では車いすを施設の職員に押してもらうようになっておられましたが、私のことを覚えていてくださり、とても
うれしく思いました。また次に愛命園に行く時まで、どうかお元気でいてほしいと思いました。ご参加いただい
たみなさま、ありがとうございました。
 さて、来年1月13日には恒例の新年祝賀会を行います。みなさまお誘い合わせの上ご参加ください。元気に
お会いしましょう。
 今年も一年、視障協の活動にご理解ご協力いただき、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。



【事務局より】

☆事務局のお休み 平成31年1月
平成31年1月の事務局のお休みは以下のとおりです。
1月 1日(火)、 2日(水)、 3日(木)、 5日(土)、
9日(水)、12日(土)、15日(火)、16日(水)、
19日(土)、23日(水)、26日(土)、30日(水)



【お知らせ】

文化部(部長 森川能光)
(1)平和大学
日時:平成31年1月13日(日)10時から12時
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1・2
講師:上中アキヒロ氏
(一般社団法人ISD個性心理学協会 広島みらい支部支部長)
テーマ:「ISDを活用することで人間関係が楽しくなる方法」
申込不要。たくさんのご参加をお待ちしております。

(2)文化交流会(予告)
3月10日(日)に文化交流会開催を企画しております。
詳細につきましては、次号の視障協だよりでお知らせ致します。


新年祝賀会
日時:平成31年1月13日(日)12時半〜15時
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1・2・3
内容:12時 〜12時半 受付
12時半〜13時15分 式典
13時15分 〜15時 懇親会、福引きなど
費用:2,500円(食事・飲物代)
申込:1月7日(月)までに、視障協事務局へ。


青年部
(1)第1回講演会(高松 豊)
 今年は、地震や台風、大雨といった自然災害が各地で多発しました。特に7月の西日本豪雨では、県内各地で
大きな被害があり、たくさんの犠牲者を出す大災害となり、いろんな課題を突き付けられた年でもありました。
 私たち視覚障害者が被災した場合、どのような対応をすればよいのか、またどのような支援を受けられるのか
といった情報は、まだまだ不足していると感じます。
 そこで今回の講演会は「被災障害者の支援の実際」と題し、特定非営利活動法人障害者支援センター・てごー
すの松尾晴彦さんと畑俊彦さんのお二人をお招きし、1995年に起こった阪神淡路大震災をきっかけに発足し
た被災障害者支援基金「夢風基金」のお話を中心に伺います。
 松尾さんは、今年の西日本豪雨の被災地に、何度も実際に足を運ばれ、ニーズの把握に努められました。畑さ
んは、ご自身も車いすで生活されていて、東日本大震災の被災地に、地震発生後3か月の時に入られ、福島、宮
城、岩手の自立生活センターを、約1週間かけて回られ、当事者支援員として支援活動を行われました。
 お二人のお話から、災害時の視覚障害者の行動について考えていきたいと思います。ぜひご参加ください。
日時:平成31年1月20日(日)10時〜12時
会場:広島市心身障害者福祉センター2階会議室3
(東区光町二丁目1−5、261−2333)
申込:1月17日(木)正午までに視障協事務局へ、先着30人。

(2)第2回講演会(予告)(山中真澄)
 青年部の今年度最後の行事は、2月10日(日)10時〜12時予定で、広島市総合福祉センターにて第2回
講演会を行います。詳細は、次号でお知らせいたします。
 今年も青年部の行事にご参加いただきまして、ありがとうございました。
来年も役員一同皆さんにご参加いただけるような行事を企画してまいります。よいお年をお迎えください。
女性部 (部長 浦上由美子)
☆第3回研修会(予告)
日時:2月24日(日)10時〜12時
場所:広島市総合福祉センター 6階ボランティア研修室(南区松原町5−1)
 2、3年前から中国ブロック大会などで「スマホは難しい」と話題になっています。私もそう思う一人です。
 広島市ではパソコンやスマホの使い方を指導する「広島市視覚障害者(児)ICT利活用支援ボランティア養成
・派遣事業」があります。そこで今回の研修会は、iPhoneをショップで触ってもよくわからない、iPhoneを始め
てみようかなと思っている方の為に企画しております。詳細は次号でお知らせします。


全国盲人福祉大会(札幌大会)研修旅行
2019年5月27日(月)〜5月29日(水) 2泊3日
【1日目:5月27日(月)】
6時10分 広島駅新幹線口リムジンバスのりば集合
6時20分 広島駅発、7時05分 広島空港着
8時 広島空港発(ANA1271)、9時55分 新千歳空港着
10時30分 新千歳空港発 特急にて
11時45分 小樽駅着
    小樽観光・昼食
15時10分(または15時40分) 小樽駅発 快速にて
15時49分(または16時19分) 札幌駅着、ホテルチェックイン
18時〜20時 交流会(ニューオータニイン札幌)、泊
【2日目:5月28日(火)】
 午前 第72回全国盲人福祉大会(札幌大会)
13時 札幌駅発(特急かむい178号)
14時25分 旭川駅着
(シャトルバス移動)
15時10分〜17時 旭山動物園(シャトルバス移動)、旭川 泊

【3日目:5月29日(水)】
8時 旭川 発 
(ジャンボタクシー又はマイクロバス移動)
9時〜14時
青い池、白ひげの滝、パッチワークの丘、
富良野の観光と昼食、お買い物
(ジャンボタクシー又はマイクロバス移動)
17時 新千歳空港着
18時45分 新千歳空港発(ANA1272)、20時50分 広島空港着
費用:89,000円
上記に含まれるもの
往復航空運賃、ホテル2泊朝食シングル(札幌1泊・旭川1泊)、
大会参加費、昼食2回(28日・29日)、夕食1回(27日交流会)、
JR、ジャンボタクシー、動物園入園料、保険、リムジンバス往復
申込:平成31年1月18日(金)までに、視障協事務局へ


情報システム部(部長 前濱秀介)
☆会員向けメールマガジン・メーリングリスト
 会員の皆様こんにちは、前浜です。会員向けメールマガジン・メーリングリストのご案内です。
 本会にはメールマガジンが1つ、メーリングリストが5つあります。また、部によっては部会専用のメーリング
リストがあります。今回は、会員であればどなたでも入ることのできるメールマガジンとメーリングリストを紹
介します。管理担当は情報システム部です。
[メールマガジン]
○NEWSメールマガジン
 会員向けのオフィシャルメールマガジンです。
視障協からのお知らせ・視障協だより・情報センターだより・会報誌「希望」・他団体等からの情報などを配信
します。
 パソコン用と携帯用の二通りに分けて配信しています。
[メーリングリスト]
メーリングリストということで、特別にパソコンと携帯用に分けていません。
○お好みメーリングリスト
会員間の交流、情報交換を目的にしています。みんなで楽しみましょう。
○トピックメーリングリスト
 会員間で、話題・情報を提供することに特化したメーリングリストです。交流・情報交換を目的としたお好み
MLから分離しました。
○ITWebメーリングリスト
 ICT・IOT・AI・NET・WEB・Accessilitiby・Universal Designなどの話題や情報交換などを目的にしています

○iPhone Club メーリングリスト
 iPhoneを持っている人、持っていない人、これからiPhoneを持ってみようと思っている人。うまく使えていな
い人、それなりに使える人、使いこなしている人。とにかく、iPhone、iPad、iPod Touchに興味のある人は大歓
迎。
 iPhone関係の情報や初歩的なQ&Aやオタクっぽいものなど情報システム部が中心に、みんなで盛り上げていき
ます。
○パソコン クラブ メーリングリスト
 パソコンを持っている人、持っていない人、これからパソコンを持ってみようと思っている人。うまく使えて
いない人、それなりに使える人、使いこなしている人。とにかく、パソコンやパソコンの周辺機器やソフトに興
味のある人は大歓迎。パソコン関係の情報や初歩的なQ&Aやオタクっぽいものなど情報システム部が中心にみん
なで盛り上げていきます。
[ご注意]
*迷惑フィルターを設定されている携帯を使用されている方で、配信されたメールが届かない場合、設定の中で
転送元・メーリングアドレスを設定していただくと配信されたメールが届くようになります。詳しくは、携帯の
電話会社にお尋ねください。
[問い合わせ]
 メールマガジンとメーリングリストへの登録・解除、問い合わせは、情報システム部または、事務局へお問合
せください。また、メールアドレスを変更された場合もお知らせください。エラーメールが増えておりますので
、ご協力お願いいたします。


広島市心身障害者福祉センターより、寄席
日時:2月17日(日)14時〜16時
場所:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室(東区光町)
出演:落語 ジャンボ衣笠、秋風亭 てい朝(しゅうふうてい ていちょう)、
小春亭 日和(こはるてい ひより)、ジャンボ亭 小宇宙(こすも)
ものまね漫談 小向祐司(こむかい ゆうじ)
入場無料・要約筆記・手話通訳あり。障害の有無にかかわらず、参加可能です。
皆さまお誘いあわせの上ご来場ください。



【報告事項】

情報システム部(部長 前濱秀介)
☆パソコン講座
 今年度のパソコン講座を、7月22日「NVDAとWindows10のメールアプリの活用」、8月19日「マイアクセ
スの基本操作と住所録・日記帳作成」、11月4日「iPhoneの基本操作とカメラの活用」、それぞれ5名の方に
受講いただきました。台風接近の影響で変則的な日程になりましたが、皆様のご協力で、無事終了いたしました
。ご協力ありがとうございました。
 来年度もパソコン講座を実施予定です。ご意見・ご要望がありましたら、情報システム部まで、お知らせくだ
さい。

?
あはき部(部長 仲前暢之)
☆平成30年度日盲連・日マ会中国ブロック三療研修会
 平成30年11月24日(土)・25日(日)の二日間、中国ブロック三療研修会が島根県松江市で開催され
、あはき部員と会員合わせて4名が参加しました。
 1日目は、小川幹雄・日本盲人会連合副会長による中央情勢の報告がありました。本会が中国ブロック盲人福
祉大会で提出した「施術への同意書発行を拒否する医師が急増している問題」については、日本盲人会連合と日
本医師会が話し合いを持ち、医師会では「同意書の発行をしないように」といった内容の通達は行っていないと
のことでした。日盲連は、今後とも適切に同意書の発行を行うよう日本医師会に要望したそうです。
 2日目は、筑波技術大学大学院教授・藤井亮輔先生の「変形性膝関節症の基礎と臨床」の講演がありました。
講演では、関節モビライゼーションの実技があり、参加された会員の方々から、「今後の治療に取り入れていき
たい」との感想をいただきました。
 会員の皆様、今年一年お世話になりました。良いお年をお迎えください。


老人部(部長 川本正行)
☆第2回講演会
 平成30年度老人部第2回の講演会を、11月25日13時30分から広島市心身障害者福祉センター2階会
議室で予定通り開催致しました。
 講師は加藤正則氏で、お得意の腹話術で笑わせてもらったり、人形を触らせてもらいました。それからハーモ
ニカの伴奏で、一般に親しまれている歌を一緒に歌いました。手品も出来るそうですが視覚障害者には向かない
のでちょっとしたアイデアを考えてきて下さいました。
 今回は参加者が少なかったのですが、それなりに楽しんで頂いたかと思っています。ご参加いただいた皆様有
難うございました。
 講演の後、前からの課題であった老人部の愛称を審議しました。5題の案が提出されて、一番指示が多かった
「年和会(としわかい)」に決まりました。
 来年度からは年和会(老人部)と使いたいと思っております。
 本年度の老人部の事業はこれで終わりましたが、皆様のニーズが掴めないので講師の選定には苦慮しておりま
す。次年度も手探り状態で事業の運営にあたりますので、ご意見等ありましたらご連絡くださいますようお願い
いたします。


女性部(部長 浦上由美子)
☆第2回研修会
 皆さんこんにちは。
 会員の方から火曜日開催の要望がありましたので、今回の研修会「工場見学」は11月27日(火)に開催し
ました。
 アストラムラインに乗り、伴中央駅近くの「田舎茶屋わたや沼田店」で昼食を取ってから、川中醤油の工場見
学をしました。
 最初に川中醤油の歴史を聞き、醤油の製造工程などのビデオを観てから、3種類の醤油を色や香り、味の違い
を比べました。
 次に工場の中を見せていただきました。まず案内された冷蔵室には6千リットル入る大きな強化プラスチック
タンクがいくつもあり、それぞれの商品が保存されていました。
 続いて生醤油を各商品に加工する過程を見ました。製造からパッキングまでは機械がしますが、最後のチェッ
クは工場の方がされていました。
 最後の質問では、時間が足りないぐらい熱心に質問され、「醤油は開封後冷蔵庫で保管し、風味が失われる前
に使い切ること」とワンポイントアドバイスをいただきました。
 見学後はショップで特製醤油ソフトクリームを食べる人、数量限定の採れたて生搾りゆずポン酢醤油や炊き込
みご飯の素など、皆さんお土産を買っておられました。
 アストラムラインでのパスピーの使用方法や、割引切符の買い方について知らない方がおられたので、工場見
学に加えてよい研修会になったと思います。
 ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
posted by J-SYSTEM at 07:50| 視障協だより