2017年12月26日

視障協だより 平成29年12月20日 第151号

視障協だより 平成29年12月20日 第151号


発行責任者 寺中 久美子

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp




【目次】


巻頭言……2ページ


事務局より……3ページ

事務局の年末年始のお休み……3ページ


お知らせ……4ページ

新年祝賀会……4ページ

文化部より
(1)平和大学……5ページ
(2)会員のひろば「希望」に投稿のお願い……5ページ
(3)文化交流会(予告)……5ページ

青年部より、レクリエーション……6ページ

日帰り貸切バス社会見学
「大三島イチゴ狩りと村上水軍博物館を訪ねて」…7ページ

体育部より、感覚訓練「アクアビクス」……8ページ

女性部より、第3回研修会(予告)……10ページ

福祉環境部より、歩車分離式信号交差点についての情報提供と注意喚起……11ページ


報告事項……12ページ

青年部より、第2回講演会……12ページ

老人部より、第1回講演会……13ページ

女性部より、第2回研修会……14ページ




【巻頭言】(会長 寺中久美子)

 今年も残すところ10日あまりとなりました。平和大通りのイルミネーションは、とてもきれいです。ジング
ルベルの音は、年の瀬の忙しさを誘います。皆さん年末のお掃除は進んでいますか? 年賀状は書き終えました
か?
 今年は私にとって、激動の一年でした。今年の初めに股関節の手術をして、長年悩まされていた足の痛みがな
くなりました。また今年は、友人が相次いで亡くなりました。会員の石原さんには個人的なアドバイスをいただ
きました。風間さんにもいろいろなことを教えていただきました。「会うは別れの始め」ということわざがあり
ますが、その意味を身をもって感じる一年になりました。
 6月の総会で会長に就任してから、未だに手探りの状態ですが、早く軌道に乗りたいと思えば思うほど、問題
点が出てきてしまう今日この頃です。
 7月には平成医療学園グループからの「あはき養成施設設置の非認定処分取り消しを求める訴訟」に対する反
対活動として、裁判の傍聴・集会に参加しました。日盲連が行っている署名、葉書行動、募金活動について、以
前視障協だよりでお願いをしましたが、この取り組みは継続して行っておりますので、引き続き皆さまのご協力
をお願いいたします。
 10月には女性部の結成50周年祝賀会が行われ、思い出話に花が咲き、楽しいひとときを過ごしました。
 今年の夏頃から、私たちの仲間が職を失うという話が聞こえてくるようになりましたが、今月中旬には福山・
府中両市の障害者就労継続支援A型事業所が経営破綻し、利用していた障害者112人が一斉に解雇されました
。一日も早い再雇用を願うばかりです。
 また全国で駅ホームからの転落死亡事故が相次いで発生しており、日盲連では安全対策とホームドアの設置等
の運動をおこなっています。年の暮れも押し迫ってまいりますと思わぬ事故が起こることがありますので、皆さ
ま十分お気を付けください。
 よい新年を迎えられ、1月14日には皆さまと元気なお顔でお会いできることを願っております。
 視障協のことについてお気づきのことがございましたら、理事の方へお願いいたします。




【事務局より】

☆事務局の年末年始のお休み

年末年始のお休みは下記のとおりです。
平成29年12月29日(金)〜平成30年1月3日(水)




【お知らせ】

新年祝賀会

日時:平成30年1月14日(日) 12時半〜15時
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1・2・3
(東区光町二丁目1−5、082−261−2333)
内容: 12時〜12時半 受付
    12時半〜13時 式典
    13時〜15時 懇親会・福引きなど
会費:おひとりさま2,500円(食事・飲物代)
申込:1月7日(日)までに、視障協事務局へ。
※会場内で手編みの小物のバザーをします。売上金は視障協の運営資金に充てさせていただきます。よろしくお
願いします。



文化部(森川能光・藤谷順子)


(1)平和大学
 笑いヨガの講師をお迎えして、平和大学の講演を実施致します。
日時:1月14日(日)10時〜12時
場所:広島市心身障害者福祉センター2階会議室1・2・3
講師:松崎修子(社会福祉法人IGL学園福祉会 特別養護老人ホーム
    ナーシングホームゆうゆう 看護師長)
テーマ:「笑い 笑い 元気」
 新年に皆さんで初笑いをしませんか。
 参加申込は不要です。多数のご参加をお待ちしております。


(2)会員の広場「希望」に投稿のお願い
 会員の広場「希望」、平成29年度第2号は平成30年春頃発行予定です。
 皆様の体験談、情報、詩、エッセー等、どんなものでも構いません。また文字数なども特に制限はありません
。原稿は1月31日(水)までに視障協事務局へ、郵送・ファックス・メールのいずれかでお送りいただきますよ
うお願い致します。
 問い合わせは、森川能光へ。ご応募お待ちしています。


(3)文化交流会(予告)
 3月11日(日)に、文化交流会開催を企画しております。詳細につきましては、次号の視障協だよりでお知
らせ致します。?



青年部(高松豊)

☆レクリエーション
 青年部では、毎年部員の交流と、情報交換の場として、部員だけのレクリエーションを開催しています。
 今年は1月21日(日)12時30分〜18時、内容はカラオケ親睦会です。とはいっても、ただカラオケを
楽しむのではなく、iPhoneを使って、歌いたい曲を自分で予約して、それから歌ってみるという体験を兼ねて行
います。お店のカラオケリモコンを操作することができない全盲の人でも、iPhoneを使用することで、曲の予約
から歌詞を見て歌うところまでできるようになっています。一人カラオケも夢ではありません。
 歌をどんどん歌うばかりではなく、部員それぞれのお話をお聞きして交流を深めたいと思います。さしずめ青
年部新年会といったところでしょうか。
 まだ青年部に入っておられない60歳までの方も、これをきっかけに年会費1000円をお支払いの上、青年
部に入会されてみてはどうですか?
対象:青年部員と介助者
日時:1月21日(日)12時30分〜18時
場所:JOYSOUND 広島中央通り店
(中区新天地1-20 広島帝劇会館、電話082-504-8000)
集合:12時30分にヤマダ電機LABI広島前
会費:部員500円、介助者1,270円
申込:1月14日(日)までに、視障協事務局へ。?


日帰り貸切バス社会見学

「大三島イチゴ狩りと村上水軍博物館を訪ねて」
日時:1月28日(日)9時〜17時(予定)
集合:午前8時50分までに、広島駅新幹線口タクシー降り場へ。
参加費:4,000円(食事代、入園料、保険料含む)
申込:視障協事務局へ、1月4日(木)から受け付け。
先着45名、定員になり次第締め切ります。
氏名・生年月日・連絡先(携帯)をお知らせ下さい。
行程:
9時      広島駅新幹線口出発
9時20分   広島東IC 〜山陽道 小谷SAにて休憩〜
10時30分  福山西IC 〜しまなみ海道経由〜
11時10分  大三島IC
11時20分〜12時20分 井上農園にてイチゴ狩り
12時40分〜13時40分 マリンオアシス伯方にて昼食・買い物
14時〜14時50分 “瀬戸内海の覇者”村上水軍博物館見学
15時30分  福山西IC
16時40分  広島東IC
17時00分  広島駅新幹線口到着、解散(予定)
?


体育部(部長 土居京子)

☆感覚訓練「アクアビクス」
 今年度の感覚訓練ですが、昨年6月実施の水中体操が好評で、もっと難しい方が良い等の声を頂きましたので
、元々目標にしていたアクアビクスを実施しようと思います。
 1年間の体の不調や膝・腰の痛みがあっても、水中での運動は無理なくリフレッシュできます。インストラク
ターの指示で音楽に合わせて体を動かしていきます。温かいプールで楽にステップを踏むことができます。
 是非多くの皆様ご参加ください。

日時:平成30年2月4日(日) 9時20分〜15時30分
場所:クアリウムシャレー(安佐南区上安六丁目31-1、830-3330)
準備する物:水着とタオル(髪を濡らしたくない方はスイミングキャップ)
 ※レンタルも可、水着324円、タオル108円程度かかります。
費用:一人3,000円(クアリウム使用料、昼食代他)
日程
9時20分 広島駅北口 グリーンホテル隣の福祉バスのバス停集合
※自力で集合できない方は、事前にご相談ください。
9時30分 福祉バス出発
10時 クアリウムシャレー到着
10時10分 着替え
10時30分 プール集合
10時30分〜11時10分 アクアビクス(40分間)
11時10分〜12時40分 自由時間・着替え
アロマミストサウナやジャグジーでリフレッシュ、お風呂も利用できます。
12時40分 福祉バス乗車?移動
13時 昼食会場到着(上安近郊)
13時〜14時30分 昼食・懇親会
14時30分 福祉バス乗車
15時 旧市民球場横到着、希望者のみ下車
15時30分 広島駅北口 グリーンホテル横バス停到着、下車、解散

定員:24名 ※付添の方も参加できます。
申込:平成30年1月26日(金)までに視障協事務局へ。
必要事項:以下の内容をお伝えください。
 @視力(全盲・弱視)
 A当日連絡がつく携帯電話番号
 B水着やタオルのレンタル有無。有の場合は、水着のサイズ
 C付添者の有無とアクアビクス・昼食参加有無。
※氏名・年齢・住所が必要です。また当日に同一代金を頂きます。
 D泳げるか泳げないか ※泳げなくてもアクアビクスは可能です。
 E自力で集合場所に来られるかどうか

?

女性部(部長 浦上由美子)

☆第3回研修会(予告)
日時:平成30年2月25日(日)10時〜12時
場所:広島市総合福祉センター
演題:「こんな時どうすればいいの?
〜いまさら聞けないQ&A・洋服編」
詳しい内容は次号でお知らせします

?

福祉環境部(部長 田尾秀春)

☆歩車分離式信号交差点についての情報提供と注意喚起
 最近、歩車分離式信号機が設置された交差点が増えております。先月広島県警より提供いただいた情報による
と、広島市内で47カ所、県内では102カ所です。
 一般的に歩車分離式は、以下のような流れで信号が切り替わります。
@ 南北方向の車用信号が青になり、車が直進または右左折します。
A 東西方向の車用信号が青になり、車が直進または右左折します。
※@・Aの間は歩行者信号が赤になりますので、横断できません。
B 全ての方向の歩行者信号が同時に青になり、各方向へ横断できます。
 このような歩車分離式信号機が設置された交差点を、視覚障害者が歩車分離式と知らずに車の音を聞いて進む
方向を判断して横断すると、右左折してくる車と衝突する危険があり、注意が必要です。
 歩車分離式信号機には音響装置の併設が不可欠と思われますが、平成29年3月末現在で広島市内9か所、県
内でも14カ所となっております。
 当面の対策として、まず自分が通る場所に歩車分離式信号機が設置されているかどうかを確認することが大事
です。また横断時の安全確保には、車の流れではなく、人の流れを参考にしたり、周りにおられる方の協力を得
て一緒に横断するのが望ましいと感じます。
 今回同封している設置箇所一覧表をぜひご確認いただき、移動時の安全確保にお役立てください。利用頻度が
高かったり、特に横断が難しい箇所がありましたら、視障協事務局にお知らせください。



?

【報告事項】

青年部(山中真澄)

☆第2回講演会
 11月19日(日)10時から、光町の心障センター2階会議室2において、講師にダスキンの家事代行メリ
ーメイド事業エリアマネジャーの城井由美子氏をお迎えし、掃除の歴史、力のあまりいらない雑巾の絞り方、い
らなくなったカードや歯ブラシなど身近な物を使った掃除の仕方を、実際に使いながら教えていただきました。
 また、プロが普段使っている道具を触らせていただきました。スポンジやブラシにも毛の長さや硬さが違う様
々な種類があり、汚れや使う場所、材質に合わせて使い分けておられるそうです。ホームセンターにも便利な掃
除用具があるそうなので皆さんも一度見に行ってみてはいかがでしょうか。
 今年も青年部の活動にご参加ご協力いただきありがとうございます。来年も青年部の活動にご支援いただける
と幸いです。
 来る年も皆さんにとってよい年となりますように。
?


老人部(部長 川本正行)

☆第1回講演会
 11月19日に老人部として久しぶりに講演会を開きました。浅尾哲三先生を講師にお招きし、「日本の伝統
文化について」という演題で主として茶道についてお話しして頂きました。
 お茶の種類や製造法から、お茶の点て方やいただき方、茶室の事など初心者向けに話されました。また千利休
の事や特に仏教の臨済宗に関係が深いことなどを教えて頂きました。
 私も長年視障協の理事を務めておりますが、講師との交渉をしたのは初めてでしたので、こちらが聴きたい話
をして頂くのはなかなか難しいということがわかりました。
 講演終了後、参加して頂いた皆様とこれからの部活動について意見交換を致しました。その結果、私を補佐し
て頂く副部長に橋本正彦さんに就任して頂きました。
 それから次回の行事として点字カラオケで懐かしのメロディを聞いたらという案もありましたが、点字カラオ
ケは伴奏だけで歌が入っていないので、この件についてはもう少し検討したいと思います。
 ご参加いただいた皆様有難うございました。

?

女性部(塚田員代)

☆第2回研修会
 11月26日(日)10時から広島市総合福祉センター5階会議室において、第2回研修会を行いました。
 講師に山本操子先生をお迎えし、「通夜・葬儀への、参列者側からのマナー」について教えていただきました

 第1部では、宗教によって金封、表書きが違うということ。服装は、正装はワンピース、次にアンサンブル、
パンツスーツでもいいがデザインはシンプルなものにするなど、基本的なことをたくさん学びました。第2部で
はお悔やみ用の中包みの折り方を習いました。
 テレビやラジオなどからたくさんの情報を得ることができますが、全て正式なマナーとはいえないとのことで
す、マナーも時代とともに変わってきています。大切なことは相手の方に気持ちをこめることだとお話ししてく
ださいました。時間が足りないぐらい質問もたくさん出て、皆さんの関心の高さがわかりました。
 ご参加くださった皆さんありがとうございました。
posted by J-SYSTEM at 08:35| 視障協だより