2016年11月26日

視障協だより 平成28年11月20日 第138号

視障協だより 平成28年11月20日 第138号

発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒730-0052 広島市中区千田町一丁目
9−43
広島市社会福祉センター内3階
TEL・FAX082−249−7177
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp




【目次】
巻頭言……2
事務局より……4
(1)視障協事務局の移転について(ご案内)……4
(2)広島市視覚障害者情報センター特別企画展「パナソニック
フェア」開催します!……6
お知らせ……7
青年部より、社会見学……7
平和大学・新年祝賀会(予告)……8
報告事項……9
青年部より
(1)青年部パソコン講習会……9
(2)青年部レクリエーション……10
福祉環境部より
(1)街点検……12
(2)広島市総合福祉センターと駅北側ぺデストリアンデッキ
について……16
グランドソフトボールチーム「ミラクルボンズ」
全国大会優勝報告……19





【巻頭言(会長 川本正行)】
秋も深まり寒さが勝つ季節となりました。暦の上では、11月7日は立冬、22日は
小雪、冬の入り口でしょうか。広島では、昔はえびす講大売り出しで冬の物を買い求
めて冬に備えたそうですが、季節は確実にやって来ますね。
広島県グランドソフトボールチームは、期待どおり全国優勝してくれました。連覇で
す。すごいですね。選手の皆様、関係者の皆様おめでとうございます。
一方、カープは残念ながら日本一を逃してしまいました。でもリーグ優勝を果たし1
0月末までも広島に楽しみと元気を与えてくれ、楽しい一年になりました。有難う。
 10月12日、RCCラジオチャリティーミュージックソンで今年も3か所に音の
出る信号機を設置して頂きました。中国放送で広島県警察本部交通部に対する贈呈式
が行われ、広島県視覚障害者団体連合会の前川会長とともに私も参列しました。
 午後には新白島駅南の横断歩道で渡り初め式が行われました。ラジオや新聞などで
ご存知の皆様も多いかと思います。このチャリティーも平成20年から始まり、今年
で8年目で県内で20か所となりました。その内、広島市内では10か所です。
設置場所は次の通りです。
東区戸坂千足交差点(感応式)、南区本浦交番前交差点、安佐北区小田交差点、安佐
南区西原今津交差点、東区戸坂新町一丁目交差点、安佐南区安佐大橋西交差点、安佐
北区安佐大橋東交差点、南区比治山橋東交差点、中区新白島駅南横断歩道、中区広島
赤十字原爆病院前交差点、以上10か所です。
今年も11月1日より来年の2月末日までチャリティーミュージックソンが展開され
ます。多くの市民の皆様の温かい心が寄せられて、音響信号機が増えていくのは、と
ても有りがたいことです。またチャリティーを展開して頂くお蔭で、視覚障害者が理
解されることも大きな啓発になると思います。一般の信号機に比べると音の出る信号
機はまだ一割にも満たない現状ですから、市民の皆様に一人でも多く視覚障害者を理
解して頂き、声をかけて頂くことがとても嬉しく、又、助けられることも多いと思い
ます。来年にも1か所か2か所は、音の出る信号機を設置して頂けると思います。皆
様がここの交差点が音響信号機になればとても助かると感じておられるところが有り
ましたら、是非教えて下さい。実際の設置にあたってはさまざまな条件がありますの
で、ニーズには応えられない場合もありますが、まずは要望してみることです。宜し
くお願い致します。
 事務局からのお知らせのように12月からは、長年お世話になりました広島市社会
福祉センターから心身障害者福祉センターへ事務所を移します。活動拠点も心障セン
ターが多くなると思います。市身連は広島駅前に新築された「BIG FRONT ひ
ろしま」5階・6階の、広島市総合福祉センターの5階に入ります。市身連の電話番
号はこれまでと変わりません。視障協の行事も出来る限り総合福祉センターを利用し
たいと思っておりますが、かなり利用しにくくなりそうです。
 これからは本格的に冬がやってきます。風邪などに気をつけて秋の夜長を有効にお
楽しみ下さい。千田町の住所からは最後の便りとなります。福祉センターよ、さよう
なら。



【事務局より】

(1)視障協事務局の移転について(ご案内)
 前号でもお知らせしましたが、広島市社会福祉センターの閉館に伴い視障協事務局
は以下の通り移転いたします。臨時休業の間は皆様方にご不便をおかけして申し訳あ
りませんが、ご了承ください。

◎移転スケジュール
11月25日(金) 現住所での通常業務終了
11月28日(月)〜12月2日(金) 臨時休業
この間は電話・FAX・メールのいずれも対応できません。
12月3日(土)・4日(日) 定休日
12月5日(月)  新事務局で通常業務再開



◎新しい事務局については、以下の通りです。
**************************************************
公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会 事務局
住所:〒732−0052
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
電話番号:082−264ー4966(FAX兼用)
※しばらくの間は、これまでの電話番号(249-7177)へお電話いただくと、新しい電
話番号をご案内致します。
業務日時:月・火・木・金・日の9時〜17時
(ただし祝日の翌日を除く)
※これまでと同じく、午前10時〜12時以外は不在の場合があります。来所される
場合は事前にご連絡の上お越しください。電話の場合は、伝言を残していただければ
折り返しご連絡します。
定休日:水曜日・土曜日・祝日の翌日
**************************************************



(2)広島市視覚障害者情報センターの特別企画展
「パナソニックフェア」開催します!
パナソニックアプライアンス社のご協力で視覚障害者に使いやすいパナソニック製品
の展示会を開催します。ご家族やお友達とぜひお越しください。
●開催期間:12月2日(金)〜15日(木)の平日のみ
 9:00〜17:00
*8日(木)、15日(木)はパナソニックの社員が来所し、説明します。
●場所:広島市視覚障害者情報センター
        中区富士見町11番27号 広島市保健所2階
        電話 240−1220
●展示品:テレビ(番組表・インターネット画面などの読み上げ)、ブルーレイ(番
組表・録画一覧、録画手順の読み上げ)、電話機(電話番号読み上げ・不審電話着信
拒否機能搭載)、音声ガイド付きIHクッキングヒーター、音声ガイド搭載ICレ
コーダー、掃除機(きれいになったら光でお知らせ、お掃除結果やダストボックスが
いっぱいなど音声でお知らせ)



【お知らせ】

青年部(藤谷順子、森川能光)

☆社会見学

 今年度の社会見学は、寒い時期になってしまったのですが、豊平の「どんぐり村」
へ、そば打ち体験に行きます。
 私は、そばやうどんを食べるのは大好きなんですが、そば打ちの体験は経験が無い
ので、今からドキドキしています。皆さん、楽しいそば打ち体験に参加して、美味し
い打ち立てそばを堪能しませんか?
 貸し切りバスでボランティアさん3名と一緒に行きます。
日程:平成29年2月12日(日)
 9:00 広島駅北口、地下自由通路階段上がって、左手集合
 9:10 バス乗車、出発
10:30 どんぐり村到着
10:50 そば打ち体験、昼食。
13:00 自由時間
14:30 どんぐり村出発
16:00 広島駅北口到着
行き先:豊平どんぐり村(山県郡北広島町都志見2609、
電話0826−84−1313)
参加費:2,000円
定員:25名
申込:1月16日(月)までに視障協事務局へ


平和大学・新年祝賀会(予告)

来年1月の平和大学と新年祝賀会については、下記の通り開催予定ですが、詳細は次
号にてご案内します。
日時:平成29年1月15日(日) 午前 平和大学、午後 新年祝賀会
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1・2・3
(東区光町二丁目1−5、082−261−2333)



【報告事項】

青年部

(1)青年部パソコン講習会(高松 豊)

 青年部では、今年も講師に、パソテック代表の山口美由貴先生をお迎えし、千田町
の社会福祉センターにおいて、9月25日、10月3日、9日、23日の、いずれの
日も、9時30分〜11時30分、12時30分〜14時30分、15時〜17時、
合計12枠で開催しました。
 今年は、iOS端末以外にも、パソコンを持ち込み受講された方もおられました。パ
ソコン持ち込みで受講された方は、普段閲覧しているホームページの構造や、マイ
ワードを用いての書式設定の学習をされた方もおられました。
 iOS端末に関しては、初めて触られた方には、昨年同様「視覚障がい者向け使い方
教室」というアプリを使用して、基本的なジェスチャーの練習や、電話の取り方や文
字入力といった少し複雑な操作練習を行っておられました。
 それから今年は、フィーチャーフォンからiPhoneに機種変更された直後に受講され
た方もおられ、「だいぶiPhoneが使えるようになった」と喜んでおられました。
 受講申し込みに関しては、今年も定員枠の12名の方が来られました。
 受講者の中には、「今までネットリーダーを使って閲覧しにくかったページの構造
がわかり、とても助かった。来年もこういった講習を企画してほしい」といった感想
や、iPhoneを買って講習を受講してかなり使える自信がついた」といった感想を聞く
ことができました。


(2)青年部レクリエーション(本木 芳浩)

 青年部では毎年、部員間の親睦を深める目的でレクリエーション活動を行っていま
す。
 今年度は、10月16日に、心身障害者福祉センター調理室で、3種の鍋料理と
ゲーム大会を楽しみました。
 最初にお茶を飲みながら参加者の自己紹介。今、はまっていることやチャレンジし
ていることを盛り込んで話していただきました。普段知らなかった参加者のことを聞
くことができ、その後の交流のきっかけにもなりました。
 続いて、ビンゴゲーム。普通のビンゴゲームと違い、「お名前ビンゴ」と言い、参
加者に自分の名前がひらがなで書かれたカードを配り、進行役が引いた文字が自分の
名前にあればそれを消していき、すべて消えればビンゴというものです。
 文字数が少ない人で5文字、多い人で8文字でしたが、文字数が少ない人が有利で
はないというところにこのゲームのおもしろさがあります。また、点字が読みにくい
人は1マスずつ開けて書いたり、見えにくい人にはマジックで大きく書いたりと、工
夫すれば誰でも楽しめます。
 そろそろお腹が空いてきました。これからが今回のメインでもある鍋料理作りで
す。
「牛肉たっぷりのすき焼き」「ピリッと辛い海鮮チゲ鍋」「ちょっとヘルシーかな?
 鶏の寄せ鍋」の3グループに分かれて準備開始。日ごろ包丁を持たない男性も日頃
「料理教室」に通う女性の指導を受けながら、慣れない手つきではありますが野菜を
切り分けていきました。
 しばらくすると、部屋中に食欲をそそるいいにおいが広がってきて、鍋の出来上が
りです。自分たちで作った鍋の味は格別でした。中には自分のグループの鍋だけでは
物足りないようで、他のグループの鍋にも箸をのばす人も出てくるほど、みんな満足
な様子でした。
 最後に、参加者一人一人が自分のことについて問題を出す「パーソナルクイズ」で
盛り上がりました。
 少しは会の雰囲気が伝わってきたでしょうか?
 青年部では、このように楽しい行事を企画しています。興味のある方は、部長の臼
井までお問い合わせください。



福祉環境部

(1)街点検(部長 田尾秀春)

 広島駅周辺の開発に伴い、一昨年から広島駅改修工事が行われ、昨年は新跨線橋が
でき、点検をしました。今回は広島駅北口の新幹線、在来線への利用ルートが変更さ
れ調査を行いました。そして、広島市社会福祉センターの機能が広島市総合福祉セン
ターとして駅南口の「BIG FRONT ひろしま」に移転することとなりその周辺
と、外国人客などで人出が多くなった八丁堀、並木通り周辺を調査しました。
日時:平成28年10月2日(日)13時〜17時
調査場所:広島駅、南口ビックカメラ周辺、八丁堀周辺
調査内容:
@ 点字ブロック、エスコートゾーンの敷設状況
A 音響信号機、音声誘導装置の設置及び作動状況
B 表示・掲示等の見えやすさと安全確保

調査結果と問題点
1.広島駅
@ 広島駅北口
〈整備状況〉
 1階在来線改札口の場所は変わってなくて、地下通路から各ホームに行ける。2階
への誘導は、従来の駅北口のみどりの窓口のあった所に設けられ、向かって左から階
段、エスカレーターがあり、右側のエレベーターの行き先ボタンは壁面ではなく、少
し前に円柱状に竹を斜めに切った上面に押しボタンがある。
 2階にあがると点字ブロックは北口に向かって誘導され、途中左に曲がると、向
かって左に券売機、在来線改札口(跨線橋へ)、90°右方向に新幹線改札口に誘導
される。この部分は工事は完了していない。
 左折しないでそのまま、北口方向に進んで構内から出ると、屋根付きの半円形の広
いスペース「ぺデストリアンデッキ」につながる。ここから3つ割れフォークのよう
に分かれて、北口駅前大通りを越えて、階段とエレベーターで地上に降りれるように
なる。真ん中の中央通路は、ペデストリアンデッキから、真っ直ぐに進むと途中で左
側にエレベーターがあり、1階地上のリムジンバス乗り場に誘導され、右側の階段を
降りると地上部分へつながる。中央通路を更に進み大通りを越えると、右からエレ
ベーター、階段、エスカレーターがあり、反対側の歩道に降ります。
 東側デッキはシェラトンホテル前を、西側デッキはグランヴィア前を通り、大通り
を越え地上に誘導される。この開通に伴い、これまで使用していた南北方向の横断歩
道はなくなります。
〈気づきと問題点〉
 ぺデストリアンデッキから左方向に進み、2階グランヴィア入口へ行く所は階段が
3段あり、注意しないと転倒する。これはホテル側の音声案内などの対応が必要では
ないかと思われる。
 エレベーターの位置を知らせる音声案内があるとよい。この件は、市によると地上
での音声誘導案内の設置を考えているとのことであった。

A 広島駅ホーム
 1番ホームエスカレーターの上り口、各ホームの点字ブロックの近くに角張った鉄
柱があり、顔面を打つ危険がある。現在は薄いビニールで巻いてあるが、クッション
剤の入ったラバーを巻くことが必要である。

2.ビックカメラ周辺
 南口駅前から地下道の左側(西側)を進むと地下広場の左手前にビッグカメラ入口
があり、入ると金属性の点字ブロックでエレベーター前まで誘導され、音声案内のエ
レベーターで上がることが出来る。1階も点字ブロックで玄関入口へ、店内もエレ
ベーターまで誘導されていた。

3.八丁堀周辺
@ 流川通り
 三越横から流川筋を入って左側の歩道を歩くと、最初の左角にセブンイレブンがあ
り、その曲がり角に円柱のポールがブロック際に立っていて、顔面を打つ危険性があ
り、保護ラバーを巻くことが必要である。
 このあたりは歩道が狭く、立て看板や自転車の駐輪があったりして歩きにくい。ま
た、流川筋から薬研堀通りへの通りは点字ブロックがなくて歩きにくい。
A 広電八丁堀電停
 福屋前の広島方面の電車に乗るのに、道路幅が広くて、ホームに上がる場所が分か
りにくい。
 軌道部分を除いてエスコートゾーンで誘導し、音声信号機が鳴るときに連動して、
ホームに上がる位置で音が出るような装置(誘導鈴など)を付けるとよい。
 また、ここのホームに上がるとすぐに、軌道部分や道路に足を踏み外して、巻き込
まれないようにする接触防止柵が設置されている。他の電停でも設置されると良い。

4.並木通り周辺
 電車通りから金座街に入って、左に福屋、パルコを過ぎ、南へ進むと並木通りにつ
ながる。ここの場所は半円形状のロータリーになっていて、手前から歩いていくと段
があり車道に入りこむ。並木通りや左隣のアリスガーデンに行くのに方向が取りにく
い。
 この場所に並木通りにつなぐ、点字ブロックを右側、左側に敷設し誘導する必要が
ある。

まとめ
 今回の調査で歩行の安全性を確保するために、いくつかの問題点をあげる事が出来
た。
@ 駅ホームや流川通りにある点字ブロック際にある柱に保護ラバーを巻く事が必要
である。
A 銀座街から入って並木通りにつながる所に、点字ブロックを敷設することが必要
である。
B 広電電停ホームに上がれるように、エスコートゾーンなどの敷設、誘導鈴などの
設置をする等の対策が必要である。
C 広島駅の改修工事に伴う歩行誘導について、エレベーターの位置や、どこ方面に
つながる地点か等の音声案内や誘導鈴などが設置される必要がある。触地図で掲示さ
れるものは分かりにくい。
 なお、広島市の方から10月20日に広島駅北口構内、ペデストリアンデッキ周辺
の実地説明会がありました。高松さんの報告と併せて読んでいただくとよいかと思い
ます。


(2)広島市総合福祉センターと駅北側ペデストリアン
デッキについて(高松 豊)
 今年12月にオープンする、広島駅南側の総合福祉センターと、先月30日から供
用が開始された広島駅新幹線口ペデストリアンデッキについての情報です。
 総合福祉センターは、広島駅南側地下道直結の「BIG FRONT ひろしま」
の5階と6階にオープンします。このビルの地下2階から地上3階までは、ビックカ
メラが入っていて、その他にもいろいろな企業の事務所などが同じビルにあります。
 駅から建物までは、点字ブロックで誘導されていて、その外にも、シグナルエイド
などに対応した音声誘導装置が設けられているので、慣れれば迷わずに行くことがで
きると思います。シグナルエイドは、歩行時間延長信号機用小型送信機として日常生
活用具給付対象品にもなっているので、詳しくは、市視覚障害者情報センター、区役
所の障害福祉係などにお問い合わせください。
 広島市東部や府中町などから、バスで広島駅に到着した場合は、バスを降りて進行
方向に50メートルくらい歩くと建物1階の玄関に入ることができます。地下2階の
入り口、1階の入り口ともに、玄関からエレベーターまでは点字ブロックで誘導され
ます。
 エレベーターは、建物の駅側と川側にそれぞれ2機ずつ設置されています。ボタン
を押し、エレベーターが到着する直前に「左側のエレベーターが上に参ります」と
いったような音声案内があり、その後扉が開いて乗ることになります。エレベーター
は、外のボタン、エレベーター内のボタンとも点字表示があります。
 福祉センターは、5階に会議室や調理実習室、市身連の事務所などがあり、6階に
は、受付などがありました。
 それから、私たちが心身障害者福祉センターに行くときに通っている駅北口の様子
が、ペデストリアンデッキ供用開始とともに変わっています。
 心身障害者福祉センターに行かれる際、これまで皆様が広島駅北口を出られて渡っ
ておられたと思われる、新幹線口東交差点、南北方向の横断歩道(二葉通りのエス
コートゾーンが設置されていた横断歩道)が廃止となりました。
 ペデストリアンデッキは、新幹線口2階から駅を出てすぐに、東西方向の通路
(シェラトンホテル側から駅入り口を経てホテルグランヴィアまで伸びる通路)があ
り、その通路東端(グランヴィア前)、中央(新幹線口駅舎正面)、西端(シェラト
ンホテル側)の三か所に、南北に延びる通路が設置されています。心身障害者福祉セ
ンターへは、駅2階からまっすぐ中央通路を通ってそのまま二葉通りを渡り、そこか
ら階段やエスカレーター、エレベーターを使用して1階に降りて、あとはこれまで通
りの道を通っていくことになります。
 路面電車やバスで広島駅まで来られ、南口から地下自由通路を通って新幹線口に出
られた場合は、地下自由通路の階段を上がり、一つ目の警告ブロックを左折し、二つ
目の警告ブロックのところを右折し、そこからしばらく直進し、四つ目の警告ブロッ
クを右折するとすぐに次の警告ブロックがあるので左折し、階段を上り、階段を上っ
た後すぐに左に曲がり、最初の警告ブロックを右に曲がり、次の警告ブロックで右に
曲がると、ペデストリアンデッキ中央通路になるので、あとは上記と同じ方法で心身
障害者福祉センターに向かうこととなります。
右に曲がって中央通路に行く警告ブロックを反対に左に曲がると駅の建物2階にはい
ることができます。
 なお、新幹線口構内の歩道は、かなり轍があり、足元に注意して歩行する必要があ
ります。
 文章で説明するのはなかなか難しく、このようなわかりにくい説明しかできません
が、駅北口を十分な時間をとって見学されることをお勧めします。くれぐれも怪我の
ないようにご通行ください。


グランドソフトボールチーム「ミラクルボンズ」全国大会優勝報告(清田郁也)
 私たち広島県グランドソフトボールチーム「ミラクルボンズ」は、10月22日か
ら24日にかけて岩手県盛岡市で開催された第16回全国障害者スポーツ大会「希望
郷いわて大会」グランドソフトボール競技に、中国四国地区代表として出場し優勝、
昨年の和歌山大会に引き続き2連覇を達成することができました。
 初戦は、一昨年度優勝の強豪福岡県チームとの試合で、最終回に追い上げられる接
戦となりましたが、1点差の5対4で勝利しました。
 準決勝戦は岩手県チームとの対戦で、地元岩手県チームへの大きな声援にも負け
ず、落ち着いた試合運びで4対0と完封勝ちしました。
 決勝戦は優勝経験のある強豪三重県チームでしたが、エース星賀の力投と練習に裏
付けられたファインプレーが続出し、8対0と、準決勝戦に続いての完封勝ちで日本
一を決めることができました。
 この大会では、チーム一丸となって、自分たちの可能性やグランドソフトボールの
魅力を表現できたように思います。
 来年は、まだどのチームもなし得ていない、大会3連覇を目指し頑張っていきます。引き続きご支援ご声援を
よろしくお願いします。
posted by J-SYSTEM at 16:56| 視障協だより