2017年02月20日

視障協だより 平成29年2月20日 第141号

視障協だより 平成29年2月20日 第141号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp


【目次】
巻頭言……2

事務局より……3
平成28年度会費納入についてお願い……3

お知らせ……4
文化部より、第22回文化交流会……4
女性部より、平成29年度女性部定期総会……5
青年部より、平成29年度青年部定期総会……6



?
【巻頭言(会長 川本正行)】
2月4日は立春、しかし春の訪れは3月5日の啓蟄の方が当たっているように思います。別の言い方では、2月
は光の春とも言われます。確かに朝夕の明るい時間が長くなりました。梅の便りも沢山聞こえてきます。
 1月15日には恒例の新年祝賀会を、視障協の新たな拠点となりました広島市心身障害者福祉センターで開催
致しました。思いがけない大雪で、参加して頂いた皆様にはタクシーが思うように捕まらずに大変ご苦労をおか
け致しました。また雪を予測されてキャンセルされました皆様や、当日動けずにやむなく欠席されました皆様も
沢山おられましたが、ご心配とご迷惑をおかけ致しました。私もタクシーを呼んでから玄関に出て、初めて15
センチくらいの積雪を知りましたが、すでに取りやめも出来ませんのでそのまま開催致しました。
 参加者は会員37名、その他来賓・職員等を含め総勢53名でした。ご来賓も雪の中をご臨席くださいました
。広島市健康福祉局障害福祉部長 福岡美鈴様、本会顧問の永田雅紀市議会議長、同じく顧問の山路英雄議員の
代理として山路響平弁護士、広島市社会福祉協議会常務理事 円奈勝治様、広島市心身障害者福祉センター所長
 久保智敬様、午前中の平和大学講師 藤原勉様。
おかげさまで新年をスタート致しましたが、前途多難な年になるかと思わせる一日になりました。それでも福引
きは参加者が少ない分、当たりが良かったと思います。良い年になることをお祈り致します。
 これからは年度末の会議等に追われますが、皆さまとは文化部主催の交流会でお会いできることを楽しみにし
ております。沢山の応援をお願い致します。その頃にはもう雪は降らないと思いますので。
インフルエンザが流行っているようです。皆様体調に気をつけて、お元気で春を迎えましょう。



【事務局より】
平成28年度会費納入について
平成28年度の会費を未だ納入いただいていない方は、昨年お送りした郵便局の払込用紙にて、至急払い込み下
さいますようお願い致します。
お手元に用紙が見当たらない方は、必要事項を記載した払込用紙をお送りいたしますので、事務局までご連絡く
ださい。

?
【お知らせ】
文化部(部長 橋本正彦)
☆第22回文化交流会

日時:平成29年3月12日(日)13時〜16時(受付12時半から)
会場:広島市総合福祉センター 5階ホール(南区松原町5-1 、264-6400)
参加費:無料
出演者(出演順):
グリーンコーラス、ダンス教室、立石敬一(ピアノ「ショパン」)、カラオケ教室と視障協会員有志、三浦裕美
(ピアノ)、三浦さんの伴奏による参加者全員での斉唱
※参加者全員にプログラムを配布します。
※新しい会場になったため飲食は出来ませんが、例年通りきつつき作業所のご協力により、手作りクッキー・マ
ドレーヌなどのバザーは行いますので、ご利用ください。

?
女性部(部長 浦上由美子)

☆平成29年度女性部定期総会
 川辺の梅もほころび始めました。皆様お元気でお過ごしでしょうか?
下記の通り総会を開催いたしますので、多数のご参加をお待ちしております。

日時:4月9日(日)10時〜12時(終了予定)(受付 9時30分〜)
場所:広島市心身障害者福祉センター2階第3会議室
(東区光町二丁目1−5、261−2333)
議題:
(1)平成28年度事業報告並びに決算報告
(2)平成29年度事業計画(案)
(3)第66回中国ブロック大会女性部会提出議題
(4)平成30年度の事業について
(5)女性部50周年について
(6)会員からの提出議題
(7)役員改選

申込:以下の内容について、3月20日(月)まで視障協事務局へ
(1)出欠連絡及び委任
委任の通知のない方は、議長に委任されたものとします。
(2)会員からの提出議題
議題と提案理由を文章にして事務局へ送付してください。
(3)会員の方にお弁当を準備します。
介助者の弁当が必要な方は700円で販売しますのでご注文下さい。
※ 総会終了後に食事の時間を取っております。

?
青年部(部長 臼井利明)
☆青年部定期総会のお知らせ
青年部定期総会を下記の日程で開催します。
部員の皆様におかれましてはご多忙かと思いますが、是非出席いただきますようよろしくお願いします。

日時 4月9日(日) 13時30分〜15時30分(終了予定)
会場 広島市心身障害者福祉センター 2階第3会議室
   (東区光町2丁目1−5、261−2333)
議題:
(1) 平成28年度行事報告並びに決算の承認
(2) 平成29年度活動案並びに予算案の承認
(3) 部員からの提出議題の審議
(4) 正副部長・監査役・会計役改選
出欠連絡:3月26日(日)までに視障協事務局へ。
出欠連絡のない方は、総会における議決権を部長に委任されたものとして対応させていただきます。
議題提出:3月22日(水)までに臼井(090−9730−1246)へ、
議題とその主旨をご連絡ください。
※総会終了後、懇親を兼ねたお茶会を企画していますのでお楽しみに。
posted by J-SYSTEM at 10:27| 視障協だより

2017年01月28日

視障協だより 平成29年1月20日 第140号

視障協だより 平成29年1月20日 第140号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp


【目次】

巻頭言……2

事務局より…3
1.視障協事務局での視覚障害者用品取扱について……3
2.広島市視覚障害者情報センターについて……6

お知らせ……7
日帰り貸切りバス社会見学……7
女性部より、第3回研修会……8
体育部より、ふれあいボウリング大会……9
市身連より、第17回広島市障害者ふれあい交流会……10






【巻頭言(会長 川本正行)】
 会員の皆様、少し遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年も法人運営に対しましてご協力、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
 昨年は申年、私は年男でした。特に良いことも有りませんでしたが、平凡に暮らせたことで良いと思っており
ます。今年は酉年、どのような一年になるのでしょうか。
 障害者にかかる法律等は整備されましたが、行政や一般の事業者が自然に障害者と向き合える社会になるには
、しばらくの年月がかかると思います。特に生活の安定に必要な経済関係でも、アメリカの大統領の交代による
政策の先行きが見えにくくて不安感が増しており、世界を見渡してもこれといって良い材料はないように思いま
す。国全体の経済環境が良くならないと福祉環境も厳しいのが仕方ないところかと思います。
 障害者の雇用就労は伸びて来ておりますが、視覚障害者においては出来る職種が余りなく、企業の中で見えな
くても出来る仕事が有っても、我々が分からないので、要望する事が難しく職業開発が進みません。景気の良い
時代には一般の人は、あまりマッサージ等を仕事とはしませんでしたが、なんとかしてマッサージに参入したい
とする人たちが多くなったのだから、一般就労も厳しいのではないかと考えます。特に自殺者まで出るのですか
ら大変だと思います。今年は酉年だから大きく羽ばたきましょうという挨拶もありますが、我々は地道に歩いて
ゆこうではありませんか。
 また高齢化の進行により、活動する会員が毎年少しずつ減っておりますが、こちらも仕方ないところです。皆
さま一年でも長くお付き合いをお願い致します。
 正月には温かくて穏やかな年明けとなりましたが、これからが一番寒い時期となります。寒さに耐え抜いたら
花咲く春が待っておりますので、体に気をつけて乗り切って下さい。?


【事務局より】
1.視障協事務局での視覚障害者用品取扱について
(1)点字用紙類・便利グッズの電話注文を事務局で承ります。
 商品はご自宅へ直送いたします。到着まで1週間から10日程度かかります。お急ぎや日時指定は別料金がか
かります。商品代金は、必要事項を記載した郵便局払込用紙をお送りしますので、郵便局から払い込み下さい。

(2)音声機器・パソコンソフト等は、ご自宅へお届けし、ご集金します。
 お届け時に、ボタン操作など基本的な使用方法を説明します。
 パソコンソフトは、インストール作業と、ソフトの設定を行います。

(3)音声機器類・拡大読書器などは、申請いただくと、原則1割負担で給付が受けられます。
視障協では以下のようなものを取り扱っております。
●拡大読書器
 文字を拡大するだけでなく、白黒反転など見えやすい色の組み合わせに切り替えることもできます。
*据置型は画面が大きく、表示される範囲や文字が大きくなります。新聞など大きなものを読むのに向いていま
す。読んでいる行がわかりやすいように、ライン(二本線の表示)やマスキング(不要な部分を隠す)機能付き
の商品もあります。
*携帯型は画面が小さいですが、ポケットやかばんに入れて持ち運べるサイズです。家の中だけでなく、外出先
でバスの時刻表や商品の値札などを見るのにも使えます。写真保存機能付き商品もあります。
*音声式は、機械が文書を読み取って内容を解析し、音声で読み上げます。機械が紙に書いてある文字やその読
み方を判断して読み上げますので、読み取り間違いや読み上げ間違い等があります。手元にある書類に何が書い
てあるのか全く分からず困っている方には、ある程度内容を判断する手助けになります。
●デイジー図書録音再生機器(プレクストーク)
 デイジー図書を録音再生するための機器です。
*PTR2は、本体でデイジーCDが簡単に再生でき、録音機能もあります。4月から市民と市政もデイジーC
D版が発行されていますので、カセットテープの機械が壊れて市民と市政が聞けなくなっていた方は、ぜひこの
機器でデイジー版の市民と市政をお聞きください。
*リンクポケットPTP1/LINKは携帯型の本体です。インターネット上の「サピエ図書館」からデイジー
図書のデータを本体に取り込めます。附属品の機器を接続すればデイジーCDを聞いたり、本体に取り込んだり
できます。
●点字ディスプレイ(ブレイルセンス・ブレイルメモ)
ディスプレイに表示された内容を、点字のピンで読み取るための機器です。6点入力により、点字でメモを取る
こともできますし、とりこんだ点字のデータを読むこともできます。
*ブレイルセンスシリーズは音声ガイド付きで、点字文書、テキスト文書の読み書きができるほか、ウェブアク
セス、電子メール、デイジー図書や音楽の再生、GPS機能やコンパスなど多機能です。
*ブレイルメモシリーズは音声ガイド付きで、ディスプレイ機能に加えて点字文書の作成・編集、音声図書の再
生やメモ録音、墨字文書の作成・編集が出来ます。
●音声体温計・音声体重計
 測定の手順や、測定結果を音声で読み上げます。
●卓上型電磁調理器(音声ガイドセンサー式、ダイヤル式)
 火を使わずに安全に調理ができます。用途に応じて2タイプからお選びいただけます。
*音声ガイド付き、揚げ物やタイマー調理ができるタイプ(指が触れると動くセンサー式ですが、操作しやすい
よう加工済)
*確認音なし、温めや保温向き、ダイヤルつまみを右か左にひねるだけの機能を絞った簡単操作タイプ
●触読時計(アナログ時計タイプ、振動触感タイプ)
 触って時刻を知る時計です。音を出さずに周りの人に気を遣うことなく時間を知りたい方、腕時計の音声が聞
き取りにくい方に向いています。
*アナログ時計タイプは、長針・短針を指で撫でて現在時刻を確認します。使い慣れた人向きです。
*振動触感タイプは、ボタンを押したときに振動する回数の組み合わせで現在時刻を確認します。腕時計型とキ
ーホルダー型があります。
●音声時計(デジタル腕時計、置時計、携帯型)
 ボタンを押すと音声で時刻を読み上げる時計です。
*腕時計は、現在時刻とアラーム・時報・ストップウォッチ機能があります。
*置時計は、電波時計で時間が正確です。現在時刻とアラーム・時報・カレンダー・温度湿度・オートスピーキ
ング(15分間だけ1分ごとに現在時刻を読み上げる)機能があります。
*携帯型はポケットに入る大きさで、電波時計で時間が正確です。現在時刻とアラーム・時報・カレンダー・オ
ートスピーキング機能があります。
●パソコンソフト(音声読み上げソフト・画面拡大ソフト)
 パソコンの画面の情報を音声で読み上げたり、画面の表示を拡大したりするソフトです。Windowsの画面情報
を読み上げるスクリーンリーダーと、インターネットやメールなどの専用音声ソフトがあります。
●歩行時間延長信号機用小型送信機(兼音声案内装置発信機)
 青信号の時間を延長する機能がある信号機へ電波を送信する、携帯型の送信機で、音声案内装置も作動させる
ことが出来ます。
●活字文書読み上げ装置(音声コード読み上げ)
 公的機関等の文書に記載されている「音声コード(小さな点が集まった正方形のマーク)」を読み取って、文
書の内容を読み上げる機器です。対象品や対象者、使用年数、負担額等、一定の条件があります。

(4)白杖も申請いただくと、原則1割負担でお求めいただけます。
 対象品や使用年数、負担額等、一定の条件があります。

 商品に関すること、申請手続きに関するご質問、ご相談も受けておりますので、事務局高橋までお気軽にお電
話ください。
◎事務局の定休日が毎週水曜日・土曜日と祝日の翌日に変わりました。

2.広島市視覚障害者情報センターについて
広島市視覚障害者情報センターは、日常生活用具と補装具の対象品の一部や、視覚障害者が使いやすい商品を体
験し選んでいただくために展示し、視覚障害に関する情報提供等を行う目的で広島市が設置した施設です。
商品を体験したい場合は情報センターへお越しください。
点字用紙や便利グッズ等一部の商品はその場でお買い求めいただくことができますので、大変便利です。ぜひご
利用下さい
----------------------------------------------------------
広島市視覚障害者情報センター
広島市中区富士見町11-27 広島市保健所等合築施設2階
電話 082-240-1220   開所時間 平日 9時〜17時
----------------------------------------------------------
*なお、電話での注文は視障協事務局へよろしくお願いします。


【お知らせ】
日帰り貸切バス社会見学
「大三島イチゴ狩りと村上水軍博物館を訪ねて」
日時:2月19日(日)9時〜17時(予定)
集合:午前8時50分までに、広島駅新幹線口タクシー降り場へ。
参加費:4,000円(食事代、入園料、保険料含む)
申込:1月20日(金)から2月10日(金)までに視障協事務局へ。定員先着45名。氏名・生年月日・連絡
先(携帯)をお知らせ下さい。
行程:
9時 広島駅新幹線口出発
9時20分   広島東IC 〜山陽道 小谷SAにて休憩〜
10時30分  福山西IC 〜しまなみ海道経由〜
11時10分  大三島IC
11時20分〜12時20分 井上農園にてイチゴ狩り
12時40分〜13時40分 マリンオアシス伯方にて昼食・買い物
14時〜14時50分 “瀬戸内海の覇者”村上水軍博物館見学
15時30分  福山西IC
16時40分  広島東IC
17時00分  広島駅新幹線口到着、解散(予定)



?
女性部(部長 浦上由美子)
*第3回研修会
 皆さん、こんにちは。今年もよろしくお願いいたします。
 基本的なメイクについて知りたい、見えにくくなってきたので、眉の書き方や、口紅の塗り方について教えて
欲しい、見えなくなって化粧は諦めている、自分に似合っているメイクについて知りたい、などという話を耳に
します。
 そこで第3回目の研修会は、先月号でお知らせしましたように、私たちにもできるメイクについて企画しまし
た。皆さんとお会いできますことを、役員一同楽しみにお待ちしております。
日時:2月26日(日)13時〜15時(終了予定)
演題:ビューティーケア 視覚障害者にもできるメイク
講師:資生堂ジャパン(株)プレステージブランド事業本部企画部店頭活動推進グループお客さま窓口担当 福
田彰子(ふくだあきこ)氏
会場:広島市総合福祉センター5階会議室2(南区松原町5−1ビッグフロント広島内、264−6420)
費用:1,080円
定員:20名(先着順)
申込:2月7日(火)正午までに、視障協事務局へ以下の内容をご連絡下さい。@年代 、A見え方 弱視(鏡
に写した顔がわかる人)・全盲、B介助の有無※介助者は1名まで可、ただし視覚障害者へのサポートのみで、
介助者自身は研修会参加できません。



体育部(藤谷順子)
*ふれあいボウリング大会
 今年度も、あと少しで終わりに近づいて来ましたが、広島スプラッシュのご協力のもと、ふれあいボウリング
大会を実施いたします。
全盲の方、未経験の方でもボウリングに熟練されたボランティアさんや広島スプラッシュの皆さんがサポートを
してくださいますので、ゲームを行うことができます。是非参加してみませんか? 楽しくボウリングしましょ
う。
日時:3月12日(日)13時〜15時30分
場所:ボウル国際(中区田中町2−5 国際ホテル別館内、244−4151)
日程:
12時50分 ボウル国際の1階エレベーター前集合
※体育部が待機し、誘導等対応させていただきます。
※動きやすい服装でご参加下さい。
※各自貸靴を借りた後、ミーティングルームにご集合下さい。
13時 5階ミーティングルーム集合完了
13時〜13時半 簡単な自己紹介・競技説明・グループ発表・プレイ準備
13時半〜15時 3ゲームプレイ・終了
※チーム毎に随時休憩を取ってください。
15時〜15時20分 片付け・ミーティングルーム集合
15時20分〜15時30分 結果発表・表彰・解散
定員:最小14名〜最大24名
費用:1,000円(ゲーム代・飲料代)、その他貸靴代300円各自負担。
申込:2月27日(月)までに視障協事務局へ。氏名、視力の状況(全盲・弱視)、ガイドレールの使用有無と
左・右、ボウリング経験の有無、当日連絡が取れる携帯電話番号をお知らせください。
※ガイドレール使用者の人数で定員が変動しますので、使用する方はお早めにお申し込みください。
※自力でボウル国際に到着できそうにない方は、事前に体育部へご相談下さい。
(土居、藤谷)


市身連より、第17回広島市障害者ふれあい交流会
内容:ボウリング競技を通じて、独身の障害者同士が交流を図る
対象:独身の方(会員以外も可)
日時:2月19日(日)13時半〜15時半(受付13時〜)
場所:広電ボウル(中区平野町10−16、082-243−5000)
費用:参加費は無料、ただしボウリングの貸しシューズ代390円は各自負担
申込:2月12日(日)までに、市身連事務局へ直接お申し込みください。
posted by J-SYSTEM at 05:15| 視障協だより

2016年12月25日

視障協だより 平成28年12月20日 第139号

視障協だより 平成28年12月20日 第139号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp



【目次】
巻頭言……2
事務局より…3
(1)視障協事務局の移転について……3
(2)事務局の年末年始のお休みについて……3
(3)情報センター年末年始のお休みについて…3
お知らせ……4
平成29年新年祝賀会……4
文化部より、平和大学……4
青年部より、社会見学(追加募集)……5
女性部より、第3回研修会(予告)……5
報告事項……6
青年部より、第2回講演会……6
女性部より、第2回研修会……7
社会部より、日帰りバスツアー……8
あはき部より、平成28年度中国ブロック三療研修会……9



【巻頭言(会長 川本正行)】
 今年も残り少なくなりましたが、皆様にとってはどの様な一年だったでしょうか。
 団体活動では、平和大学でサックスアンサンブルの素晴らしい演奏を聞かせて頂いて新年祝賀会でスタートし
ました。2月4日には年末から入院中だった市身連の渡邊事務局長が亡くなり、年度末なので市身連事務局は苦
労されましたが、4月からは岡下卓二氏を事務局長に迎えました。視障協では、5月より稲見幸美氏を事務局次
長に迎えて事務局の正常化に務めております。そして広島市社会福祉センターの閉鎖と総合福祉センターの開設
に伴い、市身連も視障協も移転という事になり、準備や引っ越し等、かなりのエネルギーを使いました。日盲連
では3月31日の定期評議員会で役員改選となり、これまでにない激しい選挙戦が行われて後味の悪い状態にな
ったうえに、6月には厚生労働省から社会福祉法人の規制改革を!
年度末までに実施するように指示されて、2回も臨時評議員会を開催することとなり、日盲連傘下の61団体
にとっては思わぬ出費でしたが、11月29日の臨時評議員会で定款の改正案を承認し、来年度からの役員改選
が変わることとなりました。
 21日は冬至、本格的な冬はこれからですが新しい年を元気でお迎え下さい。そして、今年度は少し遅くなり
ますが1月15日の新年祝賀会には、多くの皆様とお会いできることを楽しみにしております。私達の新たな拠
点となった心身障害者福祉センターでの新年を一緒にお祝い致しましょう。それではこの一年もお世話になりま
した。



【事務局より】
(1)視障協事務局の移転について
 視障協事務局は12月1日付で移転いたしました。新しい住所・連絡先等は以下の通りです。
**************************************************
公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会 事務局
〒732−0052
広島市東区光町二丁目1−5 広島市心身障害者福祉センター4階
電話・FAX 082−264−4966
閉所日:毎週水曜日と土曜日、および祝日の翌日
**************************************************
 10時〜12時は職員がおりますが、それ以外の時間は不在の場合がございます。来所の際は必ずお電話くだ
さいますようお願いいたします。

(2)事務局の年末年始のお休みについて
 視障協事務局の年末年始のお休みは以下の通りです。
平成28年12月28日(水)〜平成29年1月4日(水)
 1月5日(木)から通常業務となります。

(3)情報センター年末年始のお休みについて
 広島市視覚障害者情報センター(保健所2階)は、12月29日(木)から平成29年1月3日(火)までお
休みいたします。
 1月4日(水)より平常どおり開所します。どうぞご利用ください。



【お知らせ】
平成29年新年祝賀会
 今回から、東区光町の心身障害者福祉センターで開催いたします。皆様奮ってご参加ください。
日時:平成29年1月15日(日) 12時半〜15時
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1・2・3
(東区光町二丁目1−5、082−261−2333)
内容: 12時〜12時半 受付
12時半〜13時 式典
    13時〜15時 懇親会・福引きなど
会費:おひとりさま2500円(食事・飲物代)
申込:1月11日(水)までに、視障協事務局へ。


文化部(部長 橋本正彦)
☆平和大学
日時:1月15日(日) 午前10時半〜12時
場所:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1・2・3
講師:藤原 勉
演題:薬に頼らない健康法
 我が国は男女ともに平均寿命が80歳を越える世界有数の高齢者社会となり、医療費の高騰が社会問題になり
つつあります。いかに健康で長寿を過ごすことが出来るか? 漢方の見地から藤原勉氏の講演を聴きながら考え
てみようと、少し難しい内容かとも思いましたが、敢えてお願いしました。申し込み不要、多数のご参加をお待
ちしております。


青年部(藤谷順子、森川能光)
☆社会見学(追加募集)
 先月号でもお知らせしましたが、今年度の社会見学は、豊平の「どんぐり村」へそば打ち体験に行きます。
 皆さん、楽しいそば打ち体験に参加して、美味しい打ち立てそばを堪能しませんか? 貸切バスでボランティ
アさん3名と一緒に行きます。
日程
平成29年2月12日(日)
 9:00 広島駅北口、地下自由通路階段上がって、左手集合
 9:10 バス乗車、出発
10:30 どんぐり村到着
10:50 そば打ち体験、昼食
13:00 自由時間
14:30 どんぐり村出発
16:00 広島駅北口到着
参加費:おひとりさま2000円
定員:25名
申込:1月16日(月)までに、視障協事務局へ


女性部 (部長 浦上由美子)
☆第3回研修会(予告)
 平成29年2月26日(日)に身だしなみ講座「視覚障害者にもできるメイク」について計画しております。
詳しい内容などは次号でお知らせいたします。?



【報告事項】
青年部(部長 臼井 利明)
☆第2回講演会
 11月3日文化の日、広島市心身障害者福祉センター講習室を会場に、講師の小山仁史先生をお招きし、カク
テルに関する講演会を受講者数13名で開催しました。
 まずは醸造酒や蒸留酒といったお酒の種別のお話からしていただき、その後カクテルの語源について、いくつ
かの説をお話しいただきました。カクテルの歴史は古代に遡るそうで、ローマではワインを水で割ったものが飲
まれ、エジプトではビールに蜂蜜や生姜を加えて飲んだりしていたそうです。
 現在よく知られているカクテルが生まれたのは、製氷機が発明された今から100年ぐらい前とのお話でした
。そのほかにも、カクテルの実際の作り方や、ベースとなるアルコール別に代表的なカクテルを例に挙げつつ、
分かりやすい言葉で面白いネタ話を沢山教えていただきました。
 またお話だけでなく、カクテルを作製する時に使う道具として、スタンダードとボストンの2つのシェイカー
を持参していただき、実際に触れさせていただいた後、シェイキングの実演もしていただきました。プロのシェ
イキングはパワフルかつエレガンスで、受講者全員が心地の良い音に聞き入ってしまいました。
 その後は受講者の皆さんから沢山の質問が飛び出し、2時間の講習は、あっという間に済んでしまいました。
 今後もその道に携わるプロフェッショナルの方に、お話を聞かせていただけるような企画ができればと考えて
います。
 ご意見等ありましたら、臼井の方までご連絡下さい。



女性部(担当 牧平桂子)
☆第2回研修会
 総会でご提案いただいた洋食のテーブルマナーを、11月13日日曜日11時30分から、広島市中区大手町
のレストラン「アル・マンドリーノ」で行いました。吉田淳子先生を講師にお招きし、16名の方が参加されま
した。
 まず料理をいただく前に吉田先生から、イタリアンの歴史等について説明していただきました。イタリアンの
発祥はイタリアで、古代ローマの時代からあり、多くの国々で親しまれています。手軽な食材で作ることが出来
る簡単な料理で、その素材の旨味を最大限に引きだすことが出来る料理だそうです。
 また料理名の語源についてもお話しいただきました。例えばパスタは、イタリア語で「紐」という意味の「パ
スゴ」が語源だったり、唐辛子をきかせたトマトソースのパスタ「アラビアータ」は「怒り」という意味、白い
クリームソースに黒胡椒がかかっている「カルボナーラ」は「炭焼き職人」という意味があるそうです。普段何
気なく口にしている料理も、語源を知るとおもしろいものだと感じました。
 その後は料理をいただきながら、店長やスタッフの方が料理のメニューの説明やいろんなお話しをしてくださ
いました。
 食事が終わった時のナイフとフォークの置き方や、フォークの刃の部分は今は4本だが17世紀頃は2本だっ
たことや、イタリア人にとって、イタリア料理は家庭料理なので、健康を考えて全て手作りしている等お話しく
ださいました。料理はもちろん大変美味しくいただくことが出来ましたし、お話しも沢山聞かせていただき、と
ても有意義な時間を過ごすことが出来ました。
ご参加いただいた皆様、講師の吉田先生、そしてお店のスタッフの方々により、無事研修会を終えることが出来
ました。ありがとうございました。



社会部(社会部 立石敬一)
☆日帰りバスツアー
 去る11月20日(日)に、参加者28人と共に、マイントピア別子トロッコ探検と石鎚神社へ日帰りバスツ
アーにて行って来ました。世界的産業遺産になっている銅山を見学し、洞窟の中にある展示物を見るという内容
でした。
 広島からバスで約3時間半、道中雨にも遭遇しましたが、幸い車内にいたので濡れずにすみました。見事な紅
葉に出迎えられたものの、11月とは思えない程の暖かさの中、洞窟の入り口をトロッコ列車で目指します。麓
の駅から洞窟の入り口までは約3分程度。洞窟の中は年間通して10度前後で、ひんやりとしていました。程よ
いエコーと薄暗い光の中、銅を掘る様子などの展示物を見て回りました。直接手で触れる事が出来なかったので
見えにくい部分もありましたが雰囲気は掴み取れました。
 見学の後は地元の名物「伊予柑ソフトクリーム」を皆で試食。甘いクリームの中で僅かに感じた酸っぱい味が
、何ともいえない美味しさでした。
 洞窟の見学の後は石鎚神社への参拝です。ここも見事な紅葉で、約100段近くある階段を上って境内まで行
きました。お賽銭を投げ入れて、皆さんそれぞれお願い事をしていました。神社への参拝を終えると、後はひた
すら来た道を戻るのみ。途中事故による交通渋滞の影響で1時間程遅れましたが、秋の早い日没と夜景を車窓か
ら楽しみながら無事に帰りました。
 車内では今回添乗員として同行頂いた宮原さんの楽しいトークと観光ガイドに加え、絶える事のなかった楽し
い話し声に、良い雰囲気の中でこの行事を終える事が出来、嬉しく思っています。
 帰宅後に「バスの待ち合わせ時間(8時)前に皆さんがバスに乗られていたので、その時間に来て分からなか
った。とりあえず集合時間までは待ち合わせをする場所にいて、時間になったら皆でバスに乗るようにして頂き
たい」というご意見も頂きました。貴重なご意見をありがとうございます。視覚障害者の団体の行事では特に大
切な事だと思いますので、今後何かの行事をする時には心がけたいと思います。
 今回参加して下さいました皆さん、ありがとうございました。来年度も皆さんに喜んで頂けるような行事を企
画していこうと思っていますので、何卒宜しくお願いします。



あはき部(部長 仲前暢之)
☆平成28年度中国ブロック三療研修会
 11月26日(土)・27日(日)の両日、中国ブロック三療研修会が広島市心身障害者福祉センターを会場
に開催されました。本会会員ならびに中国ブロック各県から多数の参加者がありました。
 26日の代表者会議では、安田和正・日本あん摩マッサージ指圧師会会長による中央情勢等についての解説の
あと、あはき問題について、出席者の活発な意見交換が行なわれました。
 27日は、三療研修会でした。
講師:朝日医療専門学校講師 相川貴裕先生
演題:「動かしながらの手技療法」
 相川先生に各種ストレッチング法について、わかりやすく丁寧に講義、実技指導をしていただきました。会員
の皆様方には、多数のご参加ならびにご協力をいただきありがとうございました。
posted by J-SYSTEM at 12:37| 視障協だより

2016年11月26日

視障協だより 平成28年11月20日 第138号

視障協だより 平成28年11月20日 第138号

発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒730-0052 広島市中区千田町一丁目
9−43
広島市社会福祉センター内3階
TEL・FAX082−249−7177
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp




【目次】
巻頭言……2
事務局より……4
(1)視障協事務局の移転について(ご案内)……4
(2)広島市視覚障害者情報センター特別企画展「パナソニック
フェア」開催します!……6
お知らせ……7
青年部より、社会見学……7
平和大学・新年祝賀会(予告)……8
報告事項……9
青年部より
(1)青年部パソコン講習会……9
(2)青年部レクリエーション……10
福祉環境部より
(1)街点検……12
(2)広島市総合福祉センターと駅北側ぺデストリアンデッキ
について……16
グランドソフトボールチーム「ミラクルボンズ」
全国大会優勝報告……19





【巻頭言(会長 川本正行)】
秋も深まり寒さが勝つ季節となりました。暦の上では、11月7日は立冬、22日は
小雪、冬の入り口でしょうか。広島では、昔はえびす講大売り出しで冬の物を買い求
めて冬に備えたそうですが、季節は確実にやって来ますね。
広島県グランドソフトボールチームは、期待どおり全国優勝してくれました。連覇で
す。すごいですね。選手の皆様、関係者の皆様おめでとうございます。
一方、カープは残念ながら日本一を逃してしまいました。でもリーグ優勝を果たし1
0月末までも広島に楽しみと元気を与えてくれ、楽しい一年になりました。有難う。
 10月12日、RCCラジオチャリティーミュージックソンで今年も3か所に音の
出る信号機を設置して頂きました。中国放送で広島県警察本部交通部に対する贈呈式
が行われ、広島県視覚障害者団体連合会の前川会長とともに私も参列しました。
 午後には新白島駅南の横断歩道で渡り初め式が行われました。ラジオや新聞などで
ご存知の皆様も多いかと思います。このチャリティーも平成20年から始まり、今年
で8年目で県内で20か所となりました。その内、広島市内では10か所です。
設置場所は次の通りです。
東区戸坂千足交差点(感応式)、南区本浦交番前交差点、安佐北区小田交差点、安佐
南区西原今津交差点、東区戸坂新町一丁目交差点、安佐南区安佐大橋西交差点、安佐
北区安佐大橋東交差点、南区比治山橋東交差点、中区新白島駅南横断歩道、中区広島
赤十字原爆病院前交差点、以上10か所です。
今年も11月1日より来年の2月末日までチャリティーミュージックソンが展開され
ます。多くの市民の皆様の温かい心が寄せられて、音響信号機が増えていくのは、と
ても有りがたいことです。またチャリティーを展開して頂くお蔭で、視覚障害者が理
解されることも大きな啓発になると思います。一般の信号機に比べると音の出る信号
機はまだ一割にも満たない現状ですから、市民の皆様に一人でも多く視覚障害者を理
解して頂き、声をかけて頂くことがとても嬉しく、又、助けられることも多いと思い
ます。来年にも1か所か2か所は、音の出る信号機を設置して頂けると思います。皆
様がここの交差点が音響信号機になればとても助かると感じておられるところが有り
ましたら、是非教えて下さい。実際の設置にあたってはさまざまな条件がありますの
で、ニーズには応えられない場合もありますが、まずは要望してみることです。宜し
くお願い致します。
 事務局からのお知らせのように12月からは、長年お世話になりました広島市社会
福祉センターから心身障害者福祉センターへ事務所を移します。活動拠点も心障セン
ターが多くなると思います。市身連は広島駅前に新築された「BIG FRONT ひ
ろしま」5階・6階の、広島市総合福祉センターの5階に入ります。市身連の電話番
号はこれまでと変わりません。視障協の行事も出来る限り総合福祉センターを利用し
たいと思っておりますが、かなり利用しにくくなりそうです。
 これからは本格的に冬がやってきます。風邪などに気をつけて秋の夜長を有効にお
楽しみ下さい。千田町の住所からは最後の便りとなります。福祉センターよ、さよう
なら。



【事務局より】

(1)視障協事務局の移転について(ご案内)
 前号でもお知らせしましたが、広島市社会福祉センターの閉館に伴い視障協事務局
は以下の通り移転いたします。臨時休業の間は皆様方にご不便をおかけして申し訳あ
りませんが、ご了承ください。

◎移転スケジュール
11月25日(金) 現住所での通常業務終了
11月28日(月)〜12月2日(金) 臨時休業
この間は電話・FAX・メールのいずれも対応できません。
12月3日(土)・4日(日) 定休日
12月5日(月)  新事務局で通常業務再開



◎新しい事務局については、以下の通りです。
**************************************************
公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会 事務局
住所:〒732−0052
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
電話番号:082−264ー4966(FAX兼用)
※しばらくの間は、これまでの電話番号(249-7177)へお電話いただくと、新しい電
話番号をご案内致します。
業務日時:月・火・木・金・日の9時〜17時
(ただし祝日の翌日を除く)
※これまでと同じく、午前10時〜12時以外は不在の場合があります。来所される
場合は事前にご連絡の上お越しください。電話の場合は、伝言を残していただければ
折り返しご連絡します。
定休日:水曜日・土曜日・祝日の翌日
**************************************************



(2)広島市視覚障害者情報センターの特別企画展
「パナソニックフェア」開催します!
パナソニックアプライアンス社のご協力で視覚障害者に使いやすいパナソニック製品
の展示会を開催します。ご家族やお友達とぜひお越しください。
●開催期間:12月2日(金)〜15日(木)の平日のみ
 9:00〜17:00
*8日(木)、15日(木)はパナソニックの社員が来所し、説明します。
●場所:広島市視覚障害者情報センター
        中区富士見町11番27号 広島市保健所2階
        電話 240−1220
●展示品:テレビ(番組表・インターネット画面などの読み上げ)、ブルーレイ(番
組表・録画一覧、録画手順の読み上げ)、電話機(電話番号読み上げ・不審電話着信
拒否機能搭載)、音声ガイド付きIHクッキングヒーター、音声ガイド搭載ICレ
コーダー、掃除機(きれいになったら光でお知らせ、お掃除結果やダストボックスが
いっぱいなど音声でお知らせ)



【お知らせ】

青年部(藤谷順子、森川能光)

☆社会見学

 今年度の社会見学は、寒い時期になってしまったのですが、豊平の「どんぐり村」
へ、そば打ち体験に行きます。
 私は、そばやうどんを食べるのは大好きなんですが、そば打ちの体験は経験が無い
ので、今からドキドキしています。皆さん、楽しいそば打ち体験に参加して、美味し
い打ち立てそばを堪能しませんか?
 貸し切りバスでボランティアさん3名と一緒に行きます。
日程:平成29年2月12日(日)
 9:00 広島駅北口、地下自由通路階段上がって、左手集合
 9:10 バス乗車、出発
10:30 どんぐり村到着
10:50 そば打ち体験、昼食。
13:00 自由時間
14:30 どんぐり村出発
16:00 広島駅北口到着
行き先:豊平どんぐり村(山県郡北広島町都志見2609、
電話0826−84−1313)
参加費:2,000円
定員:25名
申込:1月16日(月)までに視障協事務局へ


平和大学・新年祝賀会(予告)

来年1月の平和大学と新年祝賀会については、下記の通り開催予定ですが、詳細は次
号にてご案内します。
日時:平成29年1月15日(日) 午前 平和大学、午後 新年祝賀会
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室1・2・3
(東区光町二丁目1−5、082−261−2333)



【報告事項】

青年部

(1)青年部パソコン講習会(高松 豊)

 青年部では、今年も講師に、パソテック代表の山口美由貴先生をお迎えし、千田町
の社会福祉センターにおいて、9月25日、10月3日、9日、23日の、いずれの
日も、9時30分〜11時30分、12時30分〜14時30分、15時〜17時、
合計12枠で開催しました。
 今年は、iOS端末以外にも、パソコンを持ち込み受講された方もおられました。パ
ソコン持ち込みで受講された方は、普段閲覧しているホームページの構造や、マイ
ワードを用いての書式設定の学習をされた方もおられました。
 iOS端末に関しては、初めて触られた方には、昨年同様「視覚障がい者向け使い方
教室」というアプリを使用して、基本的なジェスチャーの練習や、電話の取り方や文
字入力といった少し複雑な操作練習を行っておられました。
 それから今年は、フィーチャーフォンからiPhoneに機種変更された直後に受講され
た方もおられ、「だいぶiPhoneが使えるようになった」と喜んでおられました。
 受講申し込みに関しては、今年も定員枠の12名の方が来られました。
 受講者の中には、「今までネットリーダーを使って閲覧しにくかったページの構造
がわかり、とても助かった。来年もこういった講習を企画してほしい」といった感想
や、iPhoneを買って講習を受講してかなり使える自信がついた」といった感想を聞く
ことができました。


(2)青年部レクリエーション(本木 芳浩)

 青年部では毎年、部員間の親睦を深める目的でレクリエーション活動を行っていま
す。
 今年度は、10月16日に、心身障害者福祉センター調理室で、3種の鍋料理と
ゲーム大会を楽しみました。
 最初にお茶を飲みながら参加者の自己紹介。今、はまっていることやチャレンジし
ていることを盛り込んで話していただきました。普段知らなかった参加者のことを聞
くことができ、その後の交流のきっかけにもなりました。
 続いて、ビンゴゲーム。普通のビンゴゲームと違い、「お名前ビンゴ」と言い、参
加者に自分の名前がひらがなで書かれたカードを配り、進行役が引いた文字が自分の
名前にあればそれを消していき、すべて消えればビンゴというものです。
 文字数が少ない人で5文字、多い人で8文字でしたが、文字数が少ない人が有利で
はないというところにこのゲームのおもしろさがあります。また、点字が読みにくい
人は1マスずつ開けて書いたり、見えにくい人にはマジックで大きく書いたりと、工
夫すれば誰でも楽しめます。
 そろそろお腹が空いてきました。これからが今回のメインでもある鍋料理作りで
す。
「牛肉たっぷりのすき焼き」「ピリッと辛い海鮮チゲ鍋」「ちょっとヘルシーかな?
 鶏の寄せ鍋」の3グループに分かれて準備開始。日ごろ包丁を持たない男性も日頃
「料理教室」に通う女性の指導を受けながら、慣れない手つきではありますが野菜を
切り分けていきました。
 しばらくすると、部屋中に食欲をそそるいいにおいが広がってきて、鍋の出来上が
りです。自分たちで作った鍋の味は格別でした。中には自分のグループの鍋だけでは
物足りないようで、他のグループの鍋にも箸をのばす人も出てくるほど、みんな満足
な様子でした。
 最後に、参加者一人一人が自分のことについて問題を出す「パーソナルクイズ」で
盛り上がりました。
 少しは会の雰囲気が伝わってきたでしょうか?
 青年部では、このように楽しい行事を企画しています。興味のある方は、部長の臼
井までお問い合わせください。



福祉環境部

(1)街点検(部長 田尾秀春)

 広島駅周辺の開発に伴い、一昨年から広島駅改修工事が行われ、昨年は新跨線橋が
でき、点検をしました。今回は広島駅北口の新幹線、在来線への利用ルートが変更さ
れ調査を行いました。そして、広島市社会福祉センターの機能が広島市総合福祉セン
ターとして駅南口の「BIG FRONT ひろしま」に移転することとなりその周辺
と、外国人客などで人出が多くなった八丁堀、並木通り周辺を調査しました。
日時:平成28年10月2日(日)13時〜17時
調査場所:広島駅、南口ビックカメラ周辺、八丁堀周辺
調査内容:
@ 点字ブロック、エスコートゾーンの敷設状況
A 音響信号機、音声誘導装置の設置及び作動状況
B 表示・掲示等の見えやすさと安全確保

調査結果と問題点
1.広島駅
@ 広島駅北口
〈整備状況〉
 1階在来線改札口の場所は変わってなくて、地下通路から各ホームに行ける。2階
への誘導は、従来の駅北口のみどりの窓口のあった所に設けられ、向かって左から階
段、エスカレーターがあり、右側のエレベーターの行き先ボタンは壁面ではなく、少
し前に円柱状に竹を斜めに切った上面に押しボタンがある。
 2階にあがると点字ブロックは北口に向かって誘導され、途中左に曲がると、向
かって左に券売機、在来線改札口(跨線橋へ)、90°右方向に新幹線改札口に誘導
される。この部分は工事は完了していない。
 左折しないでそのまま、北口方向に進んで構内から出ると、屋根付きの半円形の広
いスペース「ぺデストリアンデッキ」につながる。ここから3つ割れフォークのよう
に分かれて、北口駅前大通りを越えて、階段とエレベーターで地上に降りれるように
なる。真ん中の中央通路は、ペデストリアンデッキから、真っ直ぐに進むと途中で左
側にエレベーターがあり、1階地上のリムジンバス乗り場に誘導され、右側の階段を
降りると地上部分へつながる。中央通路を更に進み大通りを越えると、右からエレ
ベーター、階段、エスカレーターがあり、反対側の歩道に降ります。
 東側デッキはシェラトンホテル前を、西側デッキはグランヴィア前を通り、大通り
を越え地上に誘導される。この開通に伴い、これまで使用していた南北方向の横断歩
道はなくなります。
〈気づきと問題点〉
 ぺデストリアンデッキから左方向に進み、2階グランヴィア入口へ行く所は階段が
3段あり、注意しないと転倒する。これはホテル側の音声案内などの対応が必要では
ないかと思われる。
 エレベーターの位置を知らせる音声案内があるとよい。この件は、市によると地上
での音声誘導案内の設置を考えているとのことであった。

A 広島駅ホーム
 1番ホームエスカレーターの上り口、各ホームの点字ブロックの近くに角張った鉄
柱があり、顔面を打つ危険がある。現在は薄いビニールで巻いてあるが、クッション
剤の入ったラバーを巻くことが必要である。

2.ビックカメラ周辺
 南口駅前から地下道の左側(西側)を進むと地下広場の左手前にビッグカメラ入口
があり、入ると金属性の点字ブロックでエレベーター前まで誘導され、音声案内のエ
レベーターで上がることが出来る。1階も点字ブロックで玄関入口へ、店内もエレ
ベーターまで誘導されていた。

3.八丁堀周辺
@ 流川通り
 三越横から流川筋を入って左側の歩道を歩くと、最初の左角にセブンイレブンがあ
り、その曲がり角に円柱のポールがブロック際に立っていて、顔面を打つ危険性があ
り、保護ラバーを巻くことが必要である。
 このあたりは歩道が狭く、立て看板や自転車の駐輪があったりして歩きにくい。ま
た、流川筋から薬研堀通りへの通りは点字ブロックがなくて歩きにくい。
A 広電八丁堀電停
 福屋前の広島方面の電車に乗るのに、道路幅が広くて、ホームに上がる場所が分か
りにくい。
 軌道部分を除いてエスコートゾーンで誘導し、音声信号機が鳴るときに連動して、
ホームに上がる位置で音が出るような装置(誘導鈴など)を付けるとよい。
 また、ここのホームに上がるとすぐに、軌道部分や道路に足を踏み外して、巻き込
まれないようにする接触防止柵が設置されている。他の電停でも設置されると良い。

4.並木通り周辺
 電車通りから金座街に入って、左に福屋、パルコを過ぎ、南へ進むと並木通りにつ
ながる。ここの場所は半円形状のロータリーになっていて、手前から歩いていくと段
があり車道に入りこむ。並木通りや左隣のアリスガーデンに行くのに方向が取りにく
い。
 この場所に並木通りにつなぐ、点字ブロックを右側、左側に敷設し誘導する必要が
ある。

まとめ
 今回の調査で歩行の安全性を確保するために、いくつかの問題点をあげる事が出来
た。
@ 駅ホームや流川通りにある点字ブロック際にある柱に保護ラバーを巻く事が必要
である。
A 銀座街から入って並木通りにつながる所に、点字ブロックを敷設することが必要
である。
B 広電電停ホームに上がれるように、エスコートゾーンなどの敷設、誘導鈴などの
設置をする等の対策が必要である。
C 広島駅の改修工事に伴う歩行誘導について、エレベーターの位置や、どこ方面に
つながる地点か等の音声案内や誘導鈴などが設置される必要がある。触地図で掲示さ
れるものは分かりにくい。
 なお、広島市の方から10月20日に広島駅北口構内、ペデストリアンデッキ周辺
の実地説明会がありました。高松さんの報告と併せて読んでいただくとよいかと思い
ます。


(2)広島市総合福祉センターと駅北側ペデストリアン
デッキについて(高松 豊)
 今年12月にオープンする、広島駅南側の総合福祉センターと、先月30日から供
用が開始された広島駅新幹線口ペデストリアンデッキについての情報です。
 総合福祉センターは、広島駅南側地下道直結の「BIG FRONT ひろしま」
の5階と6階にオープンします。このビルの地下2階から地上3階までは、ビックカ
メラが入っていて、その他にもいろいろな企業の事務所などが同じビルにあります。
 駅から建物までは、点字ブロックで誘導されていて、その外にも、シグナルエイド
などに対応した音声誘導装置が設けられているので、慣れれば迷わずに行くことがで
きると思います。シグナルエイドは、歩行時間延長信号機用小型送信機として日常生
活用具給付対象品にもなっているので、詳しくは、市視覚障害者情報センター、区役
所の障害福祉係などにお問い合わせください。
 広島市東部や府中町などから、バスで広島駅に到着した場合は、バスを降りて進行
方向に50メートルくらい歩くと建物1階の玄関に入ることができます。地下2階の
入り口、1階の入り口ともに、玄関からエレベーターまでは点字ブロックで誘導され
ます。
 エレベーターは、建物の駅側と川側にそれぞれ2機ずつ設置されています。ボタン
を押し、エレベーターが到着する直前に「左側のエレベーターが上に参ります」と
いったような音声案内があり、その後扉が開いて乗ることになります。エレベーター
は、外のボタン、エレベーター内のボタンとも点字表示があります。
 福祉センターは、5階に会議室や調理実習室、市身連の事務所などがあり、6階に
は、受付などがありました。
 それから、私たちが心身障害者福祉センターに行くときに通っている駅北口の様子
が、ペデストリアンデッキ供用開始とともに変わっています。
 心身障害者福祉センターに行かれる際、これまで皆様が広島駅北口を出られて渡っ
ておられたと思われる、新幹線口東交差点、南北方向の横断歩道(二葉通りのエス
コートゾーンが設置されていた横断歩道)が廃止となりました。
 ペデストリアンデッキは、新幹線口2階から駅を出てすぐに、東西方向の通路
(シェラトンホテル側から駅入り口を経てホテルグランヴィアまで伸びる通路)があ
り、その通路東端(グランヴィア前)、中央(新幹線口駅舎正面)、西端(シェラト
ンホテル側)の三か所に、南北に延びる通路が設置されています。心身障害者福祉セ
ンターへは、駅2階からまっすぐ中央通路を通ってそのまま二葉通りを渡り、そこか
ら階段やエスカレーター、エレベーターを使用して1階に降りて、あとはこれまで通
りの道を通っていくことになります。
 路面電車やバスで広島駅まで来られ、南口から地下自由通路を通って新幹線口に出
られた場合は、地下自由通路の階段を上がり、一つ目の警告ブロックを左折し、二つ
目の警告ブロックのところを右折し、そこからしばらく直進し、四つ目の警告ブロッ
クを右折するとすぐに次の警告ブロックがあるので左折し、階段を上り、階段を上っ
た後すぐに左に曲がり、最初の警告ブロックを右に曲がり、次の警告ブロックで右に
曲がると、ペデストリアンデッキ中央通路になるので、あとは上記と同じ方法で心身
障害者福祉センターに向かうこととなります。
右に曲がって中央通路に行く警告ブロックを反対に左に曲がると駅の建物2階にはい
ることができます。
 なお、新幹線口構内の歩道は、かなり轍があり、足元に注意して歩行する必要があ
ります。
 文章で説明するのはなかなか難しく、このようなわかりにくい説明しかできません
が、駅北口を十分な時間をとって見学されることをお勧めします。くれぐれも怪我の
ないようにご通行ください。


グランドソフトボールチーム「ミラクルボンズ」全国大会優勝報告(清田郁也)
 私たち広島県グランドソフトボールチーム「ミラクルボンズ」は、10月22日か
ら24日にかけて岩手県盛岡市で開催された第16回全国障害者スポーツ大会「希望
郷いわて大会」グランドソフトボール競技に、中国四国地区代表として出場し優勝、
昨年の和歌山大会に引き続き2連覇を達成することができました。
 初戦は、一昨年度優勝の強豪福岡県チームとの試合で、最終回に追い上げられる接
戦となりましたが、1点差の5対4で勝利しました。
 準決勝戦は岩手県チームとの対戦で、地元岩手県チームへの大きな声援にも負け
ず、落ち着いた試合運びで4対0と完封勝ちしました。
 決勝戦は優勝経験のある強豪三重県チームでしたが、エース星賀の力投と練習に裏
付けられたファインプレーが続出し、8対0と、準決勝戦に続いての完封勝ちで日本
一を決めることができました。
 この大会では、チーム一丸となって、自分たちの可能性やグランドソフトボールの
魅力を表現できたように思います。
 来年は、まだどのチームもなし得ていない、大会3連覇を目指し頑張っていきます。引き続きご支援ご声援を
よろしくお願いします。
posted by J-SYSTEM at 16:56| 視障協だより

2016年10月22日

視障協だより 平成28年10月20日 第137号

視障協だより 平成28年10月20日 第137号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒730-0052 広島市中区千田町一丁目9−43
広島市社会福祉センター内3階
TEL・FAX:082−249−7177
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp

?
【目次】
巻頭言……3

事務局より……5
(1)視障協事務局の移転について(予告)……5
(2)視障協用具部よりお買い得アウトレット商品のご案内…6

お知らせ……7
 青年部より講演会のお知らせ……7
 女性部より第2回研修会……8
 体育部より会員ふれあいグランドソフトボール大会……9
 社会部より日帰りバスツアー追加募集……11
 あはき部より平成28年度中国ブロック三療研修会……12
広島国際映画祭「母と暮せば」バリアフリー版ご招待…14

報告事項……15
青年部より
(1)第62回全国盲青年研修大会(千葉県大会)……15
(2)中国ブロック盲人福祉大会青年部会……18



【巻頭言 (会長 川本正行)】
秋分の日から約一カ月、秋真っ盛りとなりました。スポーツの秋、グランドソフトボール広島県チーム(主力は
広島市の部員)が10月22日から24日に岩手県で開催される第16回全国障害者スポーツ大会に中四国代表
として参加しております。昨年同様に優勝してくれる事を願い心の中で応援して下さい。もうひとつは、広島東
洋カープが日本一に輝いてくれるかが大きな楽しみです。
9月は行事が立て込みました。3日は市身連の政令指定都市福祉団体連絡協議会で、神戸市のANAクラウンプラ
ザ神戸に行きました。全体会議に続いて視覚障害者分科会に参加しました。各団体の要望事項や悩み事はどこも
余り変わりませんが、福祉サービスについては、広島市は良好な方です。事務所もちゃんと無いところも有りま
すし、視覚障害者情報センターや点字カラオケ貸し出しが有るのも広島市だけだと思います。同行援護利用時間
も60時間以下がほとんどで、40時間の市も有りました。社会参加促進事業が充実しているのも群を抜いてお
ります。利用できるサービスはしっかりと利用して、少しでもより快適な日常生活を送りましょう。
翌4日は日盲連の臨時評議員会で、神戸から東京に行きました。議題は、厚生労働省が社会福祉法人の制度改革
を求めてきたために、定款の変更案を評議員に提示して意見を求めるためでした。翌5日には、厚労省の担当官
よりなぜ社会福祉法人の制度改革が必要かという説明会がありました。
10日・11日には、第65回日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会に24名で参加しました。会場はおな
じみのロイヤルホテル岡山で、一日目は各団体の提出議題を5つの分科会に分かれて審議したものを、全体会議
に報告して承認しました。続いて日盲連竹下会長の中央情勢報告が有り、相模原市で発生した障害者施設での大
量殺傷事件や、盲導犬ユーザーの地下鉄ホームからの転落死事件、岡山短大准教授山口雪子さんが不当な配転の
取り消しを求めて提訴している事例などを挙げて、お金がない者や社会の役に立たない者を排除するようになれ
ば福祉は無いと語られました。夕食の交流会では中国地域の仲間と親睦を深めました。
交流会が終わってから、カープが東京ドームで25年ぶりの優勝を決めたので、広島市の参加者で喜びを分かち
合いました。二日目は、大会式典に続いて議事が行われ、昨日全体会議で承認された議案をまとめた大会宣言案
及び大会決議案を参加者全員の拍手で承認しました。最後に盲人カラオケ大会が行われて、楽しいひと時を過ご
しました。この度は貸し切りバスでの参加だったので、往復の時間も楽しい道中になりました。 
 9月は雨が多いせいか虫の音があまり聞こえてきません。10月は秋らしい空の高い日が多くなってほしいも
のですがどうなるでしょうか。過ごし良い季節になりましたので健やかにお過ごし下さい。


?
【事務局より】
(1)視障協事務局の移転について(予告)
長年定時総会や新年祝賀会、教室・講習会等でご利用いただいた広島市社会福祉センターが、本年11月25日
(金)を以て閉館します。
これに伴い、視障協事務局は12月1日より下記へ移転いたします。
****************************************************
〒732−0052
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター 4階
****************************************************
移転準備のため11月28日(月)から11月30日(水)まで休業、12月1日(木)・2日(金)は電話対
応のみとなります。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。
なお、新たな電話番号等、詳細は11月の視障協だよりでお知らせします。


?
(2)視障協用具部よりお買い得アウトレット商品のご案内
購入を希望される方は、視障協高橋までお電話ください。
*商品名、販売価格(旧価格)、販売個数の順
@ タッチメモ 10,000円(38,000円)1個
A セイコーポケットトーク2,000円(5,400円)1個
B セイコーポケットトーク3,000円(5,400円)1個(新品)
C ワンセグ対応ミニラジオ 3,000円(7,560円)1個
D おしゃべりクロック「ゆーくん」 
1,000円(3,200円)1個
E LEDフラッシュライト 2,000円(4,700円)1個
F 音声電卓 1,500円(3,440円)1個(新品)
G 小型拡大読書器「ズームポケット」 
20,000円(39,000円)1個
H 小型拡大読書器「デジルーペ」10,000円(18,900円)1個
I ICタグレコーダー「i-Pen」(旧モデル)
10,000円(20,370円)1個



【お知らせ】
青年部(部長 臼井利明)
☆講演会のお知らせ
カクテルは奥深い魅力のある飲み物です。ベースとなるアルコールだけでも、ジン、ウオッカ、ラム、テキーラ
などがありますが、ノンアルコールのものや、日本酒や焼酎を用いたものも存在します。
一杯に込められた創意工夫の数々、その道に携わる専門の方からお聞きできる貴重な講演です。これまでカクテ
ルにご縁の無かった皆さんも是非ご出席ください。
日時:11月3日(木・祝日) 13時30分〜15時30分
会場:広島市心身障害者福祉センター 3階講習室(東区光町)
講師:小山仁史氏 ホテルグランヴィア広島 メインバー・ロビーラウンジ統括支配人
テーマ:「カクテルの歴史とトレンド」
定員:40名(参加者1名に対して付添者1名同席可能)
申込:10月31日(月)正午までに視障協事務局へ。
参加費無料。


女性部 (部長 浦上由美子)
☆第2回研修会
第2回研修会は、総会でご提案いただいた「テーブルマナー」を企画しました。味覚の秋、街の素敵なレストラ
ンで、洋食のテーブルマナーを学びながら、楽しいランチタイムを過ごしませんか?皆様のご参加をお待ちして
おります。
日時:11月13日(日)11時30分〜13時30分(予定)
場所:レストラン アル・マンドリーノ
 (広島市中区大手町2−8−4 パークサイドビルB1F、

講師:視障協料理教室 吉田淳子(よしだじゅんこ)先生
集合:11時15分までにパークサイドビル1階岡三証券前
内容:洋食のテーブルマナー
対象:広島市在住の視覚障害者(身障者手帳所持者)と視障
協会員
費用:3,500円 (税込み・付き添いも同額)
定員:先着26名 (付き添いも含む)
申込:11月2日(水)までに視障協事務局へ


体育部(部長 土居 京子)
☆会員ふれあいグランドソフトボール大会
 体育部主催「会員ふれあいグランドソフトボール大会」のご案内です。
 今年度も広島県グランドソフトボールチームの皆様にご協力いただいて、ふれあい大会を開催します。広島県
グランドソフトボールチームは現在全国優勝2連破を目指しておられます。今年も中四国代表として国体出場で
す。ふれあい大会では、その結果もお知らせいただけると思います。こちらも楽しみにしていましょう。
 さて、今年度のふれあい大会もピラティスを取り入れようと思います。運動した後のピラティスは、心身のク
ールダウンになり、とても気持ちがいいです。
 ふれあい大会では、基礎練習後に、チームに分かれて試合形式でゲームを行っています。グランドソフトが初
めての方、スポーツになかなか繋がらない方、ピラティスに興味がある方、年齢も問いません。是非ふれあい大
会に足を運んでみてください。秋の空気の中で、無理なく楽しく一緒に体を動かしましょう。
日時:11月13日(日)9時40分〜15時30分
場所:広島県立広島中央特別支援学校(旧名:盲学校)グランド・体育館
参加費:1,000円(昼食代、飲料代、講師謝礼他。付添参加も同額)
持参物:運動のできるジャージやスニーカー、ヨガマットかバスタオル 
※体育館シューズが必要な方はお持ち下さい。なくても構いません。
集合:グランド
※グランドまで自力が難しい方は、体育部の土居まで御相談ください。TEL090-1682-0006(18時以降)
日程:
9:40 グランド集合完了 ※更衣室がありますので、着替えを済ませてグランドに9:40に御集合ください。
9:40〜10:10 開会式、準備体操、チーム打ち合わせ
10:20〜11:20 第1試合(60分)
11:20〜12:20 昼食、休憩
12:20〜13:40 第2試合(80分)
14:00〜15:00 ピラティス(体育館)
15:00〜15:30 閉会式、表彰式、解散
申込:11月5日(金)までに視障協事務局へ、視力状況・当日連絡が取れる電話番号(雨天時の連絡が取れる
番号)・グランドソフト経験の有無・自力グランド集合の可否・付添いの有無(付添の大会参加と昼食の有無)
をお知らせください。



社会部(立石 敬一)
*日帰りバスツアー追加募集
 前号の視障協だよりでご案内した、世界的産業遺産「マイントピア別子」トロッコ探検と石鎚神社を参拝する
日帰りバスツアーへ、ぜひ奮ってご参加ください。
日時:11月20日(日)
参加費:3,500円(交通費・昼食・利用料・保険含む)
定員:40名
申込:11月10日(木)までに視障協事務局へ
行程:8:00広島駅新幹線口タクシー降り場集合
8:10出発 → 8:30広島東IC → 福山西IC・今治IC(山陽自動車道・しまなみ海道・松山道経由)→
 11:00新居浜IC → 11:20〜13:20世界的産業遺産「マイントピア別子」トロッコ探検&昼食
 → 14:00〜14:40霊峰「石鎚山」総本宮「石鎚神社本社」参拝 →16:00今治IC(しまなみ海
道・山陽道経由)→ 18:00広島東IC →18:20広島駅着



あはき部(部長 仲前暢之)
☆平成28年度中国ブロック三療研修会
広島県視覚障害者団体連合会と広島市視覚障害者福祉協会共催の、平成28年度中国ブロック三療研修会を開催
します。
会員の皆様方の多数のご参加、ご協力をよろしくお願いいたします。
日時:平成28年11月26日(土)〜27日(日)
会議・研修会:広島市心身障害者福祉センター
〒732-0052 広島市東区光町2丁目1番5号
電話 (082)261−2333
宿泊・懇親会:ホテル広島ガーデンパレス
〒732-0052 広島市東区光町1丁目15番21号

日程:
1日目:11月26日(土)
会議 3階講習室
 14時〜14時20分 受付
 14時30分〜17時40分 中央情勢報告並びにディスカッション
 18時〜20時 懇親会
2日目:11月27日(日)
研修会 2階第1・第2会議室
 9時30分〜9時50分 受付
 10時〜12時15分 講演
   講師 学校法人朝日医療学園
      朝日医療専門学校講師 相川貴裕先生
   演題 「動かしながらの手技療法」
 12時15分〜13時 昼食
 13時〜15時15分 実技
「動かしながらの手技療法」
参加費用:
@ 研修会受講料 2,000円(2日目昼食代含む)
※介助者は受講料無料、
ただし昼食を希望される場合1,000円
A 宿泊費 7,000円
B 懇親会費 7,000円
申込:11月2日(水)までに、視障協事務局へ。



広島国際映画祭「母と暮せば」バリアフリー版ご招待
広島国際映画祭の主催者より、映画「母と暮せば」のバリアフリー版上映に招待とのご案内をいただきました。
鑑賞ご希望の方は、10月31日(月)までに視障協事務局へ。
招待者数:視覚障害者30名(付添1名同伴可)
上映作品:「母と暮せば」バリアフリー版
主演:吉永小百合・二宮和也
監督:山田洋次
上映日時:11月13日(日)
9時半〜11時40分(開場9時)
※11時40分〜12時10分
 舞台挨拶(吉永小百合)
会場:NTTクレドホール
(中区基町6−78 基町クレド11階、502-3430)



【報告事項】
青年部(部長 臼井利明)
(1)第62回全国盲青年研修大会(千葉県大会)
9月3日(土)・4日(日)において、第62回日盲連全国盲青年研修大会(千葉県大会)が、日盲連青年協議
会並びに千葉県視覚障害者福祉協会主催で、ホテルポートプラザちばを会場に開催されました。本会青年部から
は、5名が参加しました。
3日は代表者会議が滞りなく進み、一括審議・承認が行われました。
その他新しい取り組み案として、インクルーシブ教育に関するアンケート調査が予定されている旨報告がありま
した。
その後、分科会では、本会青年部から、以下の2議題を発表しました。
・量販店などにおけるクレジットカード加入申し込み手続に対して、職員による代筆を義務化していただきたい

・視覚障害者自営業者に対して、業務遂行をあらゆる面から支援できるヒューマンアシスタント専門員精度の新
設を要望する。
どちらも青年協議会として来年の日盲連全国大会に発表する議題としては、採択に至りませんでしたが、概ね参
加された皆さんには共感いただけたと思います。
今後も青年層の観点から地方提出議題の提言を続けていきたいと思います。
夕方からは、歓迎夕食交流会が行われ、元気あふれる青年層の司会進行のもと、活気のある時間を過ごす事がで
きました。
4日は大会式典のほかに研修会として、NPO法人モンキーマジック代表 小林幸一郎氏による、障害者も楽し
めるフリークライミング講演会と、ゲームデザイナー 濱田隆史氏による、視覚障害者も遊べるボードゲーム体
験会が行われました。
大会の最後には、基調講演として、「ネパールの視覚障害者の現状と日本の盲青年に期待すること」というテー
マで、筑波大学准教授 ラミチャネ・カマル氏のお話も拝聴しました。なお大会式典で発表された大会決議は以
下のとおりです。
・大規模災害時に避難情報等を視覚障害者に迅速かつ的確に伝えるためのシステムづくりと、避難所における障
害特性に配慮した対応を強く要望する。
・鍼灸マッサージ師の権益と国民の安全を守るため、鍼灸マッサージは有資格者のみが行えることを広く社会に
啓発し、あはき業の健全な発展を阻害する無資格医療類似行為の積極的な取締とその一掃を強く要望する。
・行政機関や民間企業に雇用されている視覚障害者への職場介助者制度のさらなる充実と、あはきをはじめとす
る自営業者への職場介助者制度の新設を要望する。
・改正障害者雇用促進法の理念に則り、視覚障害者が、募集、採用、配置、賃金など、あらゆる場面で不当な差
別的取り扱いを受けず、合理的配慮のもとやりがいを持って仕事をすることのできる就労環境の実現を求める。
・障害者総合支援法の支給量の決定において、現在生じている地域間格差を解消するとともに、個々の障害者の
ニーズに対応した支援制度の実現を強く要望する。
・行政機関や教育機関、公共交通機関、飲食店、宿泊施設、各種娯楽施設等のあらゆる業種において、障害者差
別解消法の理念に従った適切な合理的配慮が提供されるよう要望する。
・公共施設や交通機関において、弱視者も全盲者も安全で快適に移動できるよう、音響式信号機やエスコートゾ
ーンなどのハード面と、事業者による誘導体制などのソフト面の充実を要望する。
・視覚障害者の安全な移動を確保するため、歩きスマホの規正や自転車利用者のマナー向上などを要望する。
・家電製品やIT機器の開発において、使いやすい操作ボタンや音声ガイドが充実するとともに、点字、拡大文
字、ウェブサイト等により視覚障害者に充分な情報提供が行われるよう要望する。
・多くの視覚障害者の情報源となっているテレビ放送において、より多くの番組に音声解説を付加し、緊急放送
の字幕を音声化するよう要望する。
・金融機関の窓口、ATM、ネットバンキング等での金融取引、クレジットカード契約や、各種会員登録手続を
、視覚障害者も支障なく行えるようハード、ソフト両面の改善を要望する。
次年度の同大会は、8月26日(土)・27日(日)に鹿児島県視覚障害者団体連合会が担当され開催されます




(2)中国ブロック盲人福祉大会青年部会(高松 豊)
9月10日と11日に行われた中国ブロック盲人福祉大会(岡山大会)、青年部会には、11名の代表者が参加
され、広島県、広島市、鳥取県、岡山県から議題が提出され、意見交換しました。
広島県からは、音響信号の増設と、稼働時間の延長を要望するという議題が出されました。
ここで言われていた稼働時間とは、時間帯ではなく、具体的には歩行者の青信号の時間を延長してほしいという
ものでした。
音響信号増設は、以前から言われている課題であることは共通認識として確認できたと思います。青信号の時間
延長に関しては、シグナルエイドなどの歩行補助装置を携帯することで、延長可能な信号があることや、押しボ
タンを押して、青信号の時間延長を行える信号機があることなどが紹介されました。
鳥取県からは、スマートフォンの普及に伴い、すべての機種を、視覚障害者が安心して使えるものにしていただ
きたいという議題が出されました。これに関しては、スマートフォンと言っても、多様な機種があり、機能も多
様であることから、すべての機種を視覚障害者が利用しやすいものにするということは難しいのではないだろう
か、それよりも、視覚障害者が利用しやすいスマートフォンの開発を進めるように取り組んでいったらどうだろ
うかという意見が出されました。
岡山県からは、いわゆる歩きスマホや、点字ブロックの上に物を置かないなど視覚障害者の安全な歩行環境の呼
びかけをしてほしいという要求が出されました。
これに関しては、実際に歩きスマホをしている人と衝突したり、点字ブロック上の自転車につまずいて転倒した
などといった体験が口々に語られました。
広島市からは、改正障害者差別解消法に基づく「合理的配慮指針」に、視覚障害者の業務遂行に対して必要に応
じての人的サポート「ヒューマンアシスト」を行うこと、という項目を追加してほしいという議題を提出しまし
た。
これは、先ごろ岡山短期大で起こった、視覚障害を持つ山口准教授に対し、ゼミの授業中に飲食していた学生に
気づかなかったことや、無断で教室を出る学生を見つけられなかったことなどを理由に、授業や卒業研究の担当
から外され、研究室からの退去を命じられるという言語道断で許しがたい差別的な事例が発生し、しかも人的サ
ポートができないという合理的な理由も大学側からの合理的な説明もなく一方的な対応がとられているという状
況になっていることから、視覚障害者の職域拡大には、人的サポートが必要不可欠であるという思いから議題提
出しました。職域拡大は、今後取り組むべき課題であるという共通認識は得られたのではないかと考えています

その後行われた全体会では、山口先生ご本人が来られ、事件の経緯や、今行われている大学側との裁判の経過な
どを説明され、支援を訴えられました。
posted by J-SYSTEM at 04:07| 視障協だより

2016年09月23日

視障協だより 平成28年9月20日 第136号

視障協だより 平成28年9月20日 第136号

発行責任者 川本正行


公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒730-0052 広島市中区千田町一丁目9−43
広島市社会福祉センター内3階
TEL・FAX082−249−7177
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp

?
?

【目次】

巻頭言……3
事務局より
1.視障協事務局での視覚障害者用品取扱いについて……5
2.広島市視覚障害者情報センターについて……9
お知らせ
福祉環境部 街点検……10
青年部 (1)レクリエーション……11
(2)第2回講演会(予告)……12
女性部 (1)メニュー事業 編み物教室担当者交代……12
(2)第2回研修会(予告)……12
社会部 日帰りバスツアー……13
広島市より、「災害に備えた情報提供に関する意向調査」…13
報告事項
情報システム部、視覚障害者向け夏のパソコン講座……14
女性部、第62回全国盲女性研修大会(福岡市)……14


?

【巻頭言(会長 川本正行)】
猛暑が続いた今年の夏も8月末からは気温が下がり、秋近しと一息つきました。
 夏の高校野球やリオ五輪も終わりましたが、広島東洋カープは25年ぶりの優勝を目指して快進撃を続けてお
ります。8月24日の巨人戦でマジック20を点灯させるや31日までにマジック10までに減少させました。
この視障協だよりが届くころには優勝して広島の街がお祝いで盛り上がっていることだろうと想像しております
。私達ラジオ桟敷でも久しぶりの喜びを分かち合いましょう。
 ところで9月1日は「防災の日」、災害に備えて心の準備や三日分ぐらいの食料や飲料水を準備しておくなど
の防災対策は大切です。自力で出来ることは日常的に心がけて、いざという時に備えておきたいものです。広島
は災害がなくて良いところだと多くの皆様が話しておられましたが、2年前の大災害が起きてしまいました。災
いは忘れたころにやって来るともいわれております。又、備えあれば憂いなしともいわれております。皆さま頑
張って下さい。
 話は変わりますが、東京の地下鉄で盲導犬を連れていた視覚障害者がホームから転落して死亡されました。日
盲連もさっそく陳情活動などに取り組んでおりますが、乗降客の多い東京などではホーム柵等の設置が進むでし
ょうが、地方には早急には回ってこないと思われます。自らの安全は自力で守らなければならないと思っており
ます。私も数年前に広島駅の7番ホームから転落したことがあります。その時には運良くすぐには列車が来なか
ったので、荷物と白杖をホームに挙げてからホームに両手を掛けて腰まで飛び上がって近くに居られた数人の方
に引き上げて頂きました。後で考えたところでは、自信過剰で人波を迂回して歩いていたからだと思います。こ
れまでに聴いた転落死をされたニュースでも、自信を持って自力で良く活動されている方が多かったように思い
ます。どうか皆様も自力でどんどん歩ける人や少しだけ見える人は、ホームなどでは少し歩調を緩めて慎重に歩
いて下さい。歩きスマホや荷物などを点字ブロックの上に置いている人もいてとても危険です。
9月22日は秋分の日、これからは夜の時間が少しずつ長くなってきます。本格的な秋ですね。何をするにも良
い季節ですが、特に読書は私達にも随分と親しみやすくなりました。中でもデイジー図書やサピエ図書館は、視
覚障害者の読書環境を大きく広げてくれました。まだ利用しておられない方は県立視覚障害者情報センターの会
員になって、読書の秋を満喫して頂きたいと思います。少なくとも「愛盲時報」が読めない方は日盲連アワーを
聴いて頂きたいところです。日盲連の動きが毎月掲載されております。
これからは、収穫を祝う秋祭りやフードフェスティバルなども盛んに行われます。新鮮な食材を仕入れて、暑さ
で衰えた体力を回復させたいものです。そして元気になって視障協の活動にもご参加、宜しくお願い致します。
?


【事務局より】

1.視障協事務局での視覚障害者用品取扱について
(1)点字用紙類・便利グッズの電話注文を事務局で承ります。
 商品はご自宅へ直送いたします。商品代金は、必要事項を記載した郵便局払込用紙をお送りしますので、郵便
局から払い込み下さい。
(2)音声機器・パソコンソフト等は、ご自宅へお届けし、ご集金します。
 お届け時に、ボタン操作など基本的な使用方法を説明します。
 パソコンソフトは、インストール作業と、ソフトの設定を行います。
(3)音声機器類・拡大読書器などは、申請いただくと、原則1割負担で給付が受けられます。
視障協では以下のようなものを取り扱っております。
●拡大読書器
 文字を拡大するだけでなく、白黒反転など見えやすい色の組み合わせに切り替えることもできます。
*据置型は画面が大きく、表示される範囲や文字が大きくなります。新聞など大きなものを読むのに向いていま
す。読んでいる行がわかりやすいように、二本線の表示や不要な部分を隠す機能があります。
*携帯型は画面が小さいですが、ポケットやかばんに入れて持ち運べるサイズです。家の中だけでなく、外出先
でバスの時刻表や商品の値札などを見るのにも使えます。写真保存機能付き商品もあります。
*音声式は機械が文書を読み取って内容を解析し、音声で読み上げます。機械が紙に書いてある文字やその読み
方を判断して読み上げますので、読み取り間違いや読み上げ間違い等があります。手元にある書類に何が書いて
あるのか全く分からず困っている方には、ある程度内容を判断する手助けになります。
●デイジー図書録音再生機器(プレクストーク)
 デイジー図書を録音再生するための機器です。
*PTR2は、本体でデイジーCDが簡単に再生でき、録音機能もあります。4月から市民と市政もデイジーC
D版が発行されていますので、カセットテープの機械が壊れて市民と市政が聞けなくなっていた方は、ぜひこの
機器でデイジー版の市民と市政をお聞きください。
*リンクポケットPTP1/LINKは携帯型の本体です。インターネット上の「サピエ図書館」からデイジー
図書のデータを本体に取り込めます。附属品の機器を接続すればデイジーCDを聞いたり、本体に取り込んだり
できます。
●点字ディスプレイ(ブレイルセンス・ブレイルメモ)
ディスプレイに表示された内容を、点字のピンで読み取るための機器です。6点入力により、点字でメモを取る
こともできますし、とりこんだ点字のデータを読むこともできます。
*ブレイルセンスシリーズは音声ガイド付きで、点字文書、テキスト文書の読み書きができるほか、ウェブアク
セス、電子メール、デイジー図書や音楽の再生、GPS機能やコンパスなど多機能です。
*ブレイルメモシリーズは音声ガイド付きで、ディスプレイ機能に加えて点字文書の作成・編集、音声図書の再
生やメモ録音、墨字文書の作成・編集が出来ます。
●音声体温計・音声体重計
 測定の手順や、測定結果を音声で読み上げます。
●卓上型電磁調理器(音声ガイドセンサー式、ダイヤル式)
 火を使わずに安全に調理ができます。用途に応じて2タイプからお選びいただけます。
*音声ガイド付き、揚げ物やタイマー調理ができるタイプ(指が触れると動くセンサー式ですが、操作しやすい
よう加工済)
*確認音なし、温めや保温向き、ダイヤルつまみを右か左にひねるだけの機能を絞った簡単操作タイプ
●触読時計(アナログ時計タイプ、振動触感タイプ)
 触って時刻を知る時計です。音を出さずに周りの人に気を遣うことなく時間を知りたい方、腕時計の音声が聞
き取りにくい方に向いています。
*アナログ時計タイプは、長針・短針を指で撫でて現在時刻を確認します。使い慣れた人向きです。
*振動触感タイプは、ボタンを押したときに振動する回数の組み合わせで現在時刻を確認します。腕時計型とキ
ーホルダー型があります。
●音声時計(デジタル腕時計、置時計、携帯型)
 ボタンを押すと音声で時刻を読み上げる時計です。
*腕時計は、現在時刻とアラーム・時報・ストップウォッチ機能があります。
*置時計は、電波時計で時間が正確です。現在時刻とアラーム・時報・カレンダー・温度湿度・オートスピーキ
ング(15分間だけ1分ごとに現在時刻を読み上げる)機能があります。
*携帯型はポケットに入る大きさで、電波時計で時間が正確です。現在時刻とアラーム・時報・カレンダー・オ
ートスピーキング機能があります。
●パソコンソフト(音声読み上げソフト・画面拡大ソフト)
 パソコンの画面の情報を音声で読み上げたり、画面の表示を拡大したりするソフトです。Windowsの画面情報
を読み上げるスクリーンリーダーと、インターネットやメールなどの専用音声ソフトがあります。
●歩行時間延長信号機用小型送信機(兼音声案内装置発信機)
 青信号の時間を延長する機能がある信号機へ電波を送信する、携帯型の送信機で、音声案内装置も作動させる
ことが出来ます。
●活字文書読み上げ装置(音声コード読み上げ)
 公的機関等の文書に記載されている「音声コード(小さな点が集まった正方形のマーク)」を読み取って、文
書の内容を読み上げる機器です。対象品や対象者、使用年数、負担額等、一定の条件があります。
(4)白杖も申請いただくと、原則1割負担でお求めいただけます。
 対象品や使用年数、負担額等、一定の条件があります。
 商品に関すること、申請手続きに関するご質問、ご相談も受けておりますので、事務局高橋までお気軽にお電
話ください。
?
2.広島市視覚障害者情報センターについて
広島市視覚障害者情報センターは、日常生活用具と補装具の対象品の一部や、視覚障害者が使いやすい商品を体
験し選んでいただくために展示し、視覚障害に関する情報提供等を行う目的で広島市が設置した施設です。
商品を体験したい場合は情報センターへお越しください。
点字用紙や便利グッズ等一部の商品はその場でお買い求めいただくことができますので、大変便利です。ぜひご
利用下さい
----------------------------------------------------------
広島市視覚障害者情報センター
広島市中区富士見町11-27 広島市保健所等合築施設2階
電話 082-240-1220   開所時間 平日 9時〜17時
----------------------------------------------------------
*なお、電話での注文は視障協事務局へよろしくお願いします。
?

【おしらせ】
福祉環境部(高松 豊)
*街点検
福祉環境部では、これまで皆さまにご協力いただきながら街点検を実施し、交通バリアフリーに取り組んできま
した。
昨年は、新たに開業した新白島駅、整備が進んでいない西広島駅周辺、広島駅構内の調査・点検を実施しました

今年は、広島市社会福祉センターが11月で閉館し、12月には新たに広島駅南口に広島市総合福祉センターと
してオープンします。これに伴い、視覚障害者の利用がますます増えることを考慮し、改めて広島駅周辺、それ
から、広島市の繁華街でもあり、他県の方々も多く利用されると思われ、なおかつこれまで調査を行っていなか
った八丁堀周辺の調査点検を次の要領で実施します。どうぞ皆さまの参加とご協力をよろしくお願いいたします

日時:平成28年10月2日(日)13時〜17時
調査場所:広島駅周辺、八丁堀周辺。
調査内容:
 @点字ブロック,エスコートゾーンの敷設状況
 A音響信号機、音声誘導装置の設置及び作動状況
 B表示・掲示の見えやすさと安全確保
日程:
 13:00 広島駅南口音声時計の前に集合
 13:15〜16:15 調査、点検
 16:30〜17:00 調査報告会
 調査にご協力いただける方は視障協事務局か高松豊、田尾秀春まで連絡ください。
 また、日頃利用されている公共交通機関の利用、歩行環境について危険や不自由を感じられる状況や、音声案
内装置が作動していない箇所等がありましたら連絡ください。


青年部
(1)レクリエーション(本木芳浩・山中真澄)
青年部では、毎年部員の交流と、情報交換の場として、部員だけのレクリエーションを開催しています。
今年の開催日程は、10月16日(日)14時〜21時までです。(都合にあわせて途中参加や、途中退席も大
丈夫です)。
会場は、光町の広島市心身障害者福祉センター3階調理室です。
詳しい内容は来てのお楽しみですが、今年はみんなで美味しいものを作って、美味しく食べ、夏の疲れを吹き飛
ばし、料理が得意な人、洗いものが得意な人、食べることが得意な人、各自得意なものを持ち寄って自分らしく
輝いてみませんか?
会費:500円(付き添い1,500円程度)
まだ青年部に入っておられない60歳までの方も、これをきっかけに年会費1000円をお支払いの上、青年部
に入会されてみてはどうですか?
申込み:10月7日(金)12時までに、視障協事務局までお願いします。
役員一同お待ちしております。

?
(2)第2回講演会(予告)
カクテルはベースとなるアルコールと副材料などを用いて作製されるいろんな種類が存在する華やかな飲み物で
す。
オシャレなネーミングも多く、それに纏わるストーリーも魅力的です。作製技法や使用される器具などいろいろ
なお話をしていただける機会です。
日時:11月3日(木・祝日) 13時30分〜15時30分
会場:広島市心身障害者福祉センター 3階 講習室
詳細については、10月の視障協だよりでお知らせします。


女性部 (部長 浦上由美子)
(1) メニュー事業 編み物教室担当者交代
 平成28年9月1日付で本木里美さんから寺中久美子さんに変わりました。今後ともよろしくお願い致します


(2) 第2回研修会(予告)
 11月13日(日)に総会でご提案いただいた「洋食のマナー」を計画しております、詳しくは次号でお知ら
せいたします。

?
社会部(立石 敬一)
*日帰りバスツアー
 社会部では日帰りバスツアーを計画しております。世界的産業遺産「マイントピア別子」トロッコ探検と石鎚
神社参拝です。
日時:11月20日(日)
参加費:3,500円(交通費・昼食・利用料・保険含む)
定員:40名
締切:11月10日
申込先:視障協事務局まで
行程:8:00広島駅新幹線口タクシー降り場集合
8:10出発 → 8:30広島東IC → 福山西IC・今治IC(山陽自動車道・しまなみ海道・松山道経由)→
 11:00新居浜IC → 11:20〜13:20世界的産業遺産「マイントピア別子」トロッコ探検&昼食
 → 14:00〜14:40霊峰「石鎚山」総本宮「石鎚神社本社」参拝 →16:00今治IC(しまなみ海
道・山陽道経由)→ 18:00広島東IC → 
18:20広島駅着

広島市より、「災害に備えた情報提供に関する意向調査」
広島市からのお知らせです。
9月5日付で、身体障害者手帳1〜2級の方へ「災害に備えた情報提供に関する意向調査」に関する依頼文と調
査票、また福祉避難所に関する情報をお送りしております。調査票については情報提供への同意・不同意にかか
わらず、10月31日までに必ずご返信下さいますようお願いします。


【報告事項】
情報システム部(部長 前浜秀介)
*視覚障害者向け夏のパソコン講座
 今年度のパソコン講座を、7月24日・31日・8月7日に実施いたしました。
いずれの講座も、受講枠はすべて埋まり、好評のうちに終了する事ができました。
1回の講座は4時間と長時間でしたが、皆さん熱心に受講されておられました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

女性部(部長 浦上由美子)
*第62回全国盲女性研修大会(福岡市大会)
 第62回全国盲女性研修大会(福岡市大会)が8月21日(日)〜8月23日(火)の3日間にわたり、東ア
ジアに開かれた玄関口、歴史と文化の街福岡市(電気ビルみらいホール&共創館カンファレンス)で開催されま
した。女性部からは、1日目の全国委員会より浦上、2日目の代表者会議から山中、午後の研修会から寺中が参
加しました。

■2日目 午前の部(9時30分〜12時)
全国代表者会議
全国代表者会議承認事項は下記の通りで、すべて承認されました。
1.平成27年度事業報告・収支決算並びに監査報告
2.平成28年度運動方針・事業計画(案)並びに予算(案)
3.代表者会議ブロック提出議題について
 各ブロックから1題ずつ提出され、中国ブロックからは、「トイレの流す位置が確認しやすいよう、一定の規
格にしていただきたい。」特に強く要望されたのは、四国ブロックの「同行援護事業の支給量を1カ月50時間
以上とするよう要望する」でした。各県、市町村の財政により格差があるようです。
4.宣言(案)・決議(案)について
5.会報あかねについて
 103号6月・104号11月に発行。点字の購読200部数を切った。今後は情報交換としての役割も果た
したい。
6.平成29年度第2回代表者会議の持ち方について
 平成30年3月はオリンピック2年前でホテルが取りにくいと予想されるため、会議は日盲連センターで行う
。宿泊場所は各自で手配する。執行部に日程を早く知らせてほしいと要望した。
7.その他
熊本地震後、活動する部屋が取りにくいなど、不自由な生活をされている熊本県視障協女性部の皆さんを応援す
るため、義援金を募ることを提案された。式典の中で義援金154,546円が熊本県女性部へ渡された。

■ 午後の部  研修会(13時〜16時30分)
◎第1部 講演会
演題「ことばの花束(私らしく輝いて)」
講師 林田スマ(はやしだすま)氏
大野城まどかぴあ館長 ・フリーアナウンサー
内容 日々の生活の中で、悩みごとなどいろいろあるが、しっかり前を向き、歩いていくことが大事。そして暖
かい笑顔とやさしいことばがあれば、ともに輝いて生きることが出来る。涙あり笑いありの勇気付けられるお話
でした。
◎第2部 レポート発表・意見交換
テーマ「福祉サービスを利用して思うこと」
座 長:福岡県女性部部長 古田喜代美(ふるたきよみ)さん
    北九州市女性部部長 原田八千代(はらだやちよ)さん
助言者:日本盲人会連合副会長 小川幹雄(おがわみきお)氏、
日盲連女性協議会相談役 新城育子(しんじょういくこ)氏、 
福岡市高齢者・障害者部在宅サービス係長 伊籐政文(いとうまさふみ)氏
発表者は各ブロックから1名で、中国ブロックからは山口県の舛尾孝江(ますおたかえ)さんが「福祉サービス
を利用して思うこと」と題して発表された。大病をし、術後2年間週2日通院を続けることが出来たのも、ヘル
パー事業を利用することが出来た結果であり、深く感謝していると発表された。

■3日目
第1部 式典(10時〜11時)
第2部 議事・閉会式(11時10分〜12時)
1.議事
(1)代表者会議報告と承認
(2)研修会報告と承認
(3)宣言(案)の採択
(4)決議(案)の採択
2.閉会式
(1)次期当番団体代表挨拶(群馬県)
(2)閉会宣言
無事3日間の大会を終了しました。
posted by J-SYSTEM at 18:00| 視障協だより

2016年08月26日

視障協だより 平成28年8月20日 第135号

視障協だより 平成28年8月20日 第135号
発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒730-0052 広島市中区千田町一丁目9−43
広島市社会福祉センター内3階
TEL・FAX082−249−7177
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp

?


【もくじ】

巻頭言……2ページ
事務局より
日本盲人会連合より、九州地方地震に対する義援金の報告…4ページ
お知らせ
社会部より、治療奉仕……5ページ
青年部より、パソコン講習会……5ページ
報告事項
体育部より
(1)感覚訓練……7ページ
(2)ふれあいブラインドテニス大会……7ページ
青年部より、第1回講演会……8ページ
社会部より、納涼ビアガーデン大会……9ページ



【巻頭言(会長 川本正行)】
 会員の皆様、残暑お見舞い申し上げます。まだ暑い日が続いておりますが、お盆も過ぎましたのでこれからは
徐々に朝夕が涼しくなって来ると、楽しみにしております。
 7月10日、市身連主催の第64回広島市身体障害者福祉大会に参加しました。視障協からは21名、全体で
は12団体300名弱だと思います。
 第一部の式典は「ひろしま市民と市政」でおなじみの茺本佳代子さんの司会で進行し、向井会長の挨拶に続い
て会長表彰があり、更生援護功労3名と模範家族1名、そして今年度退任されました、ろうあ協会の磯野敦司会
長に感謝状が贈呈されました。ちょうど参議院議員選挙の投票日でしたが、大勢のご来賓のご臨席を頂きました
。来賓祝辞は広島市長 松井一實様(代読 健康福祉局長 川添康弘様)、市議会議長 永田雅紀様、衆議院議
員 公明党の斉藤哲夫様、自民党広島三区の河合克行様、広島二区の 平口洋様、その他にご臨席は 岸田文雄
様秘書、中川敏直様秘書、市社協常務理事 円奈勝治様、心障センター所長 久保智敬様でした。
 第二部は、今年はアトラクションとして「広島安芸の国 河内太鼓団」による太鼓の演奏を楽しみました。
 第三部は議事で、加盟12団体より提出された要望事項を文化部会で検討し、理事会で承認されたものを宣言
案・決議案として提出し、承認を頂きました。
 決議文は、8月8日に開催された要望の会で、障害福祉部長に要望書を渡しておりますが、なかなか実現出来
なくて、毎年のように粘り強く要望し続けております。回答を頂いたら、追ってお知らせしようと思います。
 これからは気候も良くなってまいります。諸行事や各種の教室、講演等多彩に予定されておりますので、会員
の皆様のご参加をお待ちしております。宜しくお願い致します。


【事務局より】
日本盲人会連合より、九州地方地震に対する義援金の報告
日盲連から九州地方地震に対する義援金の報告を、以下へ転載します。
1.第一次募集の締め切りが過ぎ、7月20日の中間取りまとめでは目標を大きく上回る合計1054万円を頂
戴しました。
ご協力いただきました日盲連加盟団体並びに会員の皆様には心より感謝申し上げます。
頂いた義援金は、被災された方々への見舞金、家屋の修繕費用、被災者が必要とする用具の購入費用の他、緊急
支援に当たった現地の方々への費用に充てさせて頂いております。

2.現在の被災地の視覚障害者の状況をご報告いたします。
熊本・大分の現地では、現在、一時避難所・福祉避難所への避難などの緊急避難段階から、仮設住宅への入居や
生活再建などの段階に移行しつつあり、今後は長期的視点に立った支援が重要となります。
しかし、仮設住宅に入居しても視覚障害者には周囲の状況もわからず、移動することが困難だという声が日盲連
に届いています。
周囲の自治体などから歩行訓練士を派遣するなど、制度上難しいと思われる支援も必要なことも明らかになって
おります。本連合としても引き続き熊本県視覚障がい者福祉協会及び大分県盲人協会並びに九州盲人会連合会と
連携して、長期的視点で被災した視覚障害者の支援を機動的に実施したいと考えています。



【お知らせ】

社会部(部長 風間光治)
*治療奉仕
今年も例年通り治療奉仕を行うこととなりました。会員の皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。
日時:9月6日(火)9時〜12時(終了後昼食を準備しております)
行先:神田山長生園(東区牛田新町1−18−1、228―9231)
集合:午前8時40分迄に、広島市社会福祉センター前(時間厳守)
申込:8月30日(火)までに、視障協事務局へ。
多数のご参加をお待ちしております。


青年部(久保亮)
*パソコン講習会
皆さんこんにちは。パソコン講習会担当の久保です。
視覚障害者が日常生活に役立てる情報機器端末の習得は今後も重要と思われる事から、昨年に引き続き、パソコ
ン、スマートフォン並びにタブレット端末機器の講習を行います。(らくらくスマートフォンは対象外)
IT業界も常に状況が変わっていきます。機器を購入しても、我々視覚障害者は、すぐには使いこなせなかった
り、操作が分からなくなることもあると思います。この機会に2時間という限られた時間ですが、講師の先生と
一対一の講習を受けられてはいかがでしょうか。講師は昨年に引き続き、山口美由貴先生です。
日時と会場:
9月25日(日)、社会福祉センター 6階第1会議室
10月3日(月)、社会福祉センター 1階研修室
10月9日(日)、社会福祉センター 6階第1会議室
10月23日(日)、社会福祉センター 6階第1会議室
時間はいずれも
@9時30分〜11時30分、A12時30分〜14時30分、B15時〜17時
定員:各1名。付添者の同伴は1名可能、見学のみは不可。
費用:無料
申込:開催日の1週間前までに視障協事務局へ、希望日時・機種・講習内容をお伝え下さい。講師が対応できる
機種であれば、受講者が使用されている端末の持ち込みも可。申込時にお知らせください(らくらくスマートフ
ォンは対象外)。
先着1名ですので、お早めにお申込みください。



【報告事項】

体育部(藤谷順子)
(1)感覚訓練
6月5日(日)に安佐南区上安の「クアリウムシャレー」にて、感覚訓練「水中体操」を行いました。参加者は1
0人でした。
講師の松村さんに運動指導してもらいながら30分程、主に歩行するための下肢、腰を中心に水中で運動を行い
ました。最後に脳トレ体操もして、体も脳もスッキリしました。
水の中は動きやすく、楽に体を動かすことができました。中には「少し物足りなかった」という声もありました

その後、プールを歩いたり、ジャグジー風呂や、アロマミストサウナに入ったり、皆さんそれぞれ色々楽しく過
ごされました。心地良くプールの中で、体を久しぶりに動かすことができました。
私も十年以上もプールに入ってなくて、久しぶりに楽しむことが出来ました。参加された皆様、有り難うござい
ました。
次回は全身の体操か、アクアビクスができたら良いかなと思っております。

(2)ふれあいブラインドテニス大会
ブラインドテニス大会を7月3日(日)12時半から16時まで、心身障害者福祉センター体育室で、中国地域ブ
ラインドテニス協会の皆様にご協力いただき行いました。参加者は5名で、初心者の方や、経験者の方も来られ
ていました。
基礎練習、応用練習、試合形式での練習を、弱視のコートと全盲のコートに分かれて行いました。中国地域ブラ
インドテニス協会の皆さんにアドバイスしてもらって、「いつもより、ボールを沢山打つことができました」と
喜ばれている方もおられました。
また来年も、会員の皆さんとブラインドテニスを楽しみたいと思っております。沢山の参加をお待ちしておりま
す。


青年部(志摩哲郎)
*第1回講演会
青年部の講演会を山中真澄さん、臼井さんと志摩で担当しています。
青年部では7月18日(月・海の日)に千田町の社会福祉センター4階大会議室において、「ユニバーサルデザイ
ンと歩導くん(ほどうくん)」というテーマで、トーワ株式会社会長・杉原司郎様に講演をしていただきました
。多数のご参加ありがとうございました。
講師の杉原様は、電気工事会社を経営されていますが、途中、病気で視力を失われたそうです。また、島根県松
江市の視覚障害者団体の相談役をされています。杉原様は、いろいろと思うところがあって、歩導くんを開発さ
れたそうです。
当日は、歩導くんを製造されている大阪の錦城護謨株式会社様のご協力により、4階エレベーター前から大会議
室までと、大会議室の中に、実際に歩導くんを設置して体験していただきました。
エレベーター前には30cm幅のもの(点字ブロックと同じ幅)、大会議室には人間の肩幅といわれている44cm幅の
ものを設置していただきました。誘導路に乗って歩くには、肩幅のものが歩きやすいということでした。体験さ
れた方はいかがでしたか。私はいつも視覚障害者情報センターの入り口とトイレとの間で使用している、30cm
幅のほうが慣れていて好きでした。
実際に2種類の歩導くんを1枚ずつ参加者に廻し、手に取って触っていただくことができました。歩導くんは、
両端の高さが低く、真ん中が高くなっているゴムでできたものです。私は、あんこがつまった四角い三笠饅頭の
ようだと感じました。
設置の際の粘着シートにも工夫があって、床を汚さない、キズ付けないシートになっているので、仮設、張り替
えなど自由にできるそうです。
歩導くんはさまざまな色があり、床とのコントラストも考慮されています。歩導くん自身にメッセージを印刷す
ることもできるそうです。暗いところで光ったりするものもあるらしく、健常者にとっても非常用誘導路にもな
るそうです。
また、点字ブロックと違って段差がやさしく、車いすや病院でのストレッチャーのようなものでも、スムーズに
歩導くんを乗り越えていくことができるそうです。
他にもいろいろとアイデアがあるそうで、今後も歩導くんは発展していくようです。楽しみですね。


社会部(立石敬一)
*納涼ビアガーデン大会
 遠くには瀬戸内海、そして眼下にはネオンの海を見ながら、7月24日にANAクラウンプラザホテルの23
階屋上で毎年恒例の納涼ビアガーデンを開催しました。
参加者18人。昼間は皆さんそれぞれ運動などの活動をされ、しっかり水分を抜いて来られていたようで、大い
に盛り上がりました。23階まで上がるとさすがに涼しく、正にその名の通り「納涼」という言葉がぴったりな
感じでした。
自己紹介ではそれぞれの近況報告などを聞く事が出来、皆それぞれ親睦を深められていたようです。約2時間で
したが楽しいひと時を過ごす事が出来ました。参加して下さった皆さん、有り難うございました。
posted by J-SYSTEM at 07:03| 視障協だより

視障協だより 平成28年7月20日 第134号

視障協だより 平成28年7月20日 第134号
発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒730-0052 広島市中区千田町一丁目9−43
広島市社会福祉センター内3階
TEL・FAX082−249−7177
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp



【もくじ】

巻頭言……2ページ
事務局より
(1)平成28年度会費納入について……3ページ
(2)平成28年度定時総会資料送付について……3ページ
(3)厚生労働大臣免許保有証申請受付について……3ページ
お知らせ
中国ブロック盲人福祉(岡山県)大会……4ページ
広島ガスグループより、第30回広響ホットコンサートご招待……6ページ
報告事項
女性部より、第1回研修会……7ページ




【巻頭言(会長 川本正行)】
会員のみなさま、暑中お見舞い申し上げます。7月18日は海の日、海洋国日本には
ふさわしい祝日ですね。子供たちも夏休みに入り、海水浴など海に親しむ季節でもあ
ります。しかし年をとるとあまりご縁がなくなりました。
 6月26日13時30分より広島市社会福祉センターホールにおいて、平成28年
度定時総会を開催致しました。正会員数269名(過半数135)、参加者56名、
委任状119通で総会は成立しました。ご参加いただきました皆様、委任状を送付し
て下さいました皆様、有難うございました。おかげさまで総会を無事に終わることが
出来ました。
 総会は事務局の高橋さんの司会進行のもと、式典では永年勤続理事の会長表彰を行
いました。30年清田郁也監事、20年風間光治理事、20年土居京子理事、10年
臼井利明理事、10年前浜秀介理事。長年にわたり、ご協力有難うございました。
ご来賓には、広島市長松井一實様の祝辞を健康福祉局障害福祉部長 福岡美鈴様の代
読で頂きました。続いて、本会顧問の市議会議長 永田雅紀様、同じく市議会議員 山
路英雄様よりご挨拶を頂きました。その他に広島市社会福祉協議会常務理事 円奈勝
治様、心身障害者福祉センター所長 久保智敬様のご臨席を頂きました。
 議事は高松豊理事の議長で進行して、平成27年度事業報告案並びに決算案を報告
して承認頂きました。会員の皆様からの提出議題やその場での質問などは有りません
でした。
 続いて交流会に移り、カラオケを聴きながら懇親を深めるひとときを過ごしました

毎年少しずつ参加者が少なくなっておりますが、現状ではやむを得ないのかと少し寂
しく感じております。
それから、熊本地震の義援金にご協力下さいまして有難うございました。総額75,
301円を6月30日に日盲連に送金いたしました。きっと被災地の視覚障害者の一
助となることと思います。
 これからもしばらくは暑い日が続きますが、皆さまお体に気をつけてお過ごし下さ
い。



?
【事務局より】
(1)平成28年度会費納入について
平成28年度の会費の納入をお願いします。未だ納入いただいていない方には、必要
事項を記載した払込用紙を同封しますので、最寄りの郵便局にてお支払いください。
なお行き違いの際はご容赦ください。
(2)平成28年度定時総会資料送付について
6月26日の定時総会を欠席された方には、定時総会資料を同封します。
(3)厚生労働大臣免許保有証申請受付について
前号でもお知らせしましたが、昨年度より、あんまマッサージ指圧師・はり師・きゅ
う師の免許証について、携帯できるカード型の「厚生労働大臣免許保有証(略称『携
帯免許』)」が、希望者に交付されることとなりました。携帯免許は、氏名・生年月
日・保有する登録免許の種類と番号・顔写真入りの非接触ICカードで、有効期限は
平成29年4月1日から5年間です。
今年度の受付期間は8月31日(水)まで、視障協では会員の方のみ受け付けます。
費用は、発行手数料と事務手数料・郵送料合わせて4,392円です。
発行を希望される方は、視障協事務局へご連絡ください。後日折り返し担当者より手
続きについてご連絡差し上げます。



【お知らせ】

中国ブロック盲人福祉(岡山県)大会
第65回日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会について、岡山県視覚障害者協会
より連絡がありましたので、下記の通りご案内します。

日時:平成28年9月10日(土)〜11日(日)

会議・宿泊:岡山ロイヤルホテル
    岡山市北区絵図町2−4、086−254−1111
  ※スポーツ部会(ボウリング体験)のみ、以下の会場で開催
     岡山フェアレーン(本会場隣接)
      岡山市北区清新町16−31、086−251−1111

日程:
1日目:9月10日(土)
 8時40分 広島駅新幹線口タクシー降り場、
または新幹線口1階改札を出たところに集合
 9時 貸切バスにて出発、途中昼食
 13時〜14時10分 分科会
   一般部会・あはき部会・女性部会・青年部会
 13時〜15時半 スポーツ部会(ボウリング体験)
 14時20分〜15時半 全体会
 15時40分〜16時50分 講演 
  講師 竹下義樹日盲連会長(予定)、演題 中央情勢報告(予定)
 13時〜17時 オセロ大会
 17時〜18時 会長・部長会議
 17時〜18時 カラオケ大会打ち合わせ
 18時半〜20時半 意見交換会

2日目:9月11日(日)
 7時半〜9時 朝食
 9時45分〜11時 中国ブロック盲人福祉大会
 11時10分〜12時半 カラオケ大会
 12時40分〜13時 表彰式と閉会式
   昼食、移動
 17時頃(予定) 広島駅到着、解散予定

費用:20,000円
貸切バス往復、宿泊、食事(1日目昼食・交流会、2日目朝食・昼食)

申込:7月27日(水)までに、視障協事務局へ。
?
広島ガスグループより「第30回広響ホットコンサート」ご招待
広島ガスグループでは毎年、公募による無料招待のコンサート「広響ホットコンサー
ト」を開催されていますが、今年30回目を迎えるにあたり、視覚障害者と介助者計
30名を招待したいとのご案内をいただきました。内容は以下の通りです。参加ご希
望の方は8月19日(金)までに視障協事務局へ、ただし先着30名で定員になり次第
締め切りますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
日時:平成28年9月4日(日)14時開場、15時開演、17時頃終了予定
会場:広島文化学園HBGホール(中区加古町3-3)
出演:指揮 阪哲朗(ばんてつろう)、ソプラノ 中嶋彰子(なかじまあきこ)、テ
ノール 吉田浩之(よしだひろゆき)、管弦楽 広島交響楽団
演目:
モーツァルト 歌劇『フィガロの結婚』より序曲「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」
歌劇『魔笛』より「何と美しい絵姿」
ロッシーニ 歌劇『ウィリアム・テル』序曲
ヴェルディ 歌劇『椿姫』より、第1幕への前奏曲、「燃える心を」、「乾杯の歌」
ヨハン.シュトラウス2世 喜歌劇『こうもり』序曲
レハール 喜歌劇『ジュディッタ』より「熱き口づけを」、喜歌劇『微笑みの国』よ
り「君こそわが心のすべて」、喜歌劇『ロシアの皇太子』より「誰かが来るでしょう

カールマン 喜歌劇『伯爵夫人マリツァ』より「さあ、ジプシー!」
レハール 喜歌劇『メリーウィドゥ』より「ヴィリヤの歌」
?


【報告事項】

女性部
*第1回研修会(本木里美)
 6月12日に、広島市社会福祉センター4階会議室で開催しました。
参加者は15名、今回は、視障協編み物教室講師の中川明子先生にご指導いただき、
スワロフスキービーズを使ってブレスレットを作りました。
 ブレスレットは、透明の伸縮する天蚕糸を通した縫い針に、大きさの異なる2種類
のビーズを通して作ります。
 最初は、ビーズに開いた穴を針先で探って見つけることが難しかったのですが、だ
んだんコツをつかんで、スムーズに通せるようになり、すてきなブレスレットが完成
しました。
 太陽や照明の光を反射してキラキラ輝くブレスレットを、この夏の装いの1つとし
て加えていただければ幸いです。
 ご参加くださった皆様ありがとうございました。
posted by J-SYSTEM at 07:01| 視障協だより

視障協だより 平成28年7月20日 第134号

視障協だより 平成28年7月20日 第134号
発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒730-0052 広島市中区千田町一丁目9−43
広島市社会福祉センター内3階
TEL・FAX082−249−7177
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp



【もくじ】

巻頭言……2ページ
事務局より
(1)平成28年度会費納入について……3ページ
(2)平成28年度定時総会資料送付について……3ページ
(3)厚生労働大臣免許保有証申請受付について……3ページ
お知らせ
中国ブロック盲人福祉(岡山県)大会……4ページ
広島ガスグループより、第30回広響ホットコンサートご招待……6ページ
報告事項
女性部より、第1回研修会……7ページ




【巻頭言(会長 川本正行)】
会員のみなさま、暑中お見舞い申し上げます。7月18日は海の日、海洋国日本には
ふさわしい祝日ですね。子供たちも夏休みに入り、海水浴など海に親しむ季節でもあ
ります。しかし年をとるとあまりご縁がなくなりました。
 6月26日13時30分より広島市社会福祉センターホールにおいて、平成28年
度定時総会を開催致しました。正会員数269名(過半数135)、参加者56名、
委任状119通で総会は成立しました。ご参加いただきました皆様、委任状を送付し
て下さいました皆様、有難うございました。おかげさまで総会を無事に終わることが
出来ました。
 総会は事務局の高橋さんの司会進行のもと、式典では永年勤続理事の会長表彰を行
いました。30年清田郁也監事、20年風間光治理事、20年土居京子理事、10年
臼井利明理事、10年前浜秀介理事。長年にわたり、ご協力有難うございました。
ご来賓には、広島市長松井一實様の祝辞を健康福祉局障害福祉部長 福岡美鈴様の代
読で頂きました。続いて、本会顧問の市議会議長 永田雅紀様、同じく市議会議員 山
路英雄様よりご挨拶を頂きました。その他に広島市社会福祉協議会常務理事 円奈勝
治様、心身障害者福祉センター所長 久保智敬様のご臨席を頂きました。
 議事は高松豊理事の議長で進行して、平成27年度事業報告案並びに決算案を報告
して承認頂きました。会員の皆様からの提出議題やその場での質問などは有りません
でした。
 続いて交流会に移り、カラオケを聴きながら懇親を深めるひとときを過ごしました

毎年少しずつ参加者が少なくなっておりますが、現状ではやむを得ないのかと少し寂
しく感じております。
それから、熊本地震の義援金にご協力下さいまして有難うございました。総額75,
301円を6月30日に日盲連に送金いたしました。きっと被災地の視覚障害者の一
助となることと思います。
 これからもしばらくは暑い日が続きますが、皆さまお体に気をつけてお過ごし下さ
い。



?
【事務局より】
(1)平成28年度会費納入について
平成28年度の会費の納入をお願いします。未だ納入いただいていない方には、必要
事項を記載した払込用紙を同封しますので、最寄りの郵便局にてお支払いください。
なお行き違いの際はご容赦ください。
(2)平成28年度定時総会資料送付について
6月26日の定時総会を欠席された方には、定時総会資料を同封します。
(3)厚生労働大臣免許保有証申請受付について
前号でもお知らせしましたが、昨年度より、あんまマッサージ指圧師・はり師・きゅ
う師の免許証について、携帯できるカード型の「厚生労働大臣免許保有証(略称『携
帯免許』)」が、希望者に交付されることとなりました。携帯免許は、氏名・生年月
日・保有する登録免許の種類と番号・顔写真入りの非接触ICカードで、有効期限は
平成29年4月1日から5年間です。
今年度の受付期間は8月31日(水)まで、視障協では会員の方のみ受け付けます。
費用は、発行手数料と事務手数料・郵送料合わせて4,392円です。
発行を希望される方は、視障協事務局へご連絡ください。後日折り返し担当者より手
続きについてご連絡差し上げます。



【お知らせ】

中国ブロック盲人福祉(岡山県)大会
第65回日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会について、岡山県視覚障害者協会
より連絡がありましたので、下記の通りご案内します。

日時:平成28年9月10日(土)〜11日(日)

会議・宿泊:岡山ロイヤルホテル
    岡山市北区絵図町2−4、086−254−1111
  ※スポーツ部会(ボウリング体験)のみ、以下の会場で開催
     岡山フェアレーン(本会場隣接)
      岡山市北区清新町16−31、086−251−1111

日程:
1日目:9月10日(土)
 8時40分 広島駅新幹線口タクシー降り場、
または新幹線口1階改札を出たところに集合
 9時 貸切バスにて出発、途中昼食
 13時〜14時10分 分科会
   一般部会・あはき部会・女性部会・青年部会
 13時〜15時半 スポーツ部会(ボウリング体験)
 14時20分〜15時半 全体会
 15時40分〜16時50分 講演 
  講師 竹下義樹日盲連会長(予定)、演題 中央情勢報告(予定)
 13時〜17時 オセロ大会
 17時〜18時 会長・部長会議
 17時〜18時 カラオケ大会打ち合わせ
 18時半〜20時半 意見交換会

2日目:9月11日(日)
 7時半〜9時 朝食
 9時45分〜11時 中国ブロック盲人福祉大会
 11時10分〜12時半 カラオケ大会
 12時40分〜13時 表彰式と閉会式
   昼食、移動
 17時頃(予定) 広島駅到着、解散予定

費用:20,000円
貸切バス往復、宿泊、食事(1日目昼食・交流会、2日目朝食・昼食)

申込:7月27日(水)までに、視障協事務局へ。
?
広島ガスグループより「第30回広響ホットコンサート」ご招待
広島ガスグループでは毎年、公募による無料招待のコンサート「広響ホットコンサー
ト」を開催されていますが、今年30回目を迎えるにあたり、視覚障害者と介助者計
30名を招待したいとのご案内をいただきました。内容は以下の通りです。参加ご希
望の方は8月19日(金)までに視障協事務局へ、ただし先着30名で定員になり次第
締め切りますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
日時:平成28年9月4日(日)14時開場、15時開演、17時頃終了予定
会場:広島文化学園HBGホール(中区加古町3-3)
出演:指揮 阪哲朗(ばんてつろう)、ソプラノ 中嶋彰子(なかじまあきこ)、テ
ノール 吉田浩之(よしだひろゆき)、管弦楽 広島交響楽団
演目:
モーツァルト 歌劇『フィガロの結婚』より序曲「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」
歌劇『魔笛』より「何と美しい絵姿」
ロッシーニ 歌劇『ウィリアム・テル』序曲
ヴェルディ 歌劇『椿姫』より、第1幕への前奏曲、「燃える心を」、「乾杯の歌」
ヨハン.シュトラウス2世 喜歌劇『こうもり』序曲
レハール 喜歌劇『ジュディッタ』より「熱き口づけを」、喜歌劇『微笑みの国』よ
り「君こそわが心のすべて」、喜歌劇『ロシアの皇太子』より「誰かが来るでしょう

カールマン 喜歌劇『伯爵夫人マリツァ』より「さあ、ジプシー!」
レハール 喜歌劇『メリーウィドゥ』より「ヴィリヤの歌」
?


【報告事項】

女性部
*第1回研修会(本木里美)
 6月12日に、広島市社会福祉センター4階会議室で開催しました。
参加者は15名、今回は、視障協編み物教室講師の中川明子先生にご指導いただき、
スワロフスキービーズを使ってブレスレットを作りました。
 ブレスレットは、透明の伸縮する天蚕糸を通した縫い針に、大きさの異なる2種類
のビーズを通して作ります。
 最初は、ビーズに開いた穴を針先で探って見つけることが難しかったのですが、だ
んだんコツをつかんで、スムーズに通せるようになり、すてきなブレスレットが完成
しました。
 太陽や照明の光を反射してキラキラ輝くブレスレットを、この夏の装いの1つとし
て加えていただければ幸いです。
 ご参加くださった皆様ありがとうございました。
posted by J-SYSTEM at 06:58| 視障協だより

2016年07月03日

視障協だより 平成28年6月20日 第133号

視障協だより 平成28年6月20日 第133号
発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒730-0052 広島市中区千田町一丁目9−43
広島市社会福祉センター内3階
TEL・FAX082−249−7177
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp

?



【もくじ】

巻頭言……2ページ
事務局より
(1)視障協事務局での用具取扱について……5ページ
(2)広島市視覚障害者情報センターについて……6ページ
(3)事務局の応対について……7ページ
(4)厚生労働大臣免許保有証申請受付について……7ページ
お知らせ
体育部より、ふれあいブラインドテニス大会……8ページ
青年部より、
(1)講演会……9ページ
(2)平成28年度行事担当役のお知らせ……10ページ
情報システム部より、夏のパソコン講座……10ページ
社会部より、納涼ビアガーデン大会……11ページ
女性部より、女性部結成50周年に当たって企画募集……11ページ
報告事項
第69回全国盲人福祉大会青森大会……12ページ


【巻頭言(会長 川本正行)】
広島では、とうかさんとともに梅雨がやって来ますが、今年はとうかさんが早いのでどうなりますかね。梅雨の
雨は稲作には無くてはならない恵みの雨だったのですが、最近では地球温暖化もあってか、豪雨災害が頻繁に起
きて恵みとは言えないことも多くなりました。今年はどうか、静かな梅雨でありますように、祈るばかりです。
 5月20日から22日、青森県で開催された第69回全国盲人福祉大会に寺中副会長、赤瀬書記、仲前あはき
部長の4名で参加しました。22日の福祉大会には女性部の山中さんがヘルパーと二人で加わって下さいました

20日には評議員会に出席しました。3月の評議員会で組織を二分するような役員改選を行った影響は残された
のか、常務理事が体調不良との理由で欠席されました。これまでに無いことでした。また、二人目の常務理事を
この度の総務会で承認を求めたいと言われておりましたが、推薦できず、鈴木元副会長が担当されていた事業部
長も不在のままでした。
 ただ今年度には、社会福祉法人の大幅な改革が打ち出されたようで、そちらもにらんで人選に時間がかかって
いるのだろうとよいほうに解釈しております。しかしその分団体活動は停滞するのではないかと心配しておりま
す。中国ブロックとしては島根県の小川会長が筆頭副会長で、あはき協議会長を兼任されますし、広島県の藤井
副会長が組織部長として活躍されているので応援していきたいと思います。
 日盲連平成28年度の運動方針の概要は次の通りです。
1、障害者差別解消法の施行を踏まえた取り組み。
本年4月1日にこの法律が施行されて、長年障害者団体が求めてきた、差別を解消するための法律は出来たが、
これからは国民に広く啓発して差別意識を解消することと、障害者個人が差別を受けたと意識した時に団体が取
りまとめて合理的配慮を求めてゆきたい。
2、障害者総合支援法の改正と制度改革に向けた取り組み。
(1)同行援護事業の充実と地域間格差の解消。
(2)意思疎通支援の拡大と確立。
点訳・音訳者の養成を充実させると伴に、代読代筆者の派遣事業を確立し全国の自治体に拡大する事が必要であ
る。
(3)65才問題に対する対応。
障害福祉サービスと介護保険制度への移行に基づく不満を解消していく。
(4)補装具日常生活用具の拡大と地域間格差の解消
3、動き出したあはき問題への対応。
(1)国民が一部負担であはきの施術が受けられる制度の制度化
(2)無免許無資格対策
(3)あはき施術者に対する支援としての合理的配慮の制度化
4、雇用就労。
5、大災害における減災と被災者対策。
(1)東北三県に対する支援の継続と、被害を風化させないための活動
(2)熊本大地震による被災者への支援
(3)都市直下型地震や東南海地震等に備えた対策
6、外出における 安全安心を確立するための活動。
(1)環境の整備
(2)歩行訓練士の配置基準を制定させるなどして、単独歩行がより可能になる条件を作る
(3)同行援護事業の拡充と地域間格差の解消
7、弱視者(ロービジョン)対策。
8、青年層や女性の結集と後継者の養成。
9、情報保障。
(1)点訳・音訳のための全国統一カリキュラムの作成
(2)代読・代筆制度の確立
(3)スマートフォンを中心としたICTの普及と研修
10、中途視覚障害者に対する支援。
(1)地域リハビリシステムの確立
(2)地域包括ネットワークの立ち上げ
11、政策能力の強化としての総合企画審議会の充実。
外部委員の登用や情報収集に力を入れる。
12、スポーツや文化活動を広げるための活動。
13、財政基盤の確立。
14、国際交流と国際貢献。
15、法人改革に備えた取り組み。
改正社会福祉法が平成28年3月31日に交付された。これに伴い社会福祉法人は平成29年4月1日までに定
款をはじめ、大幅な改革が出来なければならない。

 以上が掲げられた項目ですが、具体的にはどこから手をつけて、どのような活動をすると目的が達成できるの
かが厳しいものもありますが、長い目で取り組んでいくことになります。本会におきましても出来ることから活
動していき、視覚障害者の福祉の向上を目指して努力していきたいと考えておりますので、ご協力ご支援をお願
い致します。
 それでは定時総会で元気な声を沢山聞かせて下さい。ご参加をお待ちしております。
?
【事務局より】

(1)視障協事務局での用具取扱について
ご注文やご相談等、お電話で承っておりますので、ご利用ください。
配達方法:
@点字用紙類・便利グッズ
 商品はご自宅へ直送致します。
A音声機器
 ご自宅へ配達し、基本的な使用方法を説明します。
B音声ソフト
 ご自宅へ配達し、インストールと必要な設定作業を行い、簡単な使い方の説明を行います。
C日常生活用具・補装具制度をご利用の場合
日常生活用具の給付対象には以下のようなものがあります。
●視覚障害2級以上の視覚障害者のみの世帯、若しくはこれに準ずる世帯が受給できるもの
電磁調理器、音声体温計、音声体重計
●視覚障害2級以上の方が受給できるもの
歩行時間延長信号機用小型送信機、パソコン音声ソフト類、音声時計、触読時計、点字ディスプレイ、点字器、
点字タイプライター、ポータブルレコーダー(デイジー図書録音再生機)、活字文書読上装置(音声コード読み
上げ機器)
●等級に関わらず視覚障害者が受給できるもの
拡大読書器(墨字を画面拡大表示、又は音声で読み上げる機器)
また、補装具費の支給対象には以下のようなものがあります。
●等級に関わらず視覚障害者が受給できるもの
盲人安全つえ(白杖)
@普通用……直杖(一本杖)
A携帯用……折りたたみ式またはスライド式の白杖
B身体支持併用……サポートケーン(体を支えられる白杖)
現在広島市では、補装具として白杖2本の申請ができます。ただし、以下のいずれかの組み合わせの場合のみ申
請が可能です。
@普通用1本+A携帯用1本
B身体支持併用の直杖1本+B身体支持併用の折りたたみ式1本
(※同じ種類の白杖2本は申請できません。)
支払方法:
@商品を送る場合は、必要事項を記載した郵便局払込用紙を商品に同封又は別送にてお送りしますので、郵便局
から払込下さい。
A配達の場合は、商品お渡し時にお支払いください。
これらの商品の選定や手続きに関するご質問、ご相談を受けております。お気軽にお問い合わせください。

(2)広島市視覚障害者情報センターについて
広島市視覚障害者情報センターは、日常生活用具と補装具の対象品の一部や、視覚障害者が使いやすい商品を体
験し選んでいただくために展示し、視覚障害に関する情報提供等を行う目的で広島市が設置した施設です。
商品を体験したい場合は情報センターへお越しください。便利グッズ等一部の商品はその場でお買い求めいただ
くことができますのでご利用ください。
------------------------------------------------------
広島市視覚障害者情報センター
広島市中区富士見町11-27 広島市保健所等合築施設2階
電話 082-240-1220   開所時間 平日 9時〜17時
-----------------------------------------------------
なおご注文は視障協事務局へ、電話・FAX・メールなどでご連絡ください。

(3)事務局の応対について
平日10時〜12時は、職員若しくは理事が電話対応致します。御用の方はできるだけこの時間帯にお電話くだ
さいますようお願い致します。
これ以外の時間帯は、職員不在で留守番電話が応答することが多くなります。お名前とお電話番号を入れて頂け
れば、後程ご連絡いたしますので、ご協力よろしくお願い致します。また来所の際は必ず電話予約をお願い致し
ます。

(4)厚生労働大臣免許保有証申請受付について
昨年度より、あんまマッサージ指圧師・はり師・きゅう師の免許証について、携帯できるカード型の「厚生労働
大臣免許保有証(略称『携帯免許』)」が、希望者に交付されることとなりました。携帯免許は、氏名・生年月
日・保有する登録免許の種類と番号・顔写真入りの非接触ICカードで、有効期限は平成29年4月1日から5
年間です。
今年度の受付期間は、7月1日(金)から8月31日(水)までとなります。視障協では会員の方のみ受け付け
ます。費用は、発行手数料と事務手数料・郵送料合わせて4,392円です。
発行を希望される方は、視障協事務局へご連絡ください。後日折り返し担当者より手続きについてご連絡差し上
げます。

【お知らせ】

体育部(藤谷順子)
*ふれあいブラインドテニス大会
毎年恒例のブラインドテニス大会を、今年も中国地域ブラインドテニス協会の皆様にご協力いただきまして行い
ます。
テニスに興味のある方、未経験者の方、少し経験のある方は、是非参加してみてはいかがでしょうか? 皆さん
と、楽しみましょう。
行事終了後に交流会を企画いたしますので、是非沢山のご参加をお待ちしております。(参加者が少ない場合は
、交流会は行いません)

日時:7月3日(日) 12時半〜16時
場所:広島市心身障害者福祉センター 体育室
(東区光町二丁目1-5、 082-261-2333)
日程:
12時10分 @広島駅新幹線口2階改札出口集合
12時30分 A心身障害者福祉センター1階玄関集合
12時30分〜12時45分 着替え、移動
12時45分 体育室集合
12時45分〜13時05分 開会式、自己紹介、準備体操、事務連絡
13時05分〜13時35分 講義、基礎練習@
13時35分〜14時25分 基礎練習A
14時25分〜14時40分 休憩
14時40分〜15時30分 応用練習、試合形式での練習
15時30分〜15時45分 閉会式
15時45分〜16時00分 片付け 着替え
16時10分 移動
17時00分 交流会(夕食会)
※会場は広島駅北口付近。会費は3千円〜4千円程度。
テニス参加費:500円(プレー中の飲物代・ボール代等)
持ち物:運動のできるジャージ等、体育館シューズ、タオル
※更衣室があります。センター到着後着替えていただきます。-
体育室はクーラー完備で、快適にプレーできます。
体験会終了後は、シャワーもありますのでご活用ください。
申込:6月30日(木)までに、視障協事務局へ
必要事項:氏名・年齢・視力状況・ブラインドテニス経験の有無・懇親会への参加の有無・当日連絡のつく携帯
番号・
集合場所(広島駅新幹線口・心身障害者福祉センター玄関)・
付添有無(付添の方もテニス・懇親会に参加される場合、参加費をいただきます)

青年部
(1)講演会(志摩哲郎)
青年部の講演会を山中真澄さんと臼井さんと志摩の3人で担当しています。
青年部では、視覚障がい者歩行誘導ソフトマット「歩導くん」という屋内用誘導路について講演会を行います。

日時:平成28年7月18日(月・祝)13時〜15時
テーマ:「ユニバーサルデザインと歩導くん(ほどうくん)」
講師:トーワ株式会社 会長 杉原司郎(すぎはら しろう)氏
内容:視覚障がい者歩行誘導ソフトマットの講演並びに体験会
場所:広島市社会福祉センター 4階 大会議室
(中区千田町1-9-43、082-243-0051)
対象:市内在住の視覚障害者と付添者
定員:40名(視覚障害者1名に対して付添者1名同席可)
申込:7月13日(水)正午までに、視障協事務局へ、参加費無料。
内容については、開発元のトーワ株式会社様、製造元の錦城護謨株式会社様と打ち合わせ中で、実際に会場に歩
導くんを設置して、体験できる予定です。
開発元と製造元の方々とコミュニケーションを直接とれるチャンスですので、ぜひ、この機会にご体験ください



(2)平成28年度行事担当役のお知らせ(部長 臼井利明)
今年度の青年部実施行事担当役を以下のとおり決定しました。
行事についての問い合わせなどありましたらお気軽にご相談ください
○講演会  志摩哲郎・山中真澄・臼井利明
○パソコン講習会  高松豊・仲前暢之・久保亮
○レクリエーション  山中真澄・本木芳浩
○社会見学  森川能光・藤谷順子


情報システム部(部長 前茺秀介)
*夏のパソコン講座
今年の夏のパソコン講座のお知らせです。
日時と内容
第1回:7月24日(日)10:00〜15:00(1時間休憩有り)
「ネットで検索して楽しもう」 定員5名
第2回:7月31日(日)10:00〜15:00(1時間休憩有り)
「iPhoneで街を歩いてみよう」 定員5名
第3回:8月7日(日)10:00〜15:00(1時間休憩有り)
「NVDAでGmailを使おう」定員5名
会場:広島市社会福祉センター 1階研修室
(中区千田町一丁目9−43、082−243−0051)
申込:7月20日(水)正午までに視障協事務局へ。
いずれも先着順、定員になり次第締め切ります。
※個人所有のパソコン・iPhoneの持込はできません。


社会部(部長 風間光治)
*納涼ビアガーデン大会
 今年も異常気象が続いております。そして、また暑い夏が来ました。生ビールと食べ物で皆さんとお互いの健
康とたたえ合いながら、ひとときの夜を過ごそうではあ〜りませんか!
日時:7月24日(日)午後6時30分〜8時45分
場所:ANAクラウンプラザホテル広島 23階スカイビアレストラン
(旧全日空ホテル、中区中町7−20、082−241−1111)
受付:午後6時から、1階ロビーにて
会費:4,300円
申込:7月15日(金)までに視障協事務局へ、お名前と連絡先(携帯電話)をお知らせください。
※なお、雨天の場合は1階ラウンジにて開催予定です。


女性部(部長 浦上由美子)
*女性部結成50周年に当たって企画募集
4月10日の総会において、女性部結成50周年記念行事を行うことに決まりましたが、具体的に何をするかは
決まっておりませんでした。
そこで会員の皆様より、どんなイベントをしたらよいか、記念誌を作るかどうかなど、企画・アイデアを募集い
たします。また50周年の準備にご協力いただける方も併せて募集いたします。8月5日(金)までに、視障協
事務局へご連絡ください。
皆様のご協力をよろしくお願いします。

?
【報告事項】

第69回全国盲人福祉大会青森大会
日程:平成28年5月20日から22日
会場:リンクステーションホール青森
主催:社会福祉法人日本盲人会連合、一般社団法人青森県視覚障害者福祉会
大会スローガン
○生かそう 暮らしに障害者差別解消法
○食い止めよう 介護保険給付の低下を
○許すな 東日本大震災復興事業の切り捨てを
○守ろう、広げよう 視覚障害者の職業領域

大会決議
一、視覚障害者が入院中もガイドヘルパーを利用でき、身辺の世話を看護補助者が確実に実施するよう教育と制
度の充実を要望する。
一、補装具並びに日常生活用具の給付においては、地域間格差を解消するために品目の指定や耐用年数を国にお
いて指針を示し、当事者のニーズに合った品目の支給が出来るように要望する。
一、同行援護事業の充実を図るため、利用者負担を廃止し、ニーズに応じた支給決定がされ、有償運送協議会の
許認可が容易に受けられるよう要望する。
一、選挙公報をはじめとする情報は、点字、音声、拡大文字、テキストデータなど、当事者の必要な媒体で作成
し、提供されるよう要望する。
一、災害時における支援体制を確立し、福祉避難所に白杖や防災ベストなどの必要な物品を備蓄するように要望
する。
一、弱視者のために公共施設や交通機関の照明・表示・サインを見やすくするよう要望する。あわせて、各地の
医療機関及び訓練施設においてロービジョンケアが実施されるよう要望する。
一、視覚障害者の安全な移動を確保するため、誘導ブロック、エスコートゾーン、音響式信号機、室内用誘導ブ
ロックなどの拡大を要望する。
一、テレビのニュースや緊急放送における字幕スーパーの音声化と外国語の日本語吹き替えを要望する。
一、視覚障害者の就労を拡大するため、改正障害者雇用促進法に基づき、点字やパソコンを使用した採用試験の
実施や就労を継続できるための合理的配慮が提供されるよう要望する。
一、無資格医療類似行為者を取り締まるため、鍼、灸、マッサージの定義を明確にし、無資格業者の養成所を排
除するとともに、柔道整復師による違法な保険取扱いを規制するよう要望する。
一、視覚障害者の自立と社会参加を促進するため、歩行訓練士を増員し、配置基準を定め、どこででも歩行訓練
が受けやすい環境を整備するよう要望する。
一、インターネット取引などにおける個人認証やセキュリティー対策のための画像認証、分かりにくいID、パ
スワードなど実質的に視覚障害者を排除する効果のある認証方式を改め、視覚障害者も利用できるインターネッ
ト環境の整備を図るよう要望する。

 このように多岐にわたる課題ですが、長年要望しても実現できないものが残ってきたので、今後の日盲連の手
腕が試されるところです。そして大都市と小規模な市町村とでは、福祉サ−ビスにかなり差が有るようです。我
々は恵まれていると感じることも沢山あります。
それでも広島市で出来ることは少しずつでも前向きに取り組んでいきたいと思っておりますので、これからも皆
様がお気づきのことが有りましたら、役員や事務局にお知らせ下さい。よろしくお願い致します。
posted by J-SYSTEM at 16:26| 視障協だより