2017年10月30日

視障協だより 平成29年10月20日 第149号

視障協だより 平成29年10月20日 第149号


発行責任者 寺中 久美子

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp



【目次】

巻頭言……2ページ

事務局より……4ページ
2017マーガレットコンサートのチケット販売…4ページ
NTT点字電話帳の配布についてご案内……4ページ

お知らせ……5ページ
青年部より、
(1)パソコン講習会……5ページ
(2)第2回講演会……6ページ
老人部より、講演会……6ページ
女性部より、第2回研修会……7ページ
広島国際映画祭より、バリアフリー上映ご招待……8ページ

報告事項……9ページ
情報システム部より、パソコン講座……9ページ
青年部より、
(1)第63回全国盲青年研修大会……9ページ
(2)第1回講演会……11ページ
(3)社会見学……12ページ
女性部より、第63回全国盲女性研修大会(群馬県大会)……13ページ
あはき部より、
(1)治療奉仕……15ページ
(2)あん摩師等法19条訴訟に関する「お礼と報告」……15ページ
第66回日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会決議事項…16ページ




【巻頭言】(会長 寺中久美子)

 実りの秋を存分に味わう季節となりました。店先のきのこや果物など秋の味覚に誘われて、つい足を止めて買
い物してしまいます。また、あちこちで秋祭りが行われています。この便りが届くころには、カープが日本シリ
ーズに向けて練習していることでしょうね。日本一になった時のバーゲンが楽しみですね。
 さて、9月2日から3日まで仙台市で、第58回政令指定都市身体障害者福祉団体連絡協議会並びに第48回
政令指定都市身体障害者都市親善スポーツ大会が開催され、私は2日に行われた視覚障害者部会に参加しました
。各団体から提出され、審議採択された内容は次の通りです。
1、日常生活用具給付事業の地域間格差解消(交付品目や交付要件(年齢、家族構成等)の格差解消のため、国
における交付基準の明確化と自治体に対する運用徹底を希望)
2、中途視覚障害者のリハビリテーションの体制の充実(歩行訓練士の配置等利用環境の格差解消、歩行訓練士
の身分の制度化等)
3、多目的トイレの改善(公共施設の多目的トイレは内部が広くて設備配置が分かりにくいため、触地図と点字
での案内、音声案内を標準的設備とする。室内用の薄型点字ブロックの設置を進めることも希望)
4、同行援護(地域間格差の解消、利用時間制限撤廃、通勤通学での利用適用)
5、65歳を過ぎても引き続き障害福祉サービスを利用できるよう要望。
6、セルフレジ導入について(読上げ・拡大等視覚障害者への配慮、操作補助人員の確保について、国から事業
者への要請・指導)
また、以下の内容について情報交換しました。
1、バスの停留所における車外放送について
バス停での音声案内は、丁寧にしているところもしてないところもある。「京都は他都市から訪れても分かりや
すい、京都を見習わなければ」という意見が出た。また音声を流すことにより住民から「音声がうるさい」とい
う苦情がバス会社に寄せられるため、なかなか進まない状態である。
2、各都市の盲老人ホームの設置状況と取組について
3、交通バリアの現状について(アンケート結果の配布)
 広島市からは日常生活用具の給付についての情報交換を議題提出しました。各都市とも、年に一度要望の会を
開催、または要望書を提出しているとのことでした。
 9月16日・17日の二日間、第66回日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉(広島県)大会に、ガイド含め
24名が参加しました。台風の進路を心配しておりましたが、雨には遭いながらも無事参加し戻ってくることが
できました。
 オセロ大会とカラオケ大会の成績ですが、オセロ大会は残念ながら勝ちを逃してしまいました。カラオケ大会
は出場者のレベルが高く、有藤孝治さんが惜しくも準優勝でした。審査員の好みにもよるのでしょうが、個人的
には有藤さんが一番上手だと思いました。参加いただいたみなさん有難うございました。
 最後になりますが、会のことでお気づきのことがありましたら、理事までお願いします。

?
【事務局より】

(1)2017マーガレットコンサートのチケット販売
日時:平成29年11月26日(日)
    開場14時、開演15時、終演予定16時45分
会場:広島国際会議場 フェニックスホール
(広島市中区中島町1−5)
チケット:
  S席 前売券2,000円(当日 2,500円)
  A席 前売券1,700円(当日 2,000円)※高校生以下1,000円
申込み:視障協事務局へ。

(2)NTT点字電話帳の配布についてご案内
 このたび西日本電信電話株式会社広島支店より「点字電話帳広島県版」を寄贈いただくこととなりました。広
島県内の公共サービス、行政機関、交通機関等の名称と電話番号が点字と拡大文字で掲載されています。送付ご
希望の方は11月10日(金)まで事務局へご連絡ください。
?

【お知らせ】

青年部

(1)パソコン講習会(高松 豊)
 皆さんこんにちは。パソコン講習会担当の高松です。
 視覚障害者が日常生活に役立てる情報機器端末の習得は今後も重要と思われる事から、昨年に引き続き、パソ
コン、スマートフォン並びにタブレット端末機器の講習を行います(らくらくスマートフォンは対象外)。
 IT業界も常に状況が変わっていきます。機器を購入しても、我々視覚障害者は、すぐには使いこなせなかっ
たり、操作が分からなくなることもあると思います。この機会に2時間という限られた時間ですが、講師の先生
と一対一の講習を受けられてはいかがでしょうか。講師は、浜田隆志先生です。
日時と会場:
11月12日(日) 総合福祉センター 6階ボランティア研修室
11月20日(月) 総合福祉センター 6階ボランティア研修室
11月26日(日) 心身障害者福祉センター 4階会議室
12月10日(日) 心身障害者福祉センター 4階会議室
12月17日(日) 心身障害者福祉センター 4階会議室
12月23日(土・祝) 総合福祉センター 5階会議室1
時間:@午前10時〜12時、A午後1時〜3時のいずれか
定員:各枠1名と付添者1名まで可。(見学不可)
費用:無料
申込:各開催日の1週間前までに視障協事務局へ、先着順。
お一人様2回まで、ただし同じ日の午前と午後は不可。
   申込の際、希望日時・機種・講習内容をお伝え下さい。
端末の持ち込み希望の場合は機種も併せてお知らせください。

(2)第2回講演会(山中真澄)


皆さん、こんにちは。今年も残すところ、2ヶ月あまりとなりました。年賀状の準備
や、大掃除の時期もすぐそこにやってきました。
掃除が得意な方も、苦手な方も、プロから直接お話を聞いてみませんか?

日時:11月19日(日)10時00分〜12時00分
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室2(東区光町)
講師:城井由美子(しろいゆみこ)氏
   (ダスキンの家事代行、メリーメイド事業のエリアマネジャー、お掃除のスペ
シャリスト)
テーマ:「プロが教えるお掃除基礎知識」〜みんなで楽しく学ぼう〜
対象:視障協会員または、市内在住の視覚障害者(付添者1名まで)
参加費:無料
定員:15名、先着順
申込:11月16日(木)正午までに、事務局へ。


老人部(部長 川本正行)

☆講演会
 秋も本番、9月下旬頃からはとても過ごしやすくなりましたが、皆さま秋を満喫されていますか? 秋祭りや
収穫祭など盛んに行われ、その上広島では広島東洋カープのセ・リーグ連覇で大きなお祭りが加わった感じで、
それらも含めて良い秋ですね。
 老人部では本年度最初の行事として講演会を開催致します。3年ぶりの行事で、いまさらと思われる方もおら
れるかもしれませんが、61歳以上の皆さまで都合がつく方はどうかご参加ください。
 また講演会終了後には今後の老人部の在り方についての意見交換会を開き、皆様と一緒に考えていきたいと思
います。一人でも多くの方のご参加を心待ちにしております。
日時:11月19日(日)13時30分〜17時(予定)
場所:心身障害者福祉センター 2階第1会議室(東区光町)
講演:13時30分から15時30分
講師:浅尾哲三先生(安田女子大学非常勤講師・中国新聞情報文化センター講師)
演題:日本の伝統文化について解説
 今回は歌舞伎の良く知られている演目の説明と、茶の湯の歴史などを話して頂きます
 参加者を把握したいので、ご参加下さる方は川本までご連絡いただければ幸いです。どうぞよろしくお願い致
します。


女性部 (森川 秋子)

☆第2回研修会
 皆さんこんにちは。お通夜や葬儀へ参列される際の服装、香典の包み方、御焼香の仕方に不安を感じたことは
ありませんか?
日時:11月26日(日)10時〜12時(終了予定)
テーマ:葬祭のマナー 〜参列者側からのマナー〜
講師:着物講座・マナー講座 山本操子(やまもとみさこ)先生
会場:広島市総合福祉センター 5階会議室2
(南区松原町5−1、082−264‐6420)
参加費:無料
定員:20名 (先着順)
対象:視障協会員、または市内在住の視覚障害者(付添者1名まで)
申込:11月17日(金) までに視障協事務局へ。

広島国際映画祭より、バリアフリー上映ご招待
 11月24日(金)15時から開幕の広島国際映画祭で、「この世界の片隅に(バリアフリー版)」がオープ
ニング作品として下記のとおり上映されます。
 映画祭の主催者より、視覚障害者30名と介助者をご招待いただきました。参加ご希望の方は11月17日(
金)までに、お名前と介助者の有無を視障協事務局へお申込みください。
日時:平成29年11月24日(金)開場14時半〜
◎14時半までに受付を済ませてください(主催者より)
開幕式 15時
トークショー 15時半〜16時(片淵須直監督)
作品上映 16時〜18時(日本語字幕・音声ガイド付)
会場:NTTクレドホール(第1会場)
(中区基町6−78 基町クレド11階、502-3430)

?

【報告事項】


情報システム部(部長 前茺秀介)

*パソコン講座
 今年度のパソコン講座を、7月23日・30日・8月20日に実施いたしました。今回の講座では、新しくな
ったWindows10の設定や機能を中心に学習しました。
 1回の講座は4時間と長時間でしたが、皆さん熱心に受講されておられました。ご参加いただいた皆様、本当
にありがとうございました。


青年部

(1)第63回全国盲青年研修大会(鹿児島県大会)(部長 臼井利明)
 8月26日・27日の2日間、第63回全国盲青年研修大会(鹿児島県大会)が、日本盲人会連合・同青年協
議会と鹿児島県視覚障害者団体連合会・同青年部の主催で開催されました。会場は鹿児島市勤労者交流センター
と鹿児島東急REIホテルで、全国から170名が集まり、本会青年部からは5名を派遣しました。
 1日目は代表者会議、分科会等に参加しました。代表者会議では、平成28年度事業報告・決算報告と、平成
29年度事業計画案・予算案が承認されました。その他に、視覚障害児・生徒を対象としたアンケート調査を実
施する事が決議されました。その後新年度役員選挙が行われ、青年協議会会長に東京都の伊藤丈人さん、会計監
査委員に千葉県の御園政光さんと東京都の國井康世さんが選ばれました。
 2日目は研修会が行われ、二胡奏者の坂口真平氏による講演会と、川野浩二氏によるUDCastの体験会が行われ
ました。
 次年度の同大会は、9月16日(日)・17日(月・祝日)に、奈良県視覚障害者福祉協会が担当され開催さ
れます。
 なお大会式典で発表された大会決議は以下のとおりです。
一、大規模災害時に避難情報等を視覚障害者に迅速かつ的確に伝えるためのシステムづくりと、避難所における
障害特性に配慮した対応を強く要望する。
一、鍼灸マッサージ師の権益と国民の安全を守るため、鍼灸マッサージは有資格者のみが行えることを広く社会
に啓発し、あはき業の健全な発展を阻害する無資格医療類似行為の積極的な取締とその一掃を強く要望する。
一、行政機関や民間企業に雇用されている視覚障害者への職場介助者制度のさらなる充実と、あはきをはじめと
する自営業者への職場介助者制度の新設を要望する。
一、行政機関や教育機関、公共交通機関、飲食店、宿泊施設、各種娯楽施設等のあらゆる業種において、障害者
差別解消法の理念に従った適切な合理的配慮が提供されるよう要望する。
一、公共施設や交通機関において、弱視者も全盲者も安全で快適に移動できるよう、音響式信号機やエスコート
ゾーンなどのハード面と、事業者による誘導体制などのソフト面の充実を要望する。
一、家電製品やIT機器の開発において、使いやすい操作ボタンや音声ガイドが充実するとともに、点字、拡大
文字、ウェブサイト等により視覚障害者に充分な情報提供が行われるよう要望する。
一、より多くのテレビ番組に音声解説を付加し、緊急放送の字幕を音声化するよう要望する。
一、金融機関の窓口、ATM、ネットバンキング等での金融取引、クレジットカード契約や、各種会員登録手続
を、視覚障害者も支障なく行えるようハード、ソフト両面の改善を要望する。


(2)第1回講演会(仲前 暢之)
 青年部第1回講演会を、9月10日9時30分から、広島市総合福祉センター5階大会議室1で行い、21名
の方々にご参加いただきました。
 講師に本会会員でもあります、視覚障害者アスリートでソウル2015 IBSAワールドゲームス、金メダ
リストの井上智恵美さんをお招きし、「13ポンドにかける夢」というテーマでお話をしていただきました。
 ボウリングを始められたきっかけは、ボウリング好きだった御主人に誘われてボウリング場に行ったことから
だそうです。
 そのときの感想は、「ガターになるのでボウリングはぜんぜん面白くなかった」とのことで、全盲の私も心当
たりがあり、思わずふき出してしまいました。
 その後何度かボウリングをするうちにスコアもよくなり、ボウリングの魅力に惹かれ本格的に競技生活に入ら
れたそうです。
 仕事のかたわらの練習の大変さや、国際大会に参加したときの精神状態など、夢に向かって走り続けている体
験をお話していただきました。
 最後に、獲得された金・銀・銅メダルを触らせていただきました。メダルには点字が刻印されており、ずっし
りと重たく、改めて世界のトップアスリートのすごさを実感しました。
 講師をお引き受けくださいました井上智恵美さん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



(3)社会見学(山中真澄)
 9月24日、さわやかな秋晴れの中、参加者22名を乗せた貸切バスは、安佐北区大林にあるガラスの里へ向
かって出発しました。
 午前10時、現地に到着。マドラー作りと、サンドブラストの二つのグループに分かれ、工芸体験をしました

 マドラー作りでは、ピンクのグラデーションや、レインボーカラーなど、ガラス管の中に様々な色のビーズを
自分たちの思い通りに入れて、ガスバーナーを使い口を閉じました。サンドブラストは、グラスに各自樹脂絵具
でお気に入りの文字やマーク、花などの下絵を描き、その後、スタッフに細かい砂の粒を吹きかけてもらい、自
分たちで絵具を剥がすと絵の部分が透明に浮き上がり素敵なロックグラスとなりました。
 昼食は、お待ちかねのお好み焼き体験です。スタッフのおいしそうな実演説明に続き、お好み焼きを焼きまし
た。つなぎをかけ忘れたり、少し焦げた香りもする方もおられましたが、各自で焼いたお好み焼きは皆さん大満
足でした。
 午後からは自由行動で、吹きガラスや七宝焼の体験、ガラス博物館の鑑賞など、各自ガラスの魅力を楽しんで
おられました。
 15時50分、世界に一つだけの手作り工芸品をお土産に、ガラスの里を出発し、帰路に就きました。
ご参加くださった皆さんありがとうございました。


女性部 (部長 浦上由美子)

☆第63回全国盲女性研修大会(群馬県大会)

 第63回全国盲女性研修大会(群馬県大会)が9月5日(火)〜7日(木)の3日間、群馬県高崎市のホテルメトロポ
リタン高崎で開催され、女性部からは1日目の全国委員会から浦上が、2日目の代表者会議から山中が参加した。

【2日目】
■午前の部(9時30分~12時) 全国代表者会議
全国代表者会議の審議事項は下記の通りで、すべて承認された。
1、新定款に伴う役員の任期等について
2、平成28年度事業報告、収支決算並びに監査報告
3、平成29年度運動方針、事業計画(案)並びに予算(案)
4、代表者会議ブロック提出議題について
 各ブロックから1題ずつ提出、中国ブロックからは「トイレの流す位置が確認しやすいよう、一定の規格にし
ていただきたい。」3つのブロックから「テレビの緊急放送やニュース速報の字幕の音声化、外国語の日本語訳
の音声化、テロップの文字の拡大及び時間の延長」が提出された。
5、宣言(案)・決議(案)について
6、研修会・大会の役割分担について
7、会報「あかね」について
 105号6月・106号11月に発行。点字の購読部数が減少。今後は情報交換としての役割も果たしたい。
8、平成30年度第2回全国代表者会議の持ち方について
 日盲連センターでの会議は90名以上収容出来ないため、会議、宿泊が可能なホテルにするか、東京以外で探
すか執行部で検討。
9、その他
 レポート発表を毎年するのは大変なので、講習会と交互にしたらどうか、それぞれが地元に持ち帰り検討する
ことになった。

■午後の部(13時~16時30分) 研修会
第1部 講演会
 講師 群馬交響楽団専務理事 折茂泉(おりもいずみ)氏による卓話「群馬交響楽団の歩み」。
 続いて、群馬交響楽団の弦楽四重奏で、クライスラー「愛の悲しみ」、「サウンド・オブ・ミュージック セ
レクト」等の演奏。最後に全員で赤とんぼを歌い終了した。
第2部 レポート発表・意見交換会
テーマ「家事の工夫とコツ」
座 長 女性協議会副会長 加賀谷睦子(かがやむつこ)さん
 千葉県女性部副部長 鈴木正子(すずきまさこ)さん
助言者 三菱電機株式会社 博士(工学)坂田理彦(さかたまさひこ)氏
整理収納アドバイザー     山口智子(やまぐちともこ)氏
日本盲人会連合会長      竹下義樹(たけしたよしき)氏
発表者 各ブロックから1名ずつ
中国ブロックからは浦上が「家事の工夫とコツ〜一人暮らしを楽しく〜」と題して、次の3つのことを発表した

1、だんだんと見えなくなっていく中でしておきたいこと墨字の書類の整理。
2、見えなくなってできないことが増えてくる中で、60歳から点字が読めるようになり、再び好きな読書がで
きる喜び、点字表示があると自分で用事ができること。
3、自立の為には地域、特にご近所の人達との繋がりを大切にしていきたい。

■3日目
第1部 式典(10時~11時)
第2部 議事・閉会式(11時10分~12時)
1、議事
(1)代表者会議報告と承認
(2)研修会報告と承認
(3)宣言(案)の採択
(4)決議(案)の採択
2、閉会式
(1)次期当番団体代表挨拶(島根県松江市)
(2)閉会宣言
以上で、無事3日間の大会を終了した。


あはき部(部長 仲前暢之)

(1)治療奉仕
 9月12日(火)、会員9名と介助の方々にご参加いただき、治療奉仕を行いました。
 午前9時、広島駅南口音声時計の前に集合して、東区牛田の神田山長生園に向かいました。
 現地に到着後、1階4名、2階5名に分かれて、各部屋を担当者の方に案内していただき、職員含め52名の
方たちへマッサージ治療を行いました。「気持ちがいいね」、「足が軽くなった」などの感想をいただき、神田
山長生園の皆さまに大変喜んでいただきました。
 治療奉仕終了後は心障センターに移動し、昼食をとり解散しました。参加頂きました会員の皆様、ご協力あり
がとうございました。


(2)あん摩師等法19条訴訟に関する「お礼と報告」
 8月の視障協だより巻頭言でもご案内しております表題の件について、日本盲人会連合竹下義樹会長より、以
下のとおり経過報告がありました。
************************************************************************
 すでにご存じのとおり、平成医療学園グループが提起したあはき法19条をめぐる訴訟は、各地方裁判所で審
理が続けられています。
 現在のところ、原告と被告がそれぞれの主張を展開し、あるいは各々の主張を掘り下げる書面が繰り返し提出
されています。
 日盲連は関係団体合計16団体で、「あん摩師等法19条連絡会」を結成し、訴えを棄却させるための運動を
展開してきました。具体的には、裁判(弁論期日)の傍聴、裁判所に提出するための署名集め、裁判所(裁判官
)に対する要請はがきの送付、そして運動を支えるためのカンパ活動を皆様の協力を得て行ってきました。
 8月末を第1次の区切りとして、署名を裁判所に提出することにしました。そこで、皆様の協力によって集め
られた署名、はがき及びカンパの結果を以下のとおり報告し、これまでのご協力にお礼申し上げます。
寄せられた署名筆数(8月末現在):
東京 11,745名、大阪 13,947名 、仙台 14,264名
日盲連に寄せられたカンパの額(9月25日現在):1,411,847円
************************************************************************
 これまでの皆さまのご協力に感謝申し上げますとともに、引き続きご協力よろしくお願いいたします。


第66回日本盲人会連合中国ブロック盲人福祉大会決議事項
大会決議と大会特別決議は以下のとおりです。
一、「障害者差別解消法」が施行されたことを踏まえ、視覚障害者への合理的配慮を推進するよう要望する。
一、テレビ放送における字幕スーパー等の音声化の促進を要望する。
一、多目的トイレの内部の音声案内、高速バスや鉄道車両内のトイレに備わっている各種ボタンに点字表記をす
るよう要望する。
一、視覚障害者が単独でバス停の位置が確認できるようなバリアフリー化を要望する。
一、金融機関及び保険会社において、全ての書類に、職員による代読代筆を認めていただくよう要望する。
一、同行援護の報酬単価を引き上げるとともに、同行援護事業における地域間格差をなくし、個人のニーズに合
った支給量を確保できるよう要望する。また通勤時等の同行援護利用の要件緩和を要望する。
一、家族を扶養する中途視覚障害者が理療科等のあはき師の養成課程に就学する場合、視覚障害の学生が大学、
大学院、海外留学をする場合の生活費を含む奨学金制度を要望する。
一、視覚障害者の就労機会の拡大のため、障害別・職業別の雇用率を調査、公表して、就労支援に対する合理的
配慮の提供を要望する。
一、全ての働く視覚障害者がヒューマンアシスタント(職場介助者)を利用できる制度を要望する。
一、訪問マッサージの実態調査と、従業者の研修の強化を要望する。
一、無資格・無免許業者の取締りの強化充実を要望すると共に、有資格事業者に対しては「届出済書」の交付を
する制度の実施を要望する。
一、65歳を過ぎて失明した者がグループホームに入所する際の、要件の改善を要望する。
一、入院時においてもヘルパー利用が認められるよう要望する。
一、視覚障害者が家電製品を容易に操作ができるような音声ガイド化・点字表記をするよう要望する。
 また、ガラ携と呼ばれる携帯電話の製造を続けていくよう要望する。

大会特別決議
あはき法19条違憲訴訟に対して、国の勝訴を目指し、各組織を通じて取り組みの強化を図るとともに、国に対
してあはき法19条の堅持を強く要望する。
posted by J-SYSTEM at 23:07| 視障協だより

2017年10月02日

視障協だより 平成29年9月20日 第148号

視障協だより 平成29年9月20日 第148号


発行責任者 寺中 久美子


公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp



【目次】


巻頭言……2ページ


事務局より……3ページ

平成29年度会費納入についてお願い……3ページ


お知らせ……4ページ

福祉環境部より、街点検の実施について……4ページ

体育部より、会員親睦ふれあいグランドソフトボール大会…5ページ

女性部より、第2回研修会(予告)……7ページ

老人部より、講演会(予告)……7ページ


?



【巻頭言】 (会長 寺中久美子)

 今年は例年にない猛暑でしたが、みなさま夏バテはありませんでしたか。猛暑も過ぎてしまえば懐かしく思え
ます。今は秋の夜にうるさいぐらいのコオロギやスズムシが睡眠を妨げてくれることもありますが、これも季節
の移り変わりを伝えてくれるものだと思います。
 1945年8月6日は広島に、9日は長崎に原爆が投下されました。平和記念資料館に行くと目を覆いたくな
ります。この恐ろしい出来事を忘れないようにするために、語り継ぐ会が各地で開かれ、また毎年8月6日に平
和宣言が世界に向けて発信され、視障協も平和宣言の墨字・点字を全国の視覚障害者団体へ発信しております。
 しかし8月29日朝、北朝鮮は弾道ミサイルの発射実験を行い、日本の北海道・東北地方の上空を通過しまし
た。幸い被害はありませんでしたが、戦争を体験していない私は話を聞くたびに身が震える思いで、二度と戦争
が起こらないことを願っております。 
 8月9日、広島市役所本庁舎14階第7会議室において、第65回広島市身体障害者福祉大会で決議された事
項についての「要望の会」が開かれました。視覚障害者関連では次の事項を、広島市健康福祉局障害福祉課へ要
望しました。
1.歩道の通行の妨げとなる自転車等の撤去及び乗り上げ駐車の取り締まり等を要望する。
2.音声誘導装置等の増設・改良等を要望する。
 (1)音声式または音響式信号機を増設していただきたい。
 (2)歩車分離式信号機が設置された交差点では、音声式または音響式信号機及びエスコートゾーンを設置し
ていただきたい。
 (3)バス、路面電車に行先案内の音声装置を設置していただきたい。
3.視覚障害者に対する支援制度の確立を要望する。
 (1)音声血圧計を日常生活用具の給付対象にしていただきたい。
 (2)緊急時地震速報の自動受信機能が付いたラジオを日常生活用具の給付対象にしていただきたい。
 以上の要望が一日でも早く聞き入れられることを願っています。
 最後に、視障協にご意見やお気付きの点がありましたら、理事までお願いします。



【事務局より】

平成29年度会費納入についてお願い
会費をお納めでない方は、至急お納めくださいますようお願いいたします。払込用紙が必要な方は、事務局まで
ご連絡ください。



【お知らせ】

福祉環境部(部長 田尾秀春)

☆街点検の実施について

 福祉環境部では毎年皆さまの協力をいただき、交通バリアフリーの取り組みとして街点検を実施してきました
。今回の街点検は、ターミナル拠点駅として発展すべく、着々と改築改装工事が進められている広島駅構内と北
口周辺を中心に調査したいと思います。
 2014年11月に西側跨線橋が開通、今年6月10日には広島駅の南口と北口を通り抜ける「南北自由通路
」が2階橋上部に開通し、通り抜けが可能となりました。
 またこの南北自由通路には新たに「中央改札口」が設置され、これまでの南口在来線の改札がなくなり、ホー
ムなどへの動線が変わっております。
 皆さん、大きく変わっている広島駅を一緒に歩いて確認してみませんか。皆さまの参加とご協力をよろしくお
願いいたします。

日時:10月1日(日)13時〜17時
集合:13時に広島駅南口音声時計前
調査内容:
 @移動への安全確保
 A点字ブロック,エスコートゾーンの敷設状況
 B音響信号機、音声誘導装置の設置及び作動状況
 C表示・掲示の見えやすさ等
日程 :
 13時 集合、調査の説明
 13時15分〜16時15分 調査、点検
 16時30分〜17時 調査報告会
調査にご協力いただける方は視障協事務局または福祉環境部 高松、田尾へご連絡ください。
また、日頃利用されている公共交通機関の利用や歩行環境について、危険や不自由を感じられる状況がありまし
たらご連絡ください。



体育部より(部長 土居 京子)

☆会員親睦ふれあいグランドソフトボール大会

 例年初冬に実施しております「ふれあいグランドソフトボール大会」ですが、今年度は11月19日(日)に
、広島県立広島中央特別支援学校(旧 盲学校)で実施します。
 大会といっても親睦会です。初めてボールに触る方でも、野球のルールがわからなくても問題ありません。チ
ーム対抗戦で午前・午後と2ゲーム行う予定です。初心者の方がいらっしゃればルール説明から入りますので、
お気軽にご参加ください。年齢も視力状況も問いません。
 また参加者が多ければ、ピラティスをクールダウンで行おうと思います(ヨガに変更の場合あり)。
 お友達同士お誘い合わせの上、奮ってご参加ください。
 また、広島グランドソフトボールチームは、今秋開催される全国障害者スポーツ大会で全国制覇3連覇がかか
っています。この大会で全国大会の結果報告もあると思いますので、楽しみにご参加ください。

期日:11月19日(日) 9:50〜16:00
場所:広島県立広島中央特別支援学校(旧 盲学校)グランド
参加費:1,000円(お弁当・飲物代。介助者がゲーム参加の場合も同額)
持参物:ジャージ等、運動のできる服装。グランドで使用できる靴。
バスタオル(ピラティス用)。※体育館での着替え可能。
申込:11月10日(金)迄に視障協事務局へ、以下の内容をお知らせ下さい。
 @氏名・年齢
 A集合場所(グランド又は玄関ロータリー)
  ※上記集合場所が難しい場合は、土居にご相談ください。
 B当日連絡可能な電話番号(※悪天候による延期の場合の連絡先)
 C視力状況
 Dグランドソフトボール経験の有無
 E付添の有無、有の場合はゲーム参加・昼食についてもお知らせください。

日程:
 9:20 広島中央特別支援学校玄関ロータリー集合
 9:30 グラウンド外階段集合
 9:30〜9:50 着替え・グランド集合完了
 9:50〜10:20 開会行事・準備体操・グループ分け発表
    チームミーティング・ルール説明・基礎練習  
 10:20〜11:40 1試合目
 11:40〜13:20 昼食・休憩
 13:20〜14:40 2試合目
 14:40〜15:00 片づけ・体育館へ移動
 15:00〜15:10 閉会行事・表彰
 15:20〜16:00 クールダウン(ピラティス)
 16:00 解散



女性部 (部長 浦上由美子)

☆第2回研修会 (予告)

11月26日(日)に、テーマ「葬祭のマナー」を計画しております。詳しい内容は次号でお知らせします。


老人部 (部長 川本正行)

☆講演会 (予告)

老人部では下記のとおり講演会を予定しております。
日時:11月19日(日)13時30分〜15時30分
会場:心身障害者福祉センター2階第1会議室
詳細は次号でお知らせします。
posted by J-SYSTEM at 00:39| 視障協だより

2017年08月21日

視障協だより 平成29年8月20日 第147号

視障協だより 平成29年8月20日 第147号


発行責任者 寺中 久美子

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp
?


【目次】

巻頭言……2ページ

事務局より……3ページ
平成29年度会費納入についてお願い

お知らせ……4ページ
青年部より、
(1)第1回講演会……4ページ
(2)社会見学……5ページ
あはき部より、治療奉仕……6ページ
女性部より、女性部結成50周年祝賀会……7ページ
広島市より、
災害に備えた避難支援に関する意向調査について……8ページ
日盲連より、第41回全国盲人将棋大会……9ページ

報告事項……10ページ
体育部より、
平成29年度ふれあいブラインドテニス大会……10ページ
女性部より、第1回研修会……11ページ



【巻頭言】 (会長 寺中久美子)

 私が会長に就任して2か月になりました。日本列島では九州地方の福岡県・大分県、また秋田県が集中豪雨を
受けて、尊い命が失われ、多くの行方不明者が出ました。亡くなられた方へ心よりご冥福をお祈り申し上げます
。また行方不明者の方々が一日でも早く見つかり、被災地が一日でも早く復興することを願うばかりです。
 7月5日に、あはき法19条訴訟の大阪地裁第5回口頭弁論の傍聴に行きました。これは平成医療専門学校並
びに宝塚医療大学が国に対して、あはき法19条による養成施設設置の非認定処分を取り消すことを求める訴訟
で、東京・仙台でも同様の訴訟が起こされています。
 昼前に広島駅から新幹線で新大阪へ、そこからは在来線で淀川駅まで行き、徒歩15分ぐらいのところにある
大阪地裁202号法廷に行きました。日本盲人会連合小川幹雄副会長、全日本鍼灸マッサージ師会伊藤久夫会長
をはじめ、日盲連・中国・近畿・東海各ブロック、全日本視覚障害者協議会、日本理療科教員連盟、日本あんま
マッサージ指圧師会の関係者など、傍聴席91席に対して、約120名が集まりました。
今回の口頭弁論は10分ほどで終わりましたが、私は初めての傍聴でしたので緊張しました。
 終了後は徒歩5分ほどの場所にある弁護士会館で決起集会があり、裁判の内容確認と意見交換を行いました。
最初に、岡田康弘弁護士から今回の第5回弁論について、 1、原告側から第2準備書面が提出されたこと 2
、被告側から証拠書類として、乙56号・57号が提出されたこと 3、行政事件訴訟法10条1項について原告と被
告の言い訳が異なっていることなど、詳しい説明が行われました。最後に、署名活動や裁判所への葉書陳情や募
金活動など各団体において取り組むことを確認し閉会しました。
 出席者から、あはき法19条を守ろうという熱意をしっかりと感じ取りました。次回口頭弁論は10月2日(
月)15時から、大阪地裁202号法廷で行われる予定です。
今回は第5回口頭弁論でしたが、裁判はまだまだ続きます。日盲連ではこの裁判について、東京・仙台・大阪の
裁判長に対する葉書による陳情と、署名活動を行なっています。本会もこの趣旨に賛同しておりますので、会員
の皆様、陳情・署名活動へのご協力をよろしくお願い致します。
 最後になりましたが、会の運営を皆様とともにより良いものにしていきたいと思いますので、視障協のことに
ついてお気づきのことがありましたら、理事までお寄せくださいますよう、よろしくお願いいたします。



【事務局より】

平成29年度会費納入についてお願い

 平成29年度の会費の納入期限は8月末です。7月20日号に必要事項を記載した払込用紙を同封しておりま
すので、8月末までに最寄りの郵便局にてお支払いくださいますよう、よろしくお願いいたします。払込用紙が
必要な方は事務局へご連絡ください。



【お知らせ】

青年部より
(1)第1回講演会(仲前 暢之)

皆さん、こんにちは。今回の講演会は私が2年前からお聞きしたかった方にお願いいたしました。
視覚障害者アスリートとしての練習法や遠征時での工夫など、皆さんも一緒にお話をお聞きしましょう。

日時:9月10日(日) 9時30分〜11時30分
会場:広島市総合福祉センター 5階大会議室1
(南区松原町5−1、264−6420)
講師:井上智恵美氏
(視障協会員、ソウル2015 IBSAワールドゲームス
B1クラス金メダリスト ※メダルを五つ獲得されました。)
テーマ:「13ポンドにかける夢」
対象:視障協会員、または市内在住の視覚障害者(介助者1名まで)
定員:20名
参加費:無料
申込:9月7日(木)正午までに、視障協事務局へ。

?
(2)社会見学(山中 真澄)

今年の青年部主催の社会見学は、安佐北区大林にあるガラスの里へ参ります。芸術の秋を共に味わいましょう。
日時:9月24日(日)9時〜17時解散予定
集合:@・Aのいずれか、時間厳守でお願いします。
@ 9時までに、県庁北側の基町心障センター行きバス乗り場
(神田山荘行バス乗り場)
A 9時20分までに、大町駅近くの水入皮フ科クリニックの前
対象:視障協会員、または市内在住の視覚障害者(付添者1名まで)
参加費:1,500円程度(体験料、昼食代を含む)、介助者も同額
体験内容:@ マドラー作り、A サンドブラスト のいずれか
昼食:肉玉そばのお好み焼き体験です。
※午後からは自由時間です。各自体験(七宝焼、吹きガラスなど)や施設内見学をお楽しみください。
定員:先着22名
申込:9月7日(木)正午までに、視障協事務局へ。
必要事項:当日の連絡先、介助者の有無、
集合場所(@・A)、体験内容(@・A)
注意事項:
@ 体験では火を使いますので、全盲またはそれに準ずる方は介助者が必要です。介助者の手配希望の方は併せ
てお申込み下さい。その際は、介助者分含めて参加費2名分をご負担いただきます。
A 9月22日(金)以降の参加取り止めは、キャンセル料として参加費全額をご負担いただきます。


あはき部(部長 仲前 暢之)

☆治療奉仕
今年度より、あはき部が担当を引き継ぎました。
例年通り治療奉仕を行いますので、会員の皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。
日時:9月12日(火)9時〜12時(終了後昼食を準備しております)
行先:神田山長生園(東区牛田新町1−18−1、228―9231)
集合:9時、広島駅(詳細は参加者へ追ってお知らせします)
申込:9月5日(火)までに、視障協事務局へ。

?
女性部(部長 浦上由美子)

☆女性部結成50周年祝賀会

 女性部は皆様のお支えとご協力により、今年度で結成50周年を迎えることができました。記念行事として祝
賀会を企画しましたので、皆様の多数のご参加をお待ちしております。
日時:10月22日(日)11:00〜14:00
会場:ホテルチューリッヒ東方2001
(広島市東区光町2−7−31 電話  082−262−5111)
プログラム:
11:00〜11:30 受付
11:30〜12:00 式典
12:00〜12:30 50周年を振り返って
(数名の方にお話をしていただきます。)
12:30〜13:45 食事会
13:45       閉会・解散
定員:50名(付添いも含む)
会費:5,000円(付添いも同額)
申込:10月1日(日)迄に、事務局へ。


?広島市より、災害に備えた避難支援に関する意向調査実施について

 広島市では、身体障害者手帳1・2級の方など避難行動要支援者名簿の登録者に対して、災害に備え、平常時
から自身の情報を外部提供するか否かの意思確認等の調査を行っています。
 平成28年度に行った同調査で意向確認ができていない方に対しては、7月26日付で広島市から調査に関す
る文書をお送りしております。お手元に届いた方は、8月25日までに回答いただきますよう、ご協力よろしく
お願いします。

?
日盲連より、第41回全国盲人将棋大会

会期:平成29年11月18日(土)〜19日(日)
会場:西陣織会館(4階展示場)
   (〒602-8216京都市上京区堀川通今出川南竪門前町414、
参加資格:日本盲人会連合組織団体会員、又はその他の視覚障害者
対局種別:S級(A級優勝経験者)、A級(有段者の部)、
B級(級位以下の部)、C級(初心者の部)の4クラス。
参加費:会員 2,000円、会員外 5,000円
昼食費:1人1食 1,000円
懇親会費:1人 9,000円(付添者同額)
宿泊費:(11月18日(土)、朝食込、付添者同額)
シングル 24,000円
ツイン(1人) 21,000円
  ※11月の観光シーズンのため、別のホテルへ分宿をお願いする場合あり
(料金も変わります)
宿泊及び懇親会
 御所西 京都平安ホテル
 (〒602-0912 京都府京都市上京区烏丸通上長者町上ル、
申込:平成29年9月25日(月)までに視障協事務局へ。
※競技日程等詳細は、事務局にお問い合わせください。
?

【報告事項】

体育部 (部長 土居 京子)

☆平成29年度ふれあいブラインドテニス大会
 会員親睦ふれあいブラインドテニス大会を、7月2日の日曜日午後から、光町の心身障害者福祉センター体育
室で実施しました。
 全盲と弱視のチームに分かれて、2コートで基礎から試合形式まで実践しました。例年ですが、ブラインドテ
ニス協会の皆様方にスタッフとして沢山参加していただき、丁寧に基礎から教えていただきました。
 今年度は、テニスを全く知らない、テニスのラケットも触ったことがないという初心者の方から、毎年楽しみ
に参加して下さっている方々まで、色々な段階の方に参加いただきました。
 なかなか上手く空中でボールをラケットにあてられない時間も長く、フォームをみて真似が出来ないのでバラ
ンスがとれないなど、3時間余りでは、十分ではなかったと思いますが、少しずつ少しずつ上達していかれる姿
を目の当たりにできるのは、行事を開催している体育部としては、毎回とても楽しい時間なんです。最後には少
しだけですけど、ラリーが出来たり、サービスエースを取ったりできるんですよね。楽しいですよね。
年齢も問いません。是非未経験の方は一度参加されてみて下さい。また今年度はアフターも充実しました。協会
の皆さんも、参加者の皆さんも、殆どの方に御参加いただき、ワイワイ楽しい懇親会でした。また来年度、皆さ
んで盛り上がりましょう。参加いただいた皆様、ありがとうございました。
 別件ですが、今年度新たな体制で体育部も始動しはじめました。今年度からは、体育部理事として藤谷順子さ
んに変わり、森川秋子さんが返り咲きました。経験豊富な秋ちゃんと一緒に、またまた変わりのない土居が体育
部の行事を企画していきたいと思っております。楽しい企画や提案がありましたら、ドシドシお寄せください。
新体制で2年間頑張りますので、行事への参加も応援も、よろしくお願いいします。


?
女性部(副部長 山中真澄)

☆第1回研修会
 皆さん、こんにちは。7月23日10時から心身障害者福祉センター講習室において、第1回目の研修会を行
いました。
講師に田中恵子先生をお迎えし、「いつでも夢を」に合わせてフラを教えていただきました。
足はステップ、手はハンドモーション、さらに歌も歌いながら踊りました。3つの動作を同時に行うので、最初
はなかなかうまく行かず苦戦しましたが、練習を重ねていくうちに、楽しくリズムにのって踊れるようになりま
した。
 ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
posted by J-SYSTEM at 01:40| 視障協だより

視障協だより 平成29年7月20日 第146号

視障協だより 平成29年7月20日 第146号

発行責任者 寺中久美子

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp



【目次】

巻頭言……2

会長退任のご挨拶……4

事務局より……5
(1)平成29年度会費納入についてお願い……5
(2)事務局の夏季休業について……5

お知らせ……5
情報システム部より、
パソコン講座「Windows10の最新ナレーター講習会」……5
文化部より、会員の広場「希望」に投稿のお願い……6
青年部より、
(1)講演会(予告)……6
(2)社会見学(予告)……6
第66回中国ブロック盲人福祉(広島県)大会……7
語り継ぐカープ物語 広島カープ大型紙芝居と写真展……8




【巻頭言】 (会長 寺中久美子)
 6月25日の定時総会において会長に選任されました、寺中久美子です。このような重責をお引き受けするに
あたり、悩みました。川本前会長のようなことは到底できません。今まで女性部長と副会長をしてきましたが、
皆様には大変ご迷惑をおかけしたことと思います。今の心境は、トンネルの入り口に立ち、灯りのほうへ向かっ
ているような気持ちです。微力な私ではありますが、お引き受けしたからには山積した問題を少しでも片づける
ように頑張りますので、ご協力よろしくお願いいたします。
 さて、6月25日の平成29年度視障協定時総会の式典には6名の来賓の方々にお越しいただき、心温まるご
挨拶をいただきました。健康福祉局障害福祉部部長 橋場聡子さま、広島県立広島中央特別支援学校校長 山下
睦子さま、お二人の女性の方がおられて少し安堵しました。
 引き続き議事に入り、議長を高松豊さんにお願いして平成28年度事業報告並びに決算報告・監査証言があり
、満場一致で承認されました。
 その後、今年度は改選期に当たるため理事を選任し、理事会において会長・副会長2名・常務理事を選出しま
した。今後2年間は以下の体制で運営してまいりますので、よろしくお願いいたします。なお監事は任期4年で
今回改選はありません。

<理事・監事名簿 平成29年度・30年度〉

会長 寺中 久美子(てらなか くみこ)
副会長 赤瀬 修(あかせ おさむ)
副会長 志摩 哲郎(しま てつろう)
常務理事(事務局長 兼務) 中神 誠(なかがみ まこと)
青年部 部長 臼井 利明(うすい としあき)
女性部 部長 浦上 由美子(うらがみ ゆみこ)
老人部 部長 川本 正行(かわもと まさゆき)
福祉環境部 部長 田尾 秀春(たお ひではる)
福祉環境部 副部長 高松 豊(たかまつ ゆたか)
情報システム部 部長 前濱 秀介(まえはま しゅうすけ)
文化部 部長 森川 能光(もりかわ よしみつ)
文化部 副部長 藤谷 順子(ふじたに じゅんこ)
あはき部 部長 仲前 暢之(なかまえ まさゆき)
あはき部 副部長 山中 幸夫(やまなか ゆきお)
体育部 部長 土居 京子(どい きょうこ)
体育部 副部長 森川 秋子(もりかわ あきこ)
監事 清田 郁也(きよた いくや)
監事 村井 一文(むらい かずふみ)

 また、このたびの総会をもちまして、視障協にご尽力いただいた3名の方が退任されました。
 立石敬一さま、1期ではありましたがありがとうございました。今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願いしま
す。
 橋本正彦さま、奥様の介護をしながら、30年以上にわたり会のためにお力をいただきありがとうございまし
た。
 風間光治さまにおかれましては、通算21年間理事としてご尽力いただきありがとうございました。ここ1年
余り体調が優れない日々をお過ごしでしたが、残念ながら7月6日にご逝去されました。謹んで心よりご冥福を
お祈り申し上げます。


【会長退任のご挨拶】(川本 正行)
 6月25日に開催の平成29年度定時総会で会長を退任いたしました。会員の皆様には、平成14年に会長に
就任以来15年間にわたりご協力ご指導を頂きまして力不足の私を支えて頂きましたこと、誠に有難うございま
した。
 振り返ってみますと、32年間の長きにわたり会長を務められました故徳川名誉会長の後を継いで会長に就任
いたしましたが、不安な中の船出でした。周囲の団体や会員さんにも自然に会長と呼ばれるまでには3年くらい
はかかったと思います。
 それでも理事の皆様や事務局、そして広島県の前川会長などのご指導を受けながら、徐々に自分の居場所が出
来ました。平日に職場を抜ける事や家庭サービス等、大変なこともありましたが会長でないと経験できないこと
もあり、楽しいことも沢山ありました。特に厚生労働大臣表彰を頂き、皇居の長和殿(ちょうわでん)で天皇陛
下のお言葉を頂き、受賞者を代表してお礼言上の役を務めたことはとても晴れがましくて、長年にわたり役員と
して置いて頂いた視障協があったからだと感謝しております。
 しかし15年間は長いもので、その間に徳川名誉会長を始め、藤本副会長や藤井相談役・松岡理事、そして徳
川会長時代の花本氏・石原氏、多くの会員さんも亡くなられました。そして会員の皆様の高齢化と、世の中の不
景気もあって、貸し切りバスで全国を走り回っていた勢いのあった視障協は地味な団体になりました。私の人望
の無さが招いた一面もあったのかもと考えたこともありましたが、世の中の流れだと思うようにしてきました。
 その上、福祉関係の制度が次々と変わり、随分と振り回されました。特に社団法人や財団法人を、公益社団法
人か一般社団法人かに移行しなくてはならなくなり、会計基準が視覚障害者ではついていけなくなってしまい未
だに苦労しておりますが、仕上げは後任者にお願いするばかりです。
 それから平成27年度の老人部の総会で役員を継承する人が無くて老人部を会長預かりとして休眠しています
ので、理事として残り、老人部の再建を模索してみることにしました。老人部対象の会員さんは沢山おられるの
で、今後は皆様方の思いを収集していこうと思っておりますので、ご協力宜しくお願い致します。
 視覚障害者を取り巻く課題は、継続的なことや新たに取り組んでいかなければならないこと等沢山ありますが
、これからも日盲連を中心に視覚障害者当事者として団結を強くして、行政や一般社会に対して存在を訴えてい
く必要があります。今後ともに視障協に対してご協力ご指導宜しくお願い致します。


?

【事務局より】
(1)平成29年度会費納入についてお願い
 平成29年度の会費の納入期限は8月末です。まだ納入いただいていない方には、必要事項を記載した払込用
紙を同封しておりますので、最寄りの郵便局にてお支払いください。なお行き違いの際はご容赦ください。

(2)事務局の夏季休業について
 視障協事務局は、下記の通りお休みさせていただきます。
  8月11日(金)〜13日(日)



【お知らせ】
情報システム部 (部長 前濱秀介)
☆パソコン講座「Windows10の最新ナレーター講習会」
 Windowsのナレーター機能とは、Windowsに初めから搭載されている画面読み上げ機能の事です。この機能を使
えば、これまで画面が見えないと突破できなかったWindowsの初期セットアップができたり、他にもいろいろな
使い道があるようです。ぜひ体験してみて下さい。
●日時:8月20日(日)10時〜15時
    10時〜12時 基礎講座、13時〜15時 実習
●会場:広島市まちづくり市民交流プラザ南棟3階 会議室C
    (中区袋町6―36、082−545−3911)
    ※個人所有のパソコンの持込はできません
●定員:5名
●申込:8月17日(木)12時までに、視障協事務局へ。


文化部(部長 森川能光)
☆会員の広場「希望」に投稿のお願い
 今年度より文化部となりました森川能光、藤谷順子です。新体制となりましたが、これまで通り会員の皆様に
ご参加いただけるものを企画して参りますので、今後ともご協力の程よろしくお願い致します。
 早速ではございますが、会員の広場「希望」平成29年度第1号を秋ごろ発行致します。皆様の体験談、情報
、詩、エッセー等、どんなものでも構いません。また文字数なども特に制限はありません。8月31日(木)まで
に視障協事務局へ、郵送・ファックス・メールのいずれかでお送りいただきますようお願い致します。
 問い合わせは、森川能光へ。ご応募お待ちしています。


青年部
(1)講演会(予告)(仲前暢之)
 皆さん、こんにちは。9月10日9時30分から、講演会を企画しております。詳細につきましては来月号で
お知らせいたします。

(2)社会見学(予告)(山中真澄)
 皆さん、こんにちは。今年度の青年部企画の社会見学は、9月24日(日)にガラスの里に皆さんとご一緒し
たく計画中です。詳細につきましては、来月号でお知らせいたします。

?
第66回中国ブロック盲人福祉(広島県)大会
●日時:平成29年9月16日(土)〜17日(日)
●会議会場:福山市生涯学習プラザ まなびの館ローズコム
        (福山市霞町一丁目10−1、084−932−7265)
●交流会場・大会会場:福山労働会館 みやび
        (福山市南蔵王町四丁目5−18、084−925−3800)
●宿泊先:東横イン福山駅新幹線南口
        (福山市三之丸町9−24、084−916−1045)
●日程:
1日目:9月16日(土)
 9時40分 広島駅新幹線口(集合場所は参加者へ追ってお知らせします)
10時 貸切バスにて出発、移動(途中、福山SAにて昼食)
福山市生涯学習プラザ まなびの館ローズコムにて
13時〜14時40分 分科会(一般・女性・青年・あはき・スポーツ)
14時50分〜15時30分 全体会
15時40分〜16時40分 講演会(日盲連竹下会長)
13時〜17時 オセロ大会
17時〜18時 会長・部長会議
17時〜18時 カラオケ大会打ち合わせ
福山労働会館 みやびに移動
18時半〜20時半 交流会
終了後、東横イン福山駅新幹線南口(泊)
2日目:9月17日(日)
 9時 東横イン出発、福山労働会館 みやびにて
 9時45分〜12時30分
第66回中国ブロック盲人福祉大会
中国ブロック視覚障害者カラオケ大会、
表彰式と閉会式
 終了後、みやびにて昼食
13時30分 出発、移動
15時20分頃 広島駅到着、解散予定
●参加費用:20,000円(参加費・交流会費・宿泊費・交通費・昼食2回含む)
●申込:7月28日(金)までに、視障協事務局へ。


語り継ぐカープ物語 広島カープ大型紙芝居と写真展
●日時:8月20日(日)15時から16時半
●場所:泉美術館(西区商工センター2−3−1 エクセル本店5階、276-2600)
●日程:14時  広島駅新幹線口、心障センター行きバス乗り場
(神田山荘行バス乗り場)集合
15時〜16時半 紙芝居「広島カープ昔話 石本秀一物語」、写真展見学
17時  広島駅新幹線口到着、解散予定
●参加費:無料
●締切:8月10日(木)までに視障協事務局へ
posted by J-SYSTEM at 01:25| 視障協だより

2017年07月16日

視障協だより 平成29年6月20日 第145号

視障協だより 平成29年6月20日 第145号

発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp

【目次】

巻頭言……2
事務局より……4
広島市視覚障害者情報センターからのお知らせ、
拡大読書器新製品を期間限定で展示します……4
お知らせ……5
体育部より、ふれあいブラインドテニス大会……5
女性部より……6
(1)第1回研修会……6
(2)女性部結成50周年祝賀会(予告)……7
(3)料理教室の時間訂正について(お詫び)……7
情報システム部より、パソコン講座……8
夕涼みビアガーデンの集い……9
青年部より、新規役員と行事担当役……10


?

【巻頭言】(会長 川本正行)
とうかさん大祭(ゆかた祭り)も終わり、梅雨の季節となりました。ラジオを聴いておりますと、紫陽花やあや
め、花菖蒲など花の便りが楽しい季節です。山からはウグイス、水辺からはカエルの声も聞こえてきます。過ご
し良い季節です。」
 日盲連では、5月に徳島市で開催された第70回全国盲人福祉大会で、今年度の運動方針を次の6つに決めま
した。主な内容は以下のとおりです。
第1 地域生活における安心安全の確保
1.視覚障害者の自立と日々の安全
(1)鉄道駅ホームにおける安全対策
(2)屋内屋外における安全対策
これまでに継続して外出時の安全対策として音響式信号機やエスコートゾーンの設置や屋内用・屋外用点字ブロ
ックの普及に努める
(3)歩行訓練の確立
(4)同行援護事業の充実と地域間格差の解消
2.大災害に備えた対策と被災者支援
第2 情報保障と合理的配慮
1.障害者差別解消法の啓発と差別禁止条例の制定
2.点訳・音訳、代筆・代読の拡大
3.補装具・日常生活用具の拡大と地域間格差の解消
4.情報保障
第3 職業的自立
1.あはきにおける諸問題
(1)あんま師等法第19条訴訟に対する取り組み
(2)健康保険適用の拡大
(3)無免許・無資格対策
対策の一環として 厚生労働大臣免許保有証の交付の推進
2.雇用・就労
第4 スポーツ・文化・芸術活動の促進
第5 主な階層別(カテゴリー)の活動
1.視覚障害高齢者
視覚障害高齢者が7割以上になったといわれている現状で、視覚障害者に不利になっている制度を見直すように
働きかけていく
2.弱視(ロービジョン)者
昨年は弱視者に対する実態調査を行った。本年度はその問題点を整理して課題の解消に向けて新たな取り組みを
始める
3.青年
4.女性
5.中途視覚障害者
第6 組織活動
1.結成70周年に向けた準備
2.調査研究と政策能力の強化
(1)総合企画審議会の充実
(2)相談活動の継続と拡充
3.財政基盤の確立
4.国際交流と国際貢献
 私達は政令指定都市で生活しておりますので、電車やバス、そしてタクシーも便利に利用出来ます。しかし全
国的に列車の無い街や路線バスが減便されたり廃止に追い込まれたところも多く、ヘルパーが運転する車での移
動を強く求めておられます。また、歩行訓練士や同行援護ヘルパーの不足、地元に福祉事業者がなくて困ってい
るところもたくさんあるようです。
だからといって広島市は現状で満足だとも言っていられません。福祉の推進には休みはありません。これからも
弱者同士ですが団結を強くして、より暮らしやすい福祉社会を目指して行きましょう。
それでは25日の定時総会に一人でも多くの皆様のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願い致しま
す。

【事務局より】
広島市視覚障害者情報センターからのお知らせ
☆拡大読書器新製品を期間限定で展示します
(株)タイムズコーポレーション様のご協力により、折りたたみ式据置型拡大読書器「メゾ・フォーカス」を期
間限定で展示しています。拡大読書器をお探しの方はこの機会にぜひご体験ください。

期間:6月1日から7月27日までの間の、情報センター開所日
(平日9時〜17時)
形状:軽量でコンパクト、フルHDカメラ搭載。簡単操作・高性能、折りたたんでコンパクトに収納。重さ9.2Kg
。テーブルは縦横スムーズにスライド、縦書き文を蛇行せずに読書酔いを防ぎます。


?
【お知らせ】
体育部(藤谷順子)
☆ふれあいブラインドテニス大会
 毎年恒例になっていますブラインドテニス大会を、今年も中国地域ブラインドテニス協会の皆様にご協力いた
だき行います。
 テニスに興味のある方、未経験者の方、少し経験のある方は、是非参加してみてはいかがでしょうか? 皆さ
んと、楽しみましょう。行事終了後に交流会を企画いたしますので、是非沢山のご参加をお待ちしております。
(参加者が少ない場合は、交流会は行いません)
日時:7月2日(日) 12時半〜16時
場所:広島市心身障害者福祉センター 体育室
(東区光町二丁目1-5、 082-261-2333)
日程:
12時10分 @広島駅2階改札出口集合
12時30分 A心身障害者福祉センター1階玄関集合
12時30分〜12時45分 着替え、移動
12時45分 体育室集合
12時45分〜13時05分 開会式、自己紹介、準備体操、事務連絡
13時05分〜13時35分 講義、基礎練習@
13時35分〜14時25分 基礎練習A
14時25分〜14時40分 休憩
14時40分〜15時30分 応用練習、試合形式での練習
15時30分〜15時45分 閉会式
15時45分〜16時00分 片付け 着替え
16時10分 移動
17時00分 交流会(夕食会)
※会場は広島駅北口付近。会費は3千円〜4千円程度。
テニス参加費:500円(プレー中の飲物代・ボール代等)
持参物:運動のできるジャージ等、体育館シューズ、タオル
※更衣室があります。センター到着後着替えていただきます。
体育室はクーラー完備で、快適にプレーできます。体験会終了後は、シャワーもありますのでご活用ください。
申込:6月27日(火)までに、視障協事務局へ
必要事項:氏名・年齢・視力状況・ブラインドテニス経験の有無・懇親会への参加の有無・当日連絡のつく携帯

女性部
(1)第1回研修会(副部長 山中真澄)
 皆さん、こんにちは。浦上部長が昨年ホノルルマラソンに参加したことで、私たち女性部役員もハワイが少し
身近に感じるようになったので、第1回目の研修会を次のように企画いたしました。
テーマ「今日からあなたもフラダンサー!」
日時:7月23日(日)10時00分〜12時00分終了予定
会場:広島市心身障害者福祉センター(東区光町)3階 講習室
講師:田中恵子氏(フラガール・ミナミ所属)
対象:本会員または、市内在住の視覚障害者(付添は1名まで)
定員:15名
   踊りやすい服装でお越しください。
   ステップなど難しい方は、手の踊りもあります。
持参物:タオル2枚(汗や、足の裏を拭くため)、飲み物
参加費:無料
申込:7月20日(木)正午までに、事務局へ。
暑い広島で、少しハワイを感じてみませんか?申し込みをお待ちしております。

(2)女性部結成50周年祝賀会(予告)(部長 浦上由美子)
 10月22日(日)に、女性部結成50周年祝賀会(会場:ホテルチューリッヒ東方2001 広島市東区光町2-
7-31)を計画しております。詳しい内容については8月号でお知らせします。

(3)料理教室の時間訂正について(お詫び)
5月の視障協だよりにて平成29年度の各教室の日程等をお知らせしましたが、編集の手違いにより、料理教室
の時間に誤りがありました。
11:00〜13:00としておりましたが、正しくは、料理教室は日曜コース・月曜コースともに10:00〜13:00です。
お詫びして訂正いたします。


?

情報システム部(部長 前濱秀介)
☆パソコン講座
1.NVDAとWindows10の操作と設定の基本
日時:7月23日(日) 10:00〜12:00 基礎講座、13:00〜15:00 実習
会場:広島市総合福祉センター 5階大会議室2(南区松原町)
定員:5名 ※パソコン持込不可

2.iPhoneの基本操作と文字入力
日時:7月30日(日) 10:00〜12:00 基礎講座、13:00〜15:00 実習
会場:広島市総合福祉センター 5階会議室2(南区松原町)
定員5名 ※iPhone持込可

申込:1・2とも、7月21日(金)正午までに視障協事務局へ。
?

夕涼みビアガーデンの集い
毎年恒例のビアガーデン大会ですが、これまでお世話になっていたANAクラウンプラザの参加者が今年は5千円に
値上げされるので、今回会場を福屋広島駅前店の屋上に変更します。お世話いただく方もお願いしますので、お
一人でもどうぞお気軽に、またお友達とお誘い合わせの上、奮ってご参加ください。
夏の夕暮れ、みんなでおしゃべりしながら、好きなものを好きなだけ食べて、冷たいビールで喉を潤して、すて
きなひとときを過ごしましょう。

日時:7月23日(日)18時30分〜
会場:福屋駅前店 屋上パノラマビアガーデン(南区松原町)
集合:@18時、広島駅南口音声時計前
A18時10分、福屋広島駅前店1階正面玄関
費用:男性3,700円、女性3,500円
定員:30名
申込:7月18日(火)までに視障協事務局へ、定員になり次第締め切ります。
当日の連絡先:中神


?


青年部 (部長 臼井 利明)
☆新規役員と行事担当役
青年部役員並びに、行事担当役が決まりましたのでお知らせします。
講演会、パソコン講習会、社会見学につきましては、視障協に加入されている全ての皆さんがお申し込み可能で
すので、是非ご参加ください。
 その他各種行事についてご相談・お問い合わせがありましたら、お気軽にご連絡ください。
*平成29年・30年度青年部役員
 部長 臼井利明
 副部長 高松豊
 監査 仲前暢之 藤谷順子
 会計 山中真澄
 書記 久保亮
*平成29年度行事担当役
 講演会 仲前暢之 山中真澄
 パソコン講習会 久保亮 高松豊 臼井利明
 レクリエーション 高松豊 藤谷順子
 社会見学 仲前暢之 山中真澄
 最後となりましたが、昨年度まで役員をお引き受けいただいていました志摩哲郎さん、森川能光さん、本木芳
浩さんがご退任される事となりました。多忙の中、各種行事の企画実施にご協力いただき、本当にありがとうご
ざいました。
簡単ではありますが、お礼のご挨拶とさせていただきます。
posted by J-SYSTEM at 15:42| 視障協だより

2017年05月28日

視障協だより 平成29年5月20日 第144号

視障協だより 平成29年5月20日 第144号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp

?
【目次】

巻頭言……2

事務局より……3
 平成29年度会費納入のお願い……3

お知らせ……4
 文化部より、視障協カラオケ大会……4
 平成29年度定時総会……5
 女性部より、第1回研修会(予告)……6

報告事項……6
 女性部より(1)平成29年度女性部定期総会……6
      (2)平成29年度新役員と担当者……7
 青年部より、平成29年度青年部定期総会……8


?

【巻頭言】(会長 川本正行)
 若葉香る五月、過ごし良い季節ですね。フラワーフェスティバルや母の日も過ぎてゆきました。
 今回は関連団体の説明をします。長年の会員さんには「今さら何を」とお思いでしょうが、近年はお会い出来
ない会員さんも増えてきたので、説明しておこうと思います。
 私達視障協は、社会福祉法人日本盲人会連合(通称、日盲連)に加盟しております。日盲連は47都道府県と
14政令指定都市の61団体で構成しております。部活動としては、女性、青年、スポーツ、盲人音楽家、あん
ま・マッサージ・指圧・はり・灸(通称、あはき)の5つの協議会があります。日盲連では毎年持ち回りで全国
盲人福祉大会を開催し、視覚障害者のニーズをまとめて中央省庁等に陳情活動を行っております。今年の大会は
徳島市で開催され、70回を数えます。女性及び青年協議会も同じく毎年全国大会を開催しております。
 広島市内の障害者と連携して活動するために、公益社団法人広島市身体障害者福祉団体連合会(通称、市身連
)にも加盟しております。市身連は障害別4団体で、視障協、肢体障害者福祉協会、ろうあ協会、中途失聴・難
聴者協会、及び市内8区の身体障害者協会の計12団体で構成しております。主として市内の障害者福祉の推進
を目的に活動しており、国等に対する陳情は、日本身体障害者団体連合会(通称、日身連)を通じて行っており
ます。
 その他、広島市障害者スポーツ協会やふれあい委員会に参加して、フラワーフェスティバルのふれあいの広場
(マーガレット広場)とパレード、花のマーガレット隊や広島交響楽団と障害者が共演する「マーガレットコン
サート」を開催しております。多くの活動があるので、積極的に活動して頂ける方を求めております。まずは行
事等の参加をお願い致します。
 6月に入るとゆかた祭り、とうかさんと共に梅雨がやってきます。天気が良い日には出来るだけ戸外で楽しみ
、雨の日には災害に備えて出来ることから準備をしておきませんか。
 それでは6月25日に開催を予定しております定時総会に、一人でも多くの皆様のご参加をお願い致します。


【事務局より】
☆平成29年度会費納入のお願い
平成29年度会費を、8月末日までに以下の方法で納入して下さい。
@6月25日(日)の定時総会で、受付にてお支払いください。
A総会終了後、7月の視障協だよりに振替用紙を同封しますので、8月末までに最寄りの郵便局より払い込み下
さい。
B事前に払込みをご希望の方は、必要事項を記入済の郵便振替用紙をお送りいたしますので、事務局へご連絡く
ださい。
C事務局にて納められる場合は、事前にご連絡ください。

?

【お知らせ】
文化部(部長 橋本正彦)
☆視障協カラオケ大会
 昨年に引き続き、視障協カラオケ大会を行います。
 この大会は9月16〜17日(土・日)に福山市で開催される第66回中国ブロック盲人福祉大会の中で行わ
れるカラオケ大会の代表選手選考を兼ねた大会になっていますが、全会員の融和を重視するという目的から賛助
会員の方の参加も歓迎しております(但し、賛助会員の方の選手選考はありません)。
日時:平成29年6月25日(日)10時〜12時
会場:広島市心身障害者福祉センター 3階音楽室(東区光町)
申込:6月20日(火)までに橋本正彦へ

?

平成29年度定時総会
平成29年度定時総会を、以下の通り開催致します。年に一度の総会ですので多くの皆様のご出席をお待ちして
おります。
日時:6月25日(日)13時30分〜17時(受付 13時〜)
内容:式典  13時30分〜14時
議事  14時〜16時
@平成28年度事業報告並びに決算の承認の件、
A会員提出議題審議、B役員改選、C新旧役員挨拶
懇親会 16時〜17時
会場:広島市心身障害者福祉センター 2階会議室 1・2
   (東区光町二丁目1−5、082-261-2333)
出欠等:
@出席のご連絡は、6月20日(火)までに視障協事務局へ。
A正会員で欠席の方は、同封の委任状ハガキを6月23日(金)必着でご返送下さい。委任状ハガキは以下の内
容でお名前を記載済です。
※賛助会員には同封しておりません。また出席の方はできるだけ総会当日委任状ハガキをお持ちいただき、受付
にてお返しください。
****************************************************
委任状
私は、理事中神誠氏を代理人と定め、平成29年6月25日開催の
「公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会 平成29年度定時総会」
の議案に関する議決権を行使する権限を委任します。
平成29年6月25日 正会員 ○○ ○○(お名前を入れて同封)
****************************************************
B議案は、6月20日(火)までに視障協事務局へご提出下さい。
C懇親会でカラオケを歌う方は、カラオケ音源(CD・テープ)をお持込み下さい。
D平成29年度会費を受付でお納め下さいますようお願い致します。
女性部(部長 浦上由美子)

☆第1回研修会(予告)
 7月23日(日)に、「フラ(ハワイアンダンス)体験」を計画しております。詳しい内容などは次号でお知
らせいたします。



【報告事項】
女性部(部長 浦上由美子)
(1)平成29年度女性部定期総会
新緑がまぶしい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 去る4月9日(日)10時より、広島市心
身障害者福祉センター2階第3会議室にて、川本会長にご出席いただき開催しました。部員20名が参加されま
した。
議長に辻村登美子さんを選出し、次のことが承認されました。
@平成28年度事業報告並びに決算報告
A平成29年度事業計画
研修会の内容は新役員にて検討することになりました。
B平成30年度盲婦人生活訓練事業(メニュー事業)
現状維持で実施されることになりました。
C第66回中国ブロック盲人福祉大会女性部提出議題
(福山市、9月16日(土)〜17日(日))
「テレビの緊急放送や、ニュース速報の字幕の音声化・
副音声化を要望する」に決まりました。
D女性部結成50周年について
会員の方から40周年の時のように「歩み」を作ってはという意見がありました。記念イベント開催については
承認されましたが、具体的な内容については役員会に持ち帰ることになりました。運営費として女性部会計から
10万円程度支出することが承認されました。
E会員からの提出議題は、ありませんでした。
F役員改選
今年度は、役員改選の年になりました。選出方法は、選挙管理委員3名(山田聿恵さん、山田智子さん、本木里
美さん)により行われました。その結果は、部長:浦上由美子、副部長:森川秋子・山中真澄、監査:森富士子
に決定しました。

(2)平成29年度新役員と担当者
新年度が始まりました。今年度の総会において役員改選があり、引き続き浦上由美子が務めさせて頂くことにな
りました。どうぞよろしくお願いいたします。
@新役員の紹介をさせていただきます。
部長:浦上由美子、副部長:森川秋子・山中真澄
書記:三樹寿美鈴、会計:塚田員代、監査:森富士子
A各教室の日程と担当を次の方にお願い致しました。
生花教室:第1・第3火曜日 11:00〜13:00 小柳節子
料理教室:日曜コース 第1日曜日 11:00〜13:00 森川秋子
     月曜コース 第2月曜日 11:00〜13:00 森川秋子
編物教室:第1・第3月曜日 13:30〜15:30 山中真澄
研修会(全3回):役員全員
 この新体制で、少しでも多くの方が各教室・行事等に参加していただける様に計画していきますので、奮って
ご参加くださるようお願いいたします。女性部のことでお気づきのことがありましたら、役員までお願いいたし
ます。
 最後に、長い間女性部にご尽力いただいた寺中久美子さん、三浦裕美さん、牧平桂子さん、本木里美さんが役
員を退任されました。有り難うございました。今後とも女性部にご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。


青年部(副部長 高松豊)
☆平成29年度青年部定期総会
 4月9日に開催されました青年部定期総会の報告をさせていただきます。
 当日は、川本会長をお招きし、出席者12名で開催されました。川本会長の挨拶の後、議長選出が行われ、仲
前暢之さんが選ばれました。
 議事では、平成28年度実施行事並びに決算について満場一致で承認されました。平成29年度実施行事企画
案並びに予算案については、いくつかの質疑応答が行われましたが、満場一致で承認されました。
 部員からの提出議題はありませんでしたが、役員からの検討事項として、青年部費の引き上げに関して、出席
者からの意見を聞きました。これに関しては、今後の役員会で慎重に検討していきたいと思います。
 正副部長並びに監査役・会計役の選挙については、役員会からの推薦案が提出され、以下の方の就任が承認さ
れました。
部長:臼井利明、副部長:高松豊
監査:仲前暢之・藤谷順子
会計:山中真澄

 青年部では、部員を募集しています。様々な行事を企画していますので、60歳以下の方でまだ青年部に加入
しておられない方は、ぜひご加入ください。部長の臼井まで、お気軽にお問い合わせください。
posted by J-SYSTEM at 08:41| 視障協だより

2017年04月20日

視障協だより 平成29年4月20日 第143号

視障協だより 平成29年4月20日 第143号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp
?

【目次】
巻頭言……2

事務局より……4
(1)平成29年度会費納入のお願い…4
(2)平成29年度事業計画・行事予定(月別)・収支予算について……4
(3)新職員のご紹介……4

お知らせ……5
女性部より、第63回全国盲女性研修大会(群馬県大会)……5
文化部より、中国ブロックオセロ予選会……6

報告事項……8
体育部より、会員ボウリング大会……8

【巻頭言(会長 川本正行)】

3月は気温差が激しくて、今日は何を着て出かけるかで毎朝天気予報に気をつけておりましたが、4月になって
気楽に過ごせるようになりました。
 今回は、歩行時間延長信号機用小型送信機「シグナルエイド」について書いてみます。日常生活用具にも指定
されておりますので普及しているのだろうと思っておりましたが、意外と持っている人が少なく、利用の仕方が
わかっていない人も多い様なのでお知らせします。
シグナルエイドは信号機だけではなく、音声案内装置の送信機としても利用できます。以前販売されていた「エ
コーカード」をお持ちの方も同様に利用できます。区役所・区民文化センター・地域福祉センターなどの公共施
設の入口の案内や、心身障害者福祉センターの入口、横川駅前のバス停、紙屋町地下のシャレオの四つ角の案内
、新設された広島市総合福祉センター、広島港の切符売り場やトイレの音声案内装置に使えます。公共施設の入
口では、故障しているところもあるようなので、お気づきの際は視障協事務局へご連絡下さい。
まず紙屋町地下街シャレオについて。シャレオ中央広場は紙屋町交差点の真下ですが、広場の周りは円形の通路
になっており、晴眼者でも迷う場合があります。円形の通路に沿って点字ブロックが敷かれており、四隅のエレ
ベーターや階段の出入口などがどこにあるのかが分かりにくいので、音声案内を利用すると助かります。普段は
一定の間隔で音声案内が流れますが、シグナルエイドで電波を送信すれば、すぐに音声案内が流れます。またシ
ャレオ中央広場から本通り方面に進むと、右に男子トイレ、左に女子トイレと案内されます。
次にビックフロント広島5階・6階に新設された広島市総合福祉センターについて。広島駅から総合福祉センタ
ーへ行くには、広島駅南口地下広場通路に降りて点字ブロックに沿って南に移動し、階段を11段下りて左側に
進んだところからシグナルエイドで電波を送信すると、ビックフロントの2か所のエレベーター乗り場から音声
案内が流れます。エレベーターは駅側と川側がありますが、どちらでもOKです。会議室や市身連の事務所に行
くには、5階で降りて電波を送信すれば音声案内が流れます。トイレの入口も、男性用と女性用の入口の案内が
流れます。部屋の入口には手すりに点字が付けてあります。広いので最初は一人では困難かと思いますが、慣れ
たら独り歩きもできるようになると思います。
皆さんぜひシグナルエイドを使って行動範囲を広げて下さい。私達の団体で音声案内を設置してほしいと運動し
ても、小型送信機を持っている人が少なければニーズが無いと判断されて、音声案内の新設にも影響します。視
覚障害1級・2級の手帳をお持ちの方は、出来るだけ申請して頂きたいところです。また弱視でも表示が見えに
くい方には音声案内が役立つと思いますので、ご利用ください。
桜の季節は終わりましたが、色々な花が咲き、良い香りのものもあります。鶯を始め、鳥たちも賑やかになりま
した。外出しても一番気持ち良い季節ですね。フラワーフェスティバルも間近です。自然を楽しみながら体力を
つけて元気にご活躍下さい。



?
【事務局より】
(1)平成29年度会費納入のお願い
 平成29年度会費を以下の方法で納入してください。
納入期限は8月末までです。
@ 6月25日(日)開催予定の定時総会にて、受付にてお支払いください。
A 総会終了後、7月の視障協だよりを発送する際に振替用紙を同封いたしますので、8月末までに最寄りの郵
便局より払い込み下さい。
B 事前に払い込みをご希望の方は、必要事項を記入済の郵便振替用紙をお送りいたしますので、事務局へご連
絡ください。
C 事務局にて納められる場合は、事前にご連絡ください。

(2)平成29年度事業計画・行事予定(月別)・収支予算について
3月26日(日)に平成28年度第3回理事会を開催し、平成29年度事業計画並びに収支予算を承認しました
。事業計画書・行事予定(月別)・収支予算書を同封いたします。

(3)新職員のご紹介
平成29年4月から、事務局に中西時子(なかにしときこ)さんが職員になられました。以下は、中西さんの自
己紹介です。
「私は大阪府吹田市出身です。広島に来て15年が経ちました。1日も早く仕事に慣れ、皆さまのお役に立てる
よう努めて参ります。」


?
【お知らせ】
女性部(部長 浦上由美子)
*第63回全国盲女性研修大会(群馬県大会)
今年は群馬県高崎市で下記のとおり開催されます。
会期:平成29年9月5日(火)〜7日(木)
会場:ホテル メトロポリタン高崎
   (群馬県高崎市八島町222 電話 027−326−7982)
宿泊:4か所のホテルに分宿
日程:(会員の皆様は2日目の研修会からの参加となります)
■2日目
研修会  13:00〜16:30
  第1部 講演会 13:00〜14:00
      講師  群馬交響楽団OB
      演題  「群馬交響楽団の歩み」弦楽四重奏演奏
第2部  レポート発表、意見交換 14:10〜16:30
      レポートテーマ 家事の工夫とコツ
懇親会  18:00〜20:00
■3日目
大会  10:00〜12:00
  第1部 式典 10:00〜11:00
  第2部 議事 11:00〜12:00
議事終了後 閉会式 
費用:55,260円
(交通費・宿泊費・参加費・資料代、付き添いも同額)
申込:5月12日(金)迄に、視障協事務局へ


文化部(部長 橋本正彦)
*中国ブロックオセロ予選会
今年度も中国ブロックのオセロ大会の予選会を開催します。ぜひ沢山のご参加をお待ちしています。
日時:5月28日(日)14:00〜18:00
会場:広島市心身障害者福祉センター4階小会議室
申し込み:5月19日(金)までに、視障協事務局まで

?
【報告事項】
体育部(藤谷順子)
*会員ボウリング大会
会員ふれあいボウリング大会を、3月12日(日)午後1時からボウル国際で、広島スプラッシュの皆さんにア
ドバイスして頂き、12名で各レーンに分かれて3ゲーム行いました。
ガイドレールを初めて使ってゲームされる方や、すごく久しぶりにボウリングをされる方など、色々な方が参加
されてました。それぞれハンディをもらい、成績が良かった方やまあまあの方、成績がふるわなかった方など色
々でしたが、皆さん楽しんでおられたようでした。
来年度も、ボウリング大会を行いますので、参加をお待ちしてます。
posted by J-SYSTEM at 17:26| 視障協だより

2017年03月19日

視障協だより 平成29年3月20日 第142号

視障協だより 平成29年3月20日 第142号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp


【目次】
巻頭言……2

事務局より…3
 平成28年度会費納入について…3

報告事項……4
 第23回中国将棋団体対抗戦で視障協チーム3位に…4
 青年部より、社会見学…5
 女性部より、第3回研修会…6






?
【巻頭言 (会長 川本正行)】

 平成28年度も最終号となりました。春の彼岸を迎えて春らしい季節になりました。月末には桜の開花も予測
されております。過ごし良い季節ですが、花粉症の方にはつらい季節でもあります。私も花粉症ですが、年のせ
いか症状が大分軽くなりました。皆様はいかがでしょうか。
 本年度は4月1日の障害者差別解消法の施行を受けて、説明会等が色々ありましたが、私の周りでは特に変わ
ったこともないように感じております。
 岡山県では、岡山短大准教授の山口雪子先生が視覚障害のために行われた不当な配置転換の取り消しを求めて
裁判闘争をされており、障害者差別の最たるものだと日盲連も応援しておりますが、どこまで改善されるか見守
りたいと思います。
 もうひとつの裁判は、平成医療学園が厚生労働省を相手にあんまマッサージ指圧師の養成学校を開設させない
のは職業の選択の自由を妨げていると提訴したものですが、東京・大阪・仙台の三か所で裁判が続いております
。長期にわたる裁判なので応援して行くのも大変です。今後皆様にもご助力をお願いする事になると思いますが
、その節には宜しくお願い致します。
 また本年度は、視覚障害者の駅ホームからの転落が大きく取り上げられました。東京オリンピックを前にして
いるので東京を中心に、ホーム柵などの設置が進むようですが、我々は注意して行動する必要があります。思い
込みで方向を間違えるのが一番危ないようです。そして弱視の方も自信の無い方は是非とも白杖を利用して下さ
い。歩行訓練を受けられるのもよいと思います。盲導犬利用者の駅ホームからの転落も大きく取り上げられてお
りますが、盲導犬の訓練や利用の仕方などにも工夫が要るのではないでしょうか。白杖を持っても持たなくても
よいようですが、せめて危険を感じる場所や慣れていない場所では白杖で確認してほしいところです。これまで
は各訓練所同士での連携が無かったので、これから取り組まれるようです。事故が無いのが一番ですから。
 広島では市身連も視障協も、事務所移転とそれに伴う処理や諸事務等に追われましたが、3か月過ぎて落ち着
いて来ました。これからは移転の後遺症は無く機能してくれると思います。4月からは新年度になりますが、事
業計画ではほぼ例年通りですので、それぞれの行事や教室等にご参加をお願い致します。
 これから暖かくなりますので、戸外で運動不足を少しでも取り返したいものです。過ごし良い季節を満喫して
お元気にお過ごし下さい。




【事務局より】

☆平成28年度会費納入について
 平成28年度の会費を未だ納入いただいていない方は、記入済の郵便局の払込用紙を同封いたしますので、至
急払い込み下さいますようお願い致します。
なお、行き違いの際はなにとぞご容赦ください。

?
【報告事項】

☆第23回中国将棋団体対抗戦で視障協チーム3位に!!
 将棋の愛好家が5人一組の団体を組んで、真剣勝負を繰り広げる第23回中
国将棋団体対抗戦(中国新聞社主催)が平成29年2月5日、中国新聞ビル7
階で行われました。
 参加チームは64チーム、計327人(職域の部28チーム142人、フリーの部36チーム185人)が優
勝目指して競い合いました。視障協チームは奥田勝逞、前田真、中村敬三、小河晋、和井毅英(敬称略)の5名
で職域の部C級(12チーム)に参加。トーナメント方式で争われ、視障協チームは見事3位に入賞しました。


?
青年部(藤谷順子)

☆社会見学(そば打ち体験)
2月12日(日)に豊平どんぐり村へ、ボランティアさん含め総勢20人でそば打ち体験に行って来ました、天候
は大雪の予報で、会員の皆様には当日になるまで大変ご心配をお掛けしましたが、無事行く事ができました。
豊平どんぐり村の「そば道場」というところで、6班に分かれて、3人から、4人のグループに分かれて、二人
の先生に指導していただき、大きなこね鉢の中にそば粉をふるいにかけて入れるところから始まり、こね水をそ
ば粉に加えてかき混ぜ、粉と粉が水で繋がっていき大きくなり、一つになるまで混ぜ、こねて柔らかくしました
。次はのし棒を使って、薄くなるまで延ばしました。平たく延ばした生地を四つにたたみ、包丁で切りました。
出来上がったそばを、班ごとに茹でてもらい、できたてのざるそばをいただきました。凄くコシがあって、美味
しかったです。その後は自由行動でお土産を買われる方や、お風呂に入られた方、そば打ちのプロが打たれたそ
ばを食べられる方など、色々過ごされました。
楽しい そば打ち体験ができました。参加された皆様、本当に有り難うございました。また、来年も、楽しい企
画をいたしますので宜しくお願い致します。

?
女性部(山中真澄)

☆第3回研修会
 皆さん、こんにちは。2月26日13時から、広島市総合福祉センター5階会議室において、第3回研修会を
行いました。
 「視覚障害者にもできるメイク」というテーマで、資生堂ジャパン(株)プレステージブランド事業本部企画
部店頭活動推進グループお客さま窓口担当・福田彰子氏を講師にお迎えし、5名のスタッフもお手伝いに来てく
ださいました。参加者は20名でした。
 スキンケアから始まり、下地ファンデーション、眉の描き方、アイシャドー、頬紅、口紅という流れでした。
頬紅の適量は、チークブラシを2回なでるようにケースから取り、1度ティッシュのうえで払い、頬骨の一番高
いところよりやや下から外側に楕円形を描くようになでる。反対側ももう1度同じように繰り返す。ブラシは毛
の量が多く、大きめの物を使うときれいに仕上がるそうです。またメイクの苦手な方は、ブラシで眉を整えるだ
けでも感じが違うそうです。
 初めてアイシャドーや眉を書いた、10年ぶりにメイクをした、頬紅の適量がわからなかったので参加してよ
かったなど、感想をいただきました。
 ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
posted by J-SYSTEM at 17:52| 視障協だより

2017年02月20日

視障協だより 平成29年2月20日 第141号

視障協だより 平成29年2月20日 第141号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052 
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp


【目次】
巻頭言……2

事務局より……3
平成28年度会費納入についてお願い……3

お知らせ……4
文化部より、第22回文化交流会……4
女性部より、平成29年度女性部定期総会……5
青年部より、平成29年度青年部定期総会……6



?
【巻頭言(会長 川本正行)】
2月4日は立春、しかし春の訪れは3月5日の啓蟄の方が当たっているように思います。別の言い方では、2月
は光の春とも言われます。確かに朝夕の明るい時間が長くなりました。梅の便りも沢山聞こえてきます。
 1月15日には恒例の新年祝賀会を、視障協の新たな拠点となりました広島市心身障害者福祉センターで開催
致しました。思いがけない大雪で、参加して頂いた皆様にはタクシーが思うように捕まらずに大変ご苦労をおか
け致しました。また雪を予測されてキャンセルされました皆様や、当日動けずにやむなく欠席されました皆様も
沢山おられましたが、ご心配とご迷惑をおかけ致しました。私もタクシーを呼んでから玄関に出て、初めて15
センチくらいの積雪を知りましたが、すでに取りやめも出来ませんのでそのまま開催致しました。
 参加者は会員37名、その他来賓・職員等を含め総勢53名でした。ご来賓も雪の中をご臨席くださいました
。広島市健康福祉局障害福祉部長 福岡美鈴様、本会顧問の永田雅紀市議会議長、同じく顧問の山路英雄議員の
代理として山路響平弁護士、広島市社会福祉協議会常務理事 円奈勝治様、広島市心身障害者福祉センター所長
 久保智敬様、午前中の平和大学講師 藤原勉様。
おかげさまで新年をスタート致しましたが、前途多難な年になるかと思わせる一日になりました。それでも福引
きは参加者が少ない分、当たりが良かったと思います。良い年になることをお祈り致します。
 これからは年度末の会議等に追われますが、皆さまとは文化部主催の交流会でお会いできることを楽しみにし
ております。沢山の応援をお願い致します。その頃にはもう雪は降らないと思いますので。
インフルエンザが流行っているようです。皆様体調に気をつけて、お元気で春を迎えましょう。



【事務局より】
平成28年度会費納入について
平成28年度の会費を未だ納入いただいていない方は、昨年お送りした郵便局の払込用紙にて、至急払い込み下
さいますようお願い致します。
お手元に用紙が見当たらない方は、必要事項を記載した払込用紙をお送りいたしますので、事務局までご連絡く
ださい。

?
【お知らせ】
文化部(部長 橋本正彦)
☆第22回文化交流会

日時:平成29年3月12日(日)13時〜16時(受付12時半から)
会場:広島市総合福祉センター 5階ホール(南区松原町5-1 、264-6400)
参加費:無料
出演者(出演順):
グリーンコーラス、ダンス教室、立石敬一(ピアノ「ショパン」)、カラオケ教室と視障協会員有志、三浦裕美
(ピアノ)、三浦さんの伴奏による参加者全員での斉唱
※参加者全員にプログラムを配布します。
※新しい会場になったため飲食は出来ませんが、例年通りきつつき作業所のご協力により、手作りクッキー・マ
ドレーヌなどのバザーは行いますので、ご利用ください。

?
女性部(部長 浦上由美子)

☆平成29年度女性部定期総会
 川辺の梅もほころび始めました。皆様お元気でお過ごしでしょうか?
下記の通り総会を開催いたしますので、多数のご参加をお待ちしております。

日時:4月9日(日)10時〜12時(終了予定)(受付 9時30分〜)
場所:広島市心身障害者福祉センター2階第3会議室
(東区光町二丁目1−5、261−2333)
議題:
(1)平成28年度事業報告並びに決算報告
(2)平成29年度事業計画(案)
(3)第66回中国ブロック大会女性部会提出議題
(4)平成30年度の事業について
(5)女性部50周年について
(6)会員からの提出議題
(7)役員改選

申込:以下の内容について、3月20日(月)まで視障協事務局へ
(1)出欠連絡及び委任
委任の通知のない方は、議長に委任されたものとします。
(2)会員からの提出議題
議題と提案理由を文章にして事務局へ送付してください。
(3)会員の方にお弁当を準備します。
介助者の弁当が必要な方は700円で販売しますのでご注文下さい。
※ 総会終了後に食事の時間を取っております。

?
青年部(部長 臼井利明)
☆青年部定期総会のお知らせ
青年部定期総会を下記の日程で開催します。
部員の皆様におかれましてはご多忙かと思いますが、是非出席いただきますようよろしくお願いします。

日時 4月9日(日) 13時30分〜15時30分(終了予定)
会場 広島市心身障害者福祉センター 2階第3会議室
   (東区光町2丁目1−5、261−2333)
議題:
(1) 平成28年度行事報告並びに決算の承認
(2) 平成29年度活動案並びに予算案の承認
(3) 部員からの提出議題の審議
(4) 正副部長・監査役・会計役改選
出欠連絡:3月26日(日)までに視障協事務局へ。
出欠連絡のない方は、総会における議決権を部長に委任されたものとして対応させていただきます。
議題提出:3月22日(水)までに臼井(090−9730−1246)へ、
議題とその主旨をご連絡ください。
※総会終了後、懇親を兼ねたお茶会を企画していますのでお楽しみに。
posted by J-SYSTEM at 10:27| 視障協だより

2017年01月28日

視障協だより 平成29年1月20日 第140号

視障協だより 平成29年1月20日 第140号


発行責任者 川本正行

公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会
〒732−0052
広島市東区光町二丁目1−5
広島市心身障害者福祉センター4階
TEL・FAX 082−264−4966
Eメール:jimu@hiroshimashi.shisyokyo.jp


【目次】

巻頭言……2

事務局より…3
1.視障協事務局での視覚障害者用品取扱について……3
2.広島市視覚障害者情報センターについて……6

お知らせ……7
日帰り貸切りバス社会見学……7
女性部より、第3回研修会……8
体育部より、ふれあいボウリング大会……9
市身連より、第17回広島市障害者ふれあい交流会……10






【巻頭言(会長 川本正行)】
 会員の皆様、少し遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年も法人運営に対しましてご協力、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
 昨年は申年、私は年男でした。特に良いことも有りませんでしたが、平凡に暮らせたことで良いと思っており
ます。今年は酉年、どのような一年になるのでしょうか。
 障害者にかかる法律等は整備されましたが、行政や一般の事業者が自然に障害者と向き合える社会になるには
、しばらくの年月がかかると思います。特に生活の安定に必要な経済関係でも、アメリカの大統領の交代による
政策の先行きが見えにくくて不安感が増しており、世界を見渡してもこれといって良い材料はないように思いま
す。国全体の経済環境が良くならないと福祉環境も厳しいのが仕方ないところかと思います。
 障害者の雇用就労は伸びて来ておりますが、視覚障害者においては出来る職種が余りなく、企業の中で見えな
くても出来る仕事が有っても、我々が分からないので、要望する事が難しく職業開発が進みません。景気の良い
時代には一般の人は、あまりマッサージ等を仕事とはしませんでしたが、なんとかしてマッサージに参入したい
とする人たちが多くなったのだから、一般就労も厳しいのではないかと考えます。特に自殺者まで出るのですか
ら大変だと思います。今年は酉年だから大きく羽ばたきましょうという挨拶もありますが、我々は地道に歩いて
ゆこうではありませんか。
 また高齢化の進行により、活動する会員が毎年少しずつ減っておりますが、こちらも仕方ないところです。皆
さま一年でも長くお付き合いをお願い致します。
 正月には温かくて穏やかな年明けとなりましたが、これからが一番寒い時期となります。寒さに耐え抜いたら
花咲く春が待っておりますので、体に気をつけて乗り切って下さい。?


【事務局より】
1.視障協事務局での視覚障害者用品取扱について
(1)点字用紙類・便利グッズの電話注文を事務局で承ります。
 商品はご自宅へ直送いたします。到着まで1週間から10日程度かかります。お急ぎや日時指定は別料金がか
かります。商品代金は、必要事項を記載した郵便局払込用紙をお送りしますので、郵便局から払い込み下さい。

(2)音声機器・パソコンソフト等は、ご自宅へお届けし、ご集金します。
 お届け時に、ボタン操作など基本的な使用方法を説明します。
 パソコンソフトは、インストール作業と、ソフトの設定を行います。

(3)音声機器類・拡大読書器などは、申請いただくと、原則1割負担で給付が受けられます。
視障協では以下のようなものを取り扱っております。
●拡大読書器
 文字を拡大するだけでなく、白黒反転など見えやすい色の組み合わせに切り替えることもできます。
*据置型は画面が大きく、表示される範囲や文字が大きくなります。新聞など大きなものを読むのに向いていま
す。読んでいる行がわかりやすいように、ライン(二本線の表示)やマスキング(不要な部分を隠す)機能付き
の商品もあります。
*携帯型は画面が小さいですが、ポケットやかばんに入れて持ち運べるサイズです。家の中だけでなく、外出先
でバスの時刻表や商品の値札などを見るのにも使えます。写真保存機能付き商品もあります。
*音声式は、機械が文書を読み取って内容を解析し、音声で読み上げます。機械が紙に書いてある文字やその読
み方を判断して読み上げますので、読み取り間違いや読み上げ間違い等があります。手元にある書類に何が書い
てあるのか全く分からず困っている方には、ある程度内容を判断する手助けになります。
●デイジー図書録音再生機器(プレクストーク)
 デイジー図書を録音再生するための機器です。
*PTR2は、本体でデイジーCDが簡単に再生でき、録音機能もあります。4月から市民と市政もデイジーC
D版が発行されていますので、カセットテープの機械が壊れて市民と市政が聞けなくなっていた方は、ぜひこの
機器でデイジー版の市民と市政をお聞きください。
*リンクポケットPTP1/LINKは携帯型の本体です。インターネット上の「サピエ図書館」からデイジー
図書のデータを本体に取り込めます。附属品の機器を接続すればデイジーCDを聞いたり、本体に取り込んだり
できます。
●点字ディスプレイ(ブレイルセンス・ブレイルメモ)
ディスプレイに表示された内容を、点字のピンで読み取るための機器です。6点入力により、点字でメモを取る
こともできますし、とりこんだ点字のデータを読むこともできます。
*ブレイルセンスシリーズは音声ガイド付きで、点字文書、テキスト文書の読み書きができるほか、ウェブアク
セス、電子メール、デイジー図書や音楽の再生、GPS機能やコンパスなど多機能です。
*ブレイルメモシリーズは音声ガイド付きで、ディスプレイ機能に加えて点字文書の作成・編集、音声図書の再
生やメモ録音、墨字文書の作成・編集が出来ます。
●音声体温計・音声体重計
 測定の手順や、測定結果を音声で読み上げます。
●卓上型電磁調理器(音声ガイドセンサー式、ダイヤル式)
 火を使わずに安全に調理ができます。用途に応じて2タイプからお選びいただけます。
*音声ガイド付き、揚げ物やタイマー調理ができるタイプ(指が触れると動くセンサー式ですが、操作しやすい
よう加工済)
*確認音なし、温めや保温向き、ダイヤルつまみを右か左にひねるだけの機能を絞った簡単操作タイプ
●触読時計(アナログ時計タイプ、振動触感タイプ)
 触って時刻を知る時計です。音を出さずに周りの人に気を遣うことなく時間を知りたい方、腕時計の音声が聞
き取りにくい方に向いています。
*アナログ時計タイプは、長針・短針を指で撫でて現在時刻を確認します。使い慣れた人向きです。
*振動触感タイプは、ボタンを押したときに振動する回数の組み合わせで現在時刻を確認します。腕時計型とキ
ーホルダー型があります。
●音声時計(デジタル腕時計、置時計、携帯型)
 ボタンを押すと音声で時刻を読み上げる時計です。
*腕時計は、現在時刻とアラーム・時報・ストップウォッチ機能があります。
*置時計は、電波時計で時間が正確です。現在時刻とアラーム・時報・カレンダー・温度湿度・オートスピーキ
ング(15分間だけ1分ごとに現在時刻を読み上げる)機能があります。
*携帯型はポケットに入る大きさで、電波時計で時間が正確です。現在時刻とアラーム・時報・カレンダー・オ
ートスピーキング機能があります。
●パソコンソフト(音声読み上げソフト・画面拡大ソフト)
 パソコンの画面の情報を音声で読み上げたり、画面の表示を拡大したりするソフトです。Windowsの画面情報
を読み上げるスクリーンリーダーと、インターネットやメールなどの専用音声ソフトがあります。
●歩行時間延長信号機用小型送信機(兼音声案内装置発信機)
 青信号の時間を延長する機能がある信号機へ電波を送信する、携帯型の送信機で、音声案内装置も作動させる
ことが出来ます。
●活字文書読み上げ装置(音声コード読み上げ)
 公的機関等の文書に記載されている「音声コード(小さな点が集まった正方形のマーク)」を読み取って、文
書の内容を読み上げる機器です。対象品や対象者、使用年数、負担額等、一定の条件があります。

(4)白杖も申請いただくと、原則1割負担でお求めいただけます。
 対象品や使用年数、負担額等、一定の条件があります。

 商品に関すること、申請手続きに関するご質問、ご相談も受けておりますので、事務局高橋までお気軽にお電
話ください。
◎事務局の定休日が毎週水曜日・土曜日と祝日の翌日に変わりました。

2.広島市視覚障害者情報センターについて
広島市視覚障害者情報センターは、日常生活用具と補装具の対象品の一部や、視覚障害者が使いやすい商品を体
験し選んでいただくために展示し、視覚障害に関する情報提供等を行う目的で広島市が設置した施設です。
商品を体験したい場合は情報センターへお越しください。
点字用紙や便利グッズ等一部の商品はその場でお買い求めいただくことができますので、大変便利です。ぜひご
利用下さい
----------------------------------------------------------
広島市視覚障害者情報センター
広島市中区富士見町11-27 広島市保健所等合築施設2階
電話 082-240-1220   開所時間 平日 9時〜17時
----------------------------------------------------------
*なお、電話での注文は視障協事務局へよろしくお願いします。


【お知らせ】
日帰り貸切バス社会見学
「大三島イチゴ狩りと村上水軍博物館を訪ねて」
日時:2月19日(日)9時〜17時(予定)
集合:午前8時50分までに、広島駅新幹線口タクシー降り場へ。
参加費:4,000円(食事代、入園料、保険料含む)
申込:1月20日(金)から2月10日(金)までに視障協事務局へ。定員先着45名。氏名・生年月日・連絡
先(携帯)をお知らせ下さい。
行程:
9時 広島駅新幹線口出発
9時20分   広島東IC 〜山陽道 小谷SAにて休憩〜
10時30分  福山西IC 〜しまなみ海道経由〜
11時10分  大三島IC
11時20分〜12時20分 井上農園にてイチゴ狩り
12時40分〜13時40分 マリンオアシス伯方にて昼食・買い物
14時〜14時50分 “瀬戸内海の覇者”村上水軍博物館見学
15時30分  福山西IC
16時40分  広島東IC
17時00分  広島駅新幹線口到着、解散(予定)



?
女性部(部長 浦上由美子)
*第3回研修会
 皆さん、こんにちは。今年もよろしくお願いいたします。
 基本的なメイクについて知りたい、見えにくくなってきたので、眉の書き方や、口紅の塗り方について教えて
欲しい、見えなくなって化粧は諦めている、自分に似合っているメイクについて知りたい、などという話を耳に
します。
 そこで第3回目の研修会は、先月号でお知らせしましたように、私たちにもできるメイクについて企画しまし
た。皆さんとお会いできますことを、役員一同楽しみにお待ちしております。
日時:2月26日(日)13時〜15時(終了予定)
演題:ビューティーケア 視覚障害者にもできるメイク
講師:資生堂ジャパン(株)プレステージブランド事業本部企画部店頭活動推進グループお客さま窓口担当 福
田彰子(ふくだあきこ)氏
会場:広島市総合福祉センター5階会議室2(南区松原町5−1ビッグフロント広島内、264−6420)
費用:1,080円
定員:20名(先着順)
申込:2月7日(火)正午までに、視障協事務局へ以下の内容をご連絡下さい。@年代 、A見え方 弱視(鏡
に写した顔がわかる人)・全盲、B介助の有無※介助者は1名まで可、ただし視覚障害者へのサポートのみで、
介助者自身は研修会参加できません。



体育部(藤谷順子)
*ふれあいボウリング大会
 今年度も、あと少しで終わりに近づいて来ましたが、広島スプラッシュのご協力のもと、ふれあいボウリング
大会を実施いたします。
全盲の方、未経験の方でもボウリングに熟練されたボランティアさんや広島スプラッシュの皆さんがサポートを
してくださいますので、ゲームを行うことができます。是非参加してみませんか? 楽しくボウリングしましょ
う。
日時:3月12日(日)13時〜15時30分
場所:ボウル国際(中区田中町2−5 国際ホテル別館内、244−4151)
日程:
12時50分 ボウル国際の1階エレベーター前集合
※体育部が待機し、誘導等対応させていただきます。
※動きやすい服装でご参加下さい。
※各自貸靴を借りた後、ミーティングルームにご集合下さい。
13時 5階ミーティングルーム集合完了
13時〜13時半 簡単な自己紹介・競技説明・グループ発表・プレイ準備
13時半〜15時 3ゲームプレイ・終了
※チーム毎に随時休憩を取ってください。
15時〜15時20分 片付け・ミーティングルーム集合
15時20分〜15時30分 結果発表・表彰・解散
定員:最小14名〜最大24名
費用:1,000円(ゲーム代・飲料代)、その他貸靴代300円各自負担。
申込:2月27日(月)までに視障協事務局へ。氏名、視力の状況(全盲・弱視)、ガイドレールの使用有無と
左・右、ボウリング経験の有無、当日連絡が取れる携帯電話番号をお知らせください。
※ガイドレール使用者の人数で定員が変動しますので、使用する方はお早めにお申し込みください。
※自力でボウル国際に到着できそうにない方は、事前に体育部へご相談下さい。
(土居、藤谷)


市身連より、第17回広島市障害者ふれあい交流会
内容:ボウリング競技を通じて、独身の障害者同士が交流を図る
対象:独身の方(会員以外も可)
日時:2月19日(日)13時半〜15時半(受付13時〜)
場所:広電ボウル(中区平野町10−16、082-243−5000)
費用:参加費は無料、ただしボウリングの貸しシューズ代390円は各自負担
申込:2月12日(日)までに、市身連事務局へ直接お申し込みください。
posted by J-SYSTEM at 05:15| 視障協だより